hinoki
日本の多くのところで4月はスギの花粉もまだ飛散し、プラスしてヒノキの花粉や、イネ科の花粉、また、北の地方では白樺(シラカンバ)の花粉も飛び始める時期になります。

ピークの3月を過ぎて花粉症の症状が落ち着くかもと思っていた方も、花粉の種類も増え、「まだまだおさまらない!」「4月になって対策なんてできるの?」とあきらめていませんか?

今からでも花粉症の対策は遅くありません。

4月に多い花粉症の症状は?

4月に多く見られるヒノキの花粉症は、スギの花粉症と同じように、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが主な症状です。

また、最近ではスギ花粉症の人はヒノキにも反応しやすく、併発する人が増えています。
ヒノキ花粉は3月から5月まで、長い期間飛ぶので、症状が長引いたりする方もいらっしゃるようです。

少し症状が落ち着き始めて安心している方もまた再発!ってこともなりかねません。

今からできる4月の花粉症対策って何があるでしょう

すでに、花粉症の対策をしている方も多いと思いますが、あらためて普段の生活でも取り入れられる対策とは何でしょうか。
shirts
・家の中に花粉を持ち込まない
・規則正しい生活を心がける
・マスクをなどでなるべく花粉を体の中に入れない
・免疫力をつける
・病院の処方薬を飲む
・腸内環境を整える
・ストレスをなくす
・水分をとる
・洗濯物は室内干しにする

少しずつ取り入れられるところからやってみることをおすすめします。

それでも症状が治まらないときは、花粉症対策のメディカルハーブティー

VITALMISCHUNG
マリエン薬局のメディカルハーブティー・アレルギー対策ブレンドは、花粉症の症状が出ている方の症状を緩和させることができます。

すでに出ている、くしゃみや鼻水などの鼻の症状、目のかゆみ、のどのイガイガ、皮膚のかゆみなどのつらい症状を改善に導いてくれます。

味はブレンドハーブのカモミールでマイルド。ミントが爽やかで鼻がスッと通る感じなので、普段飲むお茶代わりにもおいしく飲んでいただけます。

4月の花粉症の症状に、マリエン薬局のメディカルハーブティー・アレルギー対策ブレンドでいまからでも遅くない対策してみませんか。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「アレルギー対策ブレンド」いまからでも間にあう4月の花粉症対策に
アレルギー対策ブレンド

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

●関連記事
賢い花粉症対策は効果アップをねらって!自然療法は組み合わせて使うのが◎

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!