「woman(女性のためのセルフケア)」カテゴリ記事一覧

1月
21

保湿クリームを塗ったらヒリヒリして痛い。敏感肌でも刺激なく保湿をするには

乾燥シーズン、肌のカサカサ注意報発令。全身の保湿はこのプロセスで!

本格的に寒くなってきましたね。 乾燥肌や敏感肌だと、肌の悩みが多くなるシーズンですよね。 また、長袖シーズンになって衣類との摩擦が増えてきます。 こうなると、肌の乾燥はぐっと進んでしまいます。 ふだん使いのクリームやロー…

1月
11

デスクワークでのひどい肩こりと腰痛。ケミカルな湿布や肩こりローションは使いたくない。安心で効果的な改善方法は?

s_AdobeStock_211066172

デスクワークに肩こりはつきもの。 生活習慣として、肩がこるような生活を送っている場合、肩こりは根深く、慢性化しやすくなります。 デスクワークする女性が知るべき肩こりの原因と、オフィスでも効果的に安心してできる対策をご紹介…

12月
19

主婦湿疹、手指の肌荒れ。料理中でもこまめに塗り直せる「ハンドクリーム」がほしい!

主婦湿疹、手指の肌荒れ。料理中でもこまめに塗り直せる「ハンドクリーム」がほしい!

寒くなってくると、食器洗いの時も手洗いの時も、お湯を使うようになりますね。また、空気も乾燥する日が多く、こうなると気になるのが、手指の肌荒れ。 特に、主婦湿疹がある方にとっては、つらいシーズンですね。ハンドクリームが手放…

11月
12

タイツをはくたびに引っかかる、ガサガサかかとの近道ケアって?

iStock_000020543279Mediums-min

全身の皮膚のうち、かたくなりやすいかかとの皮膚。 体の末端にあって、常に体重がかかり、皮膚の潤いが保ちにくいのです。 ただかたくなるだけでなく、ガサガサに乾燥してひび割れが起こりやすくなっています。 タイツやストッキング…

11月
9

どうやったら整うの?生理不順を改善する4つの近道とは?

s_AdobeStock_179260401

女性の生活の中で、切っても切り離せないのが生理。 正常な生理周期は25日~38日ですが、それよりも短かったり長かったりすると、それは生理不順と考えられます。 女性の体はとてもデリケートなので、ちょっとしたストレスで排卵が…

10月
4

イライラ、落ち込み、PMS(月経前症候群)のメンタル症状ってどんなものがある?

iStock_000039342058XXXLarges-min

PMS(月経前症候群)、生理が始まる直前の症状には大きく2種類あります。 腰や腹部の鈍痛、頭痛、めまいのように身体的なものと、イライラ、落ち込みなどのメンタル面での症状があります。 PMSの症状が起こる原因は、黄体ホルモ…

8月
15

年代によって変化する女性ホルモンバランス。「今の私」にピッタリのケアって?

P_iStock_000015834383XSmall-min

女性の体は、ライフステージによって大きく変わります。その理由は、分泌される女性ホルモンのバランスが、年代ごとに非常に大きく変わっていくからです。 10代半ばの初経(初めての生理)が起こる思春期には女性ホルモンの分泌量は急…

8月
9

紫外線、熱による乾燥、夏の肌には、シンプルな「しっとり」スキンケアが必要です

P_iStock_000015020277XSmalls-min

夏は肌にとっては過酷な季節です。強い紫外線、暑さやエアコンによる乾燥、汗による刺激、肌は日々闘っているといってもいいでしょう。闘い続けた夏も後半、残暑になると、紫外線のダメージが蓄積し始め、乾燥肌が止まらないということも…

5月
16

塗るだけで生理痛が楽になるアロマオイルはここが違う!

2018springAromaoil-B2-03s-min

つらい生理痛対策、あなたはどうしていますか? 子宮筋腫や内膜症といった病気の場合は婦人科での治療が必要ですが、検査しても特に原因がわからない生理痛というのも実は少なくありません。 鎮痛薬でしのいでいる、ということも多いか…

3月
28

ドイツ自然療法師が教える『食べ過ぎないための食欲コントロール法』

P_iStock_000012453029XSmalls-min

ダイエットの敵は、実は自分の中にあります。 それは「食欲」。 本来、食欲があることは健康にとってとても必要なこと。 ところが、現代人の便利な生活では圧倒的に運動量が減り、また、ストレスなどによって空腹感が正しく感じられな…