ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】12/29~1/3・年末年始お休みのお知らせ 国際輸送が大変混雑する時期です。
年内にドイツ出荷をご希望の場合は、【12/26(月)23:59までに】カード決済完了・ご入金の完了をお願いします。

HOME > 産院モニタープログラム > Vol.1 直井亜紀先生 > お試しモニターの声 須藤夏紀様

お試しモニターの声

しっかりおっぱいを吸うように。
ひどかった便秘にも変化がありました

 
須藤夏紀様(35才) 咲季ちゃん(6ヶ月) ゆきちゃん(2歳)

授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲む前は…

母乳も出ているみたいだし、吸い方もいいのに、なぜか飲んでいる途中でのけぞって泣くことが多く、とても大変でした。1回にたくさん飲めないから、授乳間隔が短く、1日中おっぱいを吸わせていることもあるくらいでした。実は、このモニターに誘われるまえから、マリエン薬局の授乳・乳腺炎対策ブレンドは持っていました。でも、あまりまじめに飲んでいなくて…。これをきっかけに、まめにたくさん飲むようにしてみました。

授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んでみて

上の子のときには、乳腺炎になったり、量が足りなかったり、トラブルがたくさんありました。まだ直井先生にも出会う前で、夫がネットで調べて買ってくれた授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んでしのいでいました。健診で体重の増えがよくないといわれてミルクを足してといわれたものの、母乳が出ているのならあげたい!と思って。もともとカモミールのやさしいあまい香りが好きで、フェンネルの甘みもよくて、授乳・乳腺炎対策ブレンドは大好きでした。乳腺炎になって腕が上がらないくらいになったりしたこともあったんですが、授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲み始めてからは熱も出ずにすんでいました。

次女・咲季の場合、2ヶ月ごろからものすごく泣く子で大変だったんです。母乳が不足しているからだと思って、先生に見てもらったけれど、母乳はしっかり出ていて、実は口の中にトラブルがあって、その治療をしたらよく飲めるようになりました。その時期と、このモニターでたくさん授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲み始めた時期が重なっているので、ハーブティーだけで娘が泣かなくなったのかどうかはわかりません。

でも、ずっとひどかった娘の便秘が改善したんです。生後1ヶ月健診のころからずっと、3~4日に1回綿棒で刺激浣腸して出してあげないと、おなかが張って大変でした。でもそれが、授乳・乳腺炎対策ブレンドをたくさん飲んで授乳するようになったら、綿棒で刺激しなくてもウンチがよく出るようになったんです。

私自身、授乳・乳腺炎対策ブレンドをたくさん飲んだら、1回だけおなかがゆるくなりました。でもそれは1回だけ。たぶん、いろいろとデトックスしたんじゃないかと思います。

苦しそうに、大きな声で泣き叫ぶ子だったのが穏やかになりました。今は、しっかりおっぱいを飲んで満足して乳首を自分から離す、という飲み方に変わりました。

さら助産院 直井亜紀先生より

初めに母乳の相談を受けたときは、あまりに激しく泣くお子さんだったので母乳不足も視野に入れてかかわりました。でも、ケアをしてみたら母乳はとてもよく出ていることがわかりました。よく泣く赤ちゃんだったので、少しでもママにリラックスしてほしいと思いハーブティを勧めました。授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んでからは、さらに母乳が勢いよく出るようになり、あたたかくてサラサラに変化したのは確かです。サラサラしたおっぱいだと飲みやすいので、便秘が改善したのかもしれませんね。