medicalherb
ドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブ」と聞くと、どんなハーブのことだと思いますか?
体によさそう?オーガニックなだけ?一般的なハーブよりちょっとだけいい?

メディカルハーブと聞いただけでは、あまりよくわからいという方もいらっしゃるかもしれません。でも、そうむずかしくはありません。

メディカルハーブは一般的に「薬草」や「香草」と呼ばれており、はるか昔から現代まで人の心も含めた全体的(ホリスティック)なバランスを整えるために、その薬草成分を健康維持、症状改善のために大いに役立ててきた自然療法(ナチュロパシー)のひとつです。

また、メディカルハーブは、一般的なオーガニックハーブとは扱いが異なります。

一般的な オーガニックハーブとは 、

・ほとんどがノンカフェインで、リラックスやリフレッシュに適している
・有機栽培により成育したハーブなので、一般的なハーブティーより安全性は高い
(一定条件下において、農薬の使用が可能)
・土壌管理の基準はあるが、残留や飛散による農薬、化学物質、細菌重金属、
放射能などへのチェック義務はない
・「食品」扱いとなるため、有効成分の有無や、症状への改善効果が実証されていない

一般的なオーガニックハーブティーは、有効成分、安全性のチェック義務はありませんので、嗜好品として多くのショップで販売されています。

健康維持・症状改善につかいたい、メディカルハーブの機能成分

メディカルハーブなどの植物は、二酸化炭素と水を太陽の光で反応させて、ブドウ糖を作ります。これを光合成といい、ブドウ糖から、アミノ酸・炭水化物・脂質・タンパク質など、植物にとって大事な物質がつくられます。そのとき化学物質も同時に合成されますが、その時につくられた植物化学(フィトケミカル)成分が、メディカルハーブの機能成分となります。

植物化学(フィトケミカル)成分とは、植物が自ら生きるために、害虫になるものや、強すぎる紫外線から身を守るためにつくり出した成分のこと。

このようにハーブがつくり出した化学物質(フィトケミカル)成分の中から、人にあうものを選んで使用しているのがメディカルハーブになります。

では、メディカルハーブとドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブは、何が違うのでしょうか。

ドイツ・マリエン薬局独自の検査基準とは?

ドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブは、メディカルハーブと検査基準がことなり、明確に区分されています。
Books

・完全無農薬
・オーガニックやBIOなどの栽培方法の基準をクリア
・ドイツ薬局方やEUの薬学的基準(薬効成分の含有量・残留農薬ほか)をクリア

※薬局方・・・国や地域で流通している医薬品の品質規格の基準を示した企画書

ドイツのメディカルハーブは、症状の改善、予防を目的としているため、厳しいと言われるドイツ薬局方やEU薬局方の基準をクリアする以外にも、独自に農薬、化学物質、重金属、細菌、放射線などの残留チェックをしています。

その基準をすべてクリアした安全性が実証され、薬効成分も認められたメディカルハーブのみ使用しています。

マリエン薬局のメディカルハーブは一般的なハーブとは違い、体や心への効果が認められた、いわば薬草であるメディカルハーブです。

また、栽培法や収穫物の管理方法などに関してもこまかな基準が設けられており、認可された薬局だけがメディカルハーブを取り扱うことができるのです。teaprod-step02-4メディカルハーブのオーガニック栽培の畑には、土壌の安全がわかるともいえる虫も多く暮らしています。
気をつけて収穫・乾燥されたハーブでも、ほかの植物、虫、石などの異物が混入する場合もあります。

ドイツ薬局方では、収穫時の異物の混入を全体の基本2%まで許容しています。その理由は、異物を取り除くために長い時間をかけると、繊細なハーブを傷つけることにつながり、薬効も落ちてしまうからなのです。

2%まで認められている異物ですが、より安心してマリエン薬局のメディカルハーブ製品を使っていただきたいという思いから、ハーブをなるべく傷つけないよう、機械ではなく人の目と手を使って、さらにもう一度チェックして、異物を取り除く努力をしています。

こうして、マリエン薬局は薬効も落とさず、ドイツ薬局方にも認可されるメディカルハーブティーの製造を続けています。

日本の検査機関でも認められたドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブ

ドイツのメディカルハーブなので、ドイツ国内でのみ薬効成分が認められているのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ドイツ・マリエン薬局は、日本の医師と臨床試験を行い、日本で初めて医学専門誌に飲用後の効果と安全性が認められたハーブティーとして掲載され、日本の方々にも効果があると証明されました。vol4yukouseibungraph

※日本人女性を対象とした、効果・安全性に関する臨床試験が実施され、安全性と効果が証明された。医学専門誌「先端医療と健康美容(Vol4/日本先端医療医学会)」に掲載

上のグラフは、マリエン薬局の授乳・母乳育児ブレンドにブレンドされている、フェンネルに含まれる有効成分を比べたものです。症状の改善・予防に必要な有効成分が、一般に流通しているハーブとくらべて、約4.3倍も含まれています。

また、マリエン薬局のウーマンブレンドでも、3か月間の間に、月経前の不快感の悩み12項目※について、改善効果があると認められ、安全性にも問題ないとの結果がでました。
※12項目:月経前の吐き気、便秘、胸の圧迫感、疲労、むくみ、イライラ、腰やひざの重さ、ホットフラッシュ、胃痛、頭痛、めまい、ホルモン値

日本国内でもオーガニックや無農薬により栽培されたハーブティーが入手しやすく、安心感があると思います。しかし、ほとんどのハーブティーは、有効成分のテストを行われておらず、薬効を期待して飲んでもその効果は実証されていないのです。
Haustee-11
日本でも認められた、ドイツの国家基準以上の「マリエン基準」のメディカルハーブは、症状の改善だけではなく、予防や、体質改善にも効果が期待できます。

そのため、一般的に流通しているオーガニックハーブや、メディカルハーブともまったくちがうものとなっています。体によいメディカルハーブだけではなく、ドイツ・マリエン薬局だけのメディカルハーブで、あなたの健康維持とお悩み症状改善、予防におやくだてください。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「メディカルハーブティー」マリエン薬局のメディカルハーブティーで
予防・健康維持・症状改善

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。


●関連記事
高品質なメディカルハーブティーは、厳しい目とやさしい手でさらに特別な品質に

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!