ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】12/29~1/3・年末年始お休みのお知らせ 国際輸送が大変混雑する時期です。
年内にドイツ出荷をご希望の場合は、【12/26(月)23:59までに】カード決済完了・ご入金の完了をお願いします。

HOME > マリエン薬局のレメディウム > 開発者メッセージ

オーガニックを超える「医薬品品質」のメディカルハーブティー。世界で最も厳しい基準をクリアした薬効と、飲みやすさにこだわった味・香りを体験してください。

開発者メッセージ

レメディウム開発責任者 ロナウド・ウルマン

ドイツのテュービンゲン大学(世界で初めて生物化学のコース過程を設立した大学)にて生物化学・生理学を修めた後、ハイデルベルクの有名なマックスプランク研究所の医療研究部門でノーベル賞受賞者たちとともに働く。その後、医薬品業界で多数の薬品・医療用品の開発、ライセンス供与、登録などを行い、ドイツ有数の自然薬ブランドのコンサルティング会社経営にも携わる。

一方、若年時から原因不明の背中の痛み、椎骨と椎間板の隆起、ひどい炎症や筋肉の緊張などに悩まされる。座ったり立ったりはおろか、床に寝たりすることさえ不可能になったため、あらゆる現代医療、代替医療を試みたがことごとく失敗。失意の中、妻のアドバイスにより、それまであまり着目していなかった「人間が本来持つ自己回復力を、細胞レベルへの刺激によって引き出す方法」を用いることで、奇跡的な治癒に至る。

その後、自己の経験と免疫細胞に対する微生物の働きをヒントに、科学的・普遍的な方法の確立を目指して膨大な量の研究を行う。やがて、ウィーン大学ガン研究所のクリストファー・ゲルナー博士などの協力も得て、細胞を通常の健康な状態に戻す働きをする物質を発見。体細胞のプログラムを復活させる「細胞再プログラミング療法」という全く新しい理論および治療法として確立した。現在は、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニア、アジアなど、各地の専門家と連携をとりながら、同療法の普及に尽力している。

レメディウムについて

体に優しく、効果のある方法

マリエン薬局が独自に開発・製造するレメディウムは、1957年の開発以来60年の歴史があります。細かな「シングルレメディ」をひとつひとつ選ぶ必要なく、すでに各症状に合わせて組み合わされている「コンビネーションレメディ」であるレメディウムは、ドイツ国内でのセルフケア療法を大きく前進させる要因となりました。

今ではドイツだけでなく、こうしてインターネットショップでも、「手軽に摂れて、効果が高く、体に優しい方法」として、小さなお子さんから大人まで、様々な症状の改善や予防に用いられるようになりました。

一度試していただければ、その手軽さに驚かれること間違いなし

1つ1つのレメディウムには莫大な資料・データが存在し、効果や安全性が実証されているだけでなく、実際にお使いいただいた皆さまからのお声で、様々な環境でお役にたてていることを知り、大変うれしく思っています。

小さなショ糖粒をなめるだけの簡単なセルフケア法です。ご使用いただくことに悩まれている方には、「まずは1度試してみませんか」とお声掛けさせていただいています。どんなことでもチャレンジすることには勇気がいりますが、風邪、胃腸トラブル、不眠、リラックスなど、普段の生活上の問題を解決するラインナップが揃っています。これから先、「レメディウムは手放せません」といったお声が多くの方から聞けることを願っていますし、期待にこたえられる製品を提供し続けていければと思っています。