perineumお産の時、赤ちゃんが出てくる産道の出口は大きく押し広げられます。腟口から肛門にかけての一帯を「会陰部」と呼びますが、この会陰部が、お産の時には強い力で引っ張られ、赤ちゃんの頭が出づらい時には、会陰切開することもあります。

赤ちゃんの命のために必要なこととはいえ、デリケートな部分のことだけに、不安になる方も多いでしょう。会陰は本来、お産の時にホルモンの働きでやわらかく伸びるもの。うまく会陰部が伸びれば、切ることも、また裂けたりすることもなく、お産することができます。赤ちゃんも、長い時間苦しい思いをしないで生まれてくることができるでしょう。

この会陰部の皮膚や組織がやわらかく伸びるための体の準備について、マリエン薬局の自然療法師モニカ・ミュラー先生にお話を伺いました。

J2-01_373 「会陰切開をしないようにすむように、また切開しても傷の治りが早くなるように、会陰マッサージをすることは、ママになる体のことを知るよいチャンスにもなりますね。

マリエン薬局の妊娠トラブルレスキューオイルでマッサージすることがおすすめです。血行がよくなり、会陰部分にしなやかさと弾力性が増し、会陰部分が広がりやすくなります。妊娠後期になり、お産が近づいたら、心と体の出産準備として会陰マッサージを始めてみましょう。

< いつからスタート? >
会陰マッサージは妊娠34週目ごろから、週1回、短時間触れてみることから、徐々に開始するとよいでしょう。本格的には正期産(37週以降)から、毎日行うことをおすすめします。

ページ : 1 2

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!