P_iStock_000010625479XSmalls-min若いころに比べて、高齢になると風邪などの感染症にかかりやすくなります。

ご両親がそういえばよく風邪をひく、咳が出やすいなということはありませんか?

これは年齢とともに免疫力が低下するから。若いころに比べて免疫細胞の働きも、感染症に対する反応も鈍くなるのです。

そして一度風邪をひいてしまうと、いつまでも長引いてなかなか治らないのがシニアの風邪の特徴。

免疫細胞の働きには大きく2つあり、ひとつは感染症にかかりにくくする「防御」の働き、もうひとつが、感染症によって壊された細胞を元通りの働きに戻していく「再建」の働きです。

この「再建」の働きも、年齢を重ねるにつれて弱まっていき、すぐに回復できなくなるために、長引いてしまうのです。

風邪をこじらせて、肺炎になるのが一番こわい

風邪をひいたあと、ゆっくりでも回復していけば問題ありませんが、一番こわいのは、こじらせてしまうこと。

風邪は鼻やのどなどの上気道に炎症を起こすことですが、上気道だけにとどまらず、気管支や肺にまで、風邪ウイルスが入り込むと肺炎を起こします。

肺炎は、高齢者にとってとてもこわいもの。
誤嚥性肺炎(むせたことによって本来食道に入るものが肺に入り、炎症を起こす)も多く、風邪だけが原因ではありませんが、でも、風邪をこじらせて肺炎になることは避けたいものです。

高齢者が風邪をひかない、こじらせないためには

風邪予防の基本は、十分な栄養と睡眠、人ごみに出かけない、外出時にはマスク、帰ったら手洗い・うがい。高齢者でも、これは変わりません。

それにさらにプラスして、積極的に風邪予防をしたい、風邪をひいたらすぐ治したいと思った時に、風邪薬では予防はできません。

A2-23_09ss-min風邪予防の薬はありませんが、ふだんから免疫力を高める飲み物があります。それが、マリエン薬局のエイジングケアブレンド

心身ともに元気を回復してくれるジンセン(朝鮮人参)、心臓の働きを強めてくれるホーソンに加え、風邪など感染症を予防するシストローズといったメディカルハーブが風邪予防を総合的にバックアップしてくれます。

また、免疫力には明るく前向きな気持ちであることがとても大切で、メンタル面をサポートするメリッサも配合されています。

こうした「メディカルハーブ」は、有効成分の含有率が、ドイツの薬局方の基準をクリアしたもののみに与えられる名称。漢方薬のように薬としての成分を十分にもっています。

A6-23_L04s-minさらに、マリエン薬局では、国家資格である自然療法師が、各メディカルハーブの働きを十分に引き出すような比率でブレンドしています。

高齢者のことを考えて、毎日元気に過ごしてくれるようにと願いを込めたメディカルハーブティー、エイジングケアブレンド

同居や近くにいるご両親・ご親戚にはもちろん、また遠く離れて暮らしている大事な方へも、風邪予防できるメディカルハーブティーを提案してみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!