A2-12_04風邪やインフルエンザが流行るシーズンになると「子どもが幼稚園で風邪もらってきちゃって…」ということが発端で、家族が次々にかかり、どうかすると家族全員、同じ症状で寝込んだりすることにもなりかねません。

ひいてしまった風邪は、いくら薬を飲んでもなかなかよくならないことも。

自分の体調もままならないまま、家族の看護をして疲れ切っていたのでは、よくなるどころではありませんよね。

「家庭内感染」を防ぐにはどうしたらいいでしょう。

風邪やインフルエンザの家庭内感染を防ぐには

一般的な対策として、以下のようなものが挙げられます。

  • できるだけ、風邪をひいた人を隔離する
  • 風邪をひいた家族の世話をするときは、マスクをして終わったら手洗い・うがいをする
  • 家の中の換気をこまめにする
  • 規則正しい生活をする

 

インフルエンザの予防接種を受けても効果がない?

iStock_81373395_XLARGEs-minインフルエンザを予防するために、まず初めに思い浮かべることは、予防接種があげられます。

でも「(注射したから)かからなかった」という一方で、「注射したのにかかってしまった」「効かなかった」というかたもいらっしゃいます。

残念ながら予防接種は完全に予防できるものではありません。

かかったときの重篤化を防ぐという意味では、予防接種はとても効果的な手段ですが、大事なことはインフルエンザやウィルスが体内に入ってきても戦える力=免疫力を日頃からいかに高められているかどうかが鍵となるでしょう。

日頃から家族の免疫力を高めるためにできること

P_iStock_000018356210Small日頃から根本的に免疫力を高めるには、のどの粘膜を強化したり、気道の炎症やから咳、風邪や感染症疾患に対する抵抗力をサポートしてくれるものをカラダに取り込むことが必要です。

家庭内感染を防ぐことはもちろん、ご自身や家族の免疫力を日頃から上げることで、家族全体で風邪やインフルエンザに対する予防力を高めて、これからの冬をお過ごしくださいね。

●関連記事
風邪、インフルエンザでの子どもの発熱。解熱剤以外の対処法、あります!

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「風邪対策ブレンド」日頃から免疫力を高めて、家族の風邪やインフルエンザを予防するなら
風邪対策ブレンド

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!