Pollen dermatitis花粉皮膚炎というのをご存知でしょうか。

普段、肌は乾燥しないのに、3〜4月のよく花粉が飛ぶ時期に、目の周りや頬、首や手足などの外に露出している部分にかゆみがでるなんて?という方は花粉皮膚炎かもしれません。

くしゃみや鼻水、目のかゆみ以外の肌の花粉症の症状、『花粉皮膚炎』は増えている傾向にあるんです。

花粉皮膚炎とは?

花粉皮膚炎とは、花粉が皮膚に触れることによっておきる皮膚炎(炎症、かゆみ、荒れなど)のこと。

顔や首、特に目の周りや鼻の近くなど、他の部分よりも皮膚がうすくてデリケートな部位にでやすい事がわかっており、ケアせずほおっておいたら赤みが増すことも。

特に、アトピー性皮膚炎の症状が出ている方は、花粉によって皮膚炎が悪化することもあるようです。

外敵から肌を守り、肌細胞に必要なものを吸収することが重要

体の大部分を占める皮膚は、私たちの体を外側と内側とにわけてくれています。

皮膚には、体にとって悪い物質から保護するバリア機能と、体に必要な物質は透過させる機能があります。

この働きをスムーズにするためには、皮膚細胞は常に再生されなければなりません。

マリエン薬局の肌トラブルレスキュークリームは、皮脂と水分のバランスの良い比率を守ることにより、肌をバリアする役目をします。また、肌の傷を早く改善できるよう導きます。

肌の「外敵から肌を守る」という対策と同時に、肌細胞に必要なものを吸収し、老廃物を出す力を十分発揮することができるのです。

お出かけ前の花粉皮膚炎対策やその後のケアにも

目の周りや鼻の周りのデリケートな部分の対策に使う薬用クリームなども、しみたりするのがいやだったり、ステロイド剤を使うのが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マリエン薬局の肌トラブルレスキュークリームは、肌にいいメディカルハーブのカレンデュラとカモミールをアルコールを使わず、薬効成分を最大限にひきだしていますので、皮膚のうすいデリケートな部分にも限りなくしみにくいクリームです。
PREMIUM RESCUE CREME

肌に近い脂肪酸、細胞の代謝を促進する成分が入ったエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルで、カレンデュラとカモミールの薬効成分を肌の奥まで浸透。

外出時の肌のバリアとして、また、花粉皮膚炎の肌ケアや、鼻をかみすぎたあとのケア、ただれた鼻腔内粘膜のケアにも、荒れた肌の保湿や改善にお使いいただけます。

※新生児よりお使いいただけますが、キク科のアレルギーの可能性のある方は、最初にパッチテストをお試しください。
[ パッチテストの行い方 ]
腕の内側のやわらかい部分に塗り、数時間から1日程度放置します。塗布部分に以下の様な変化がある場合は、ご使用をお控えください。
・赤くなる ・腫れる ・湿疹が出る ・かゆみが生じる

花粉症がピークのこの時期、花粉皮膚炎による肌のかゆみが今年から出た方は、なにから対策を始めてよいかと迷っている方も多いのではないでしょうか。

花粉の飛散がだんだん落ち着き始め、夏に向かうこの時期に肌トラブルレスキュークリームでかゆくなる前の対策もおこなっていきましょう。

ドイツ自然療法師からのおすすめ

マリエン薬局「肌トラブルレスキュークリーム」花粉皮膚炎の肌のかゆみ対策に
肌トラブルレスキュークリーム

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

●関連記事
「花粉皮膚炎」の対策は? 鼻の下、目のまわり、花粉症のかゆみでこすって肌荒れ注意報!

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!