EX077梅雨や台風、お天気が悪いとなんだか気分が滅入ったり、何もする気が起きなかったり・・・妊娠して妊婦になってからはさらにひどくなった気がする、と感じるときはありませんか?天気が悪くて外が暗い、だから気分が滅入る、と考えがちですが、実は、気分の問題だけではないのです。

低気圧が近づくと体調や気分が優れなくなることは最近では「気象病」と呼ばれ、世間的にも認知されてきています。症状は、頭痛(主に偏頭痛)、だるさ、めまい、眠気、消化不良や便秘など消化器官のトラブル、むくみ、関節の痛み、肩こりなど、さまざまです。天気が悪いと「古傷が痛む」なんて言葉を聞いたことがありますよね。これも「気象病」の影響があるといわれています。

「気象病」の原因とは

天気が良いと高気圧、雨の日だと低気圧になります。気圧の変化(高→低)により、血管が膨張して低血圧となり、血流の流れが悪くなるのです。

体のいろいろな組織が膨張することによっても、体にむくみが出ます。むくんで膨張した組織に神経がふれることで神経痛の原因になったり、偏頭痛を引き起こすことがあるのです。

気圧が下がることで、副交感神経が優位になり、強制的にリラックスモードになるため、やる気が起きない、集中できないといった症状が出てきます。アレルギーや関節の炎症を引き起こす「ヒスタミン」という物質が体内で増えるため、より痛みを感じやすくなります。

妊婦検診で異常がないのに、天気が悪い時に体調がすぐれない場合は、この「気象病」が悪さをしていることがあるのです。妊娠中はホルモンバランスの変化に加え、体内水分が増加しているため、気圧の変化で体調が左右されやすいと言われています。

予測と免疫力アップで対策を

お天気のことだから、自分の力ではどうすることもできないわ、と諦めることはありません。
天気予報などで、雨や低気圧を予測し、着るものを1枚多くしたり、早めにベッドに入ったり、予定を詰め込まないようにしたり・・・とご自身で前もって工夫してみましょう。

また、免疫力をあげると環境の変化に適応する力があがります。

入浴や適度なストレッチ、マッサージなどで、血液循環をよくし、自律神経を整える
規則正しい生活を心がけ、ヘルシーで栄養豊富な食事を摂る
ストレスを溜めないようにする
体を冷やさない

これらのことを普段から気を付けることで、免疫力アップにつながります。

とはいえ、症状が出た時はつらいですよね。そんなときはマリエン薬局のメディカルハーブティーなどのアイテムがおすすめ。妊娠中(マタニティーブレンド)は、不快な症状に加えメンタル面にも働きかけます。また、辛い頭痛や肩こりの症状には、〔IRIS〕頭痛対策セットや、レスキューアロマオイル。気分の落ち込みやいらいらには、ストレス用アロマオイルリラックス用レメディウムも。マリエンの商品は、薬に頼ることのできない妊娠中のママたちの頼もしい味方です。
先手を打ちながらも、症状に合った対策を選び、上手に雨とお付き合いくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!