P_iStock_000022728283Smalls-min子どもの気持ちは、とても小さな変化に敏感です。

大人から見たら、「そんな小さなこと」と思うようなことでも、子どもにとっては一大事になるからです。

その小さな変化ひとつひとつを積み重ねて、やがて、些細なことでは動じない大人になっていくのですが、気持ちがこまやかでやさしい子どもほど、そのひとつひとつを乗り越えることがストレスとなります。

たとえば、新学期で知らないお友だちに会うこと、お正月や夏休みでおばあちゃんの家に初めて泊まることなど、大人から見たらわくわくして楽しそうと思うようなことでも、「初めて」は子どもにとってストレスのひとつとなります。

また、学校に行く前の子どもでも、たとえば楽器などの習い事の発表会があったり、もっと大きなことでは弟や妹が生まれるということも、大きなストレスでしょう。

ママとパパが見守ってあげることにプラスしたいこと

P_iStock_000013806866Smalls-minそんな時、何が起こっているのか、言葉で説明してあげることはとても大切なこと。

まだ難しことはわからなくても、少しずつわかることもあります。

もっと大切なのは、ママやパパが、「いつでも味方だよ」とそばにいてあげること。

大変な経験を乗り越えようとする子どもを応援してあげましょう。

応援のしかたはいろいろありますが、気持ちをほぐしてあげることはとても大切です。

子ども自身が、自分らしくのびのびできるのは、リラックスしている時です。

子どものリラックスを引き出してあげる具体的な方法は、どんなことでしょうか。

アロマの香りは子どものメンタルバランスにも働きかけます

子どもにのびのびとリラックスしてほしい時、アロマの働きが味方になります。

赤ちゃんはぐずっていても、ママに抱っこされるとすぐに泣き止みますね。
これはママの匂いによるところが大きいもの。安心する匂いで赤ちゃんは泣きやみます。

嗅覚は、五感の中でもメンタルバランスに非常に大きく関与します。

子どもの不安定な気持ちをリラックスモードに転換して、さらにのびのびと解放してあげるためにマリエン薬局の塗るアロマオイルを活用してみませんか?

C2_67ss-min

マリエン薬局のストレス用アロマオイルは、心に働きかける複数の精油を使っています。その高い相乗効果がストレスに負けそうな心身を穏やかに癒していきます。自分を見失うことなく、地に足をつけ、物事にしっかりと、前向きに対処できるようサポートします。

ふだんから人見知りで新しいお友だちになかなかなじめないタイプの子どもには、ふだんから「お守りの香り」として、ママやパパがマッサージするように塗ってあげるといいですね。

ストレス用アロマオイルは、精油を肌に浸透しやすい濃度に希釈してあるため、瓶から肌に数滴たらしてそのまま塗ることができます。

※ストレス用アロマオイルは、3歳以上のお子さまから塗布できます。2歳以下のお子さまは芳香浴が可能です。

希釈するキャリアオイルも肌をいたわる高品質な植物オイルを使用。

さらにドイツの国家資格である自然療法師が効果と安全性を熟慮してブレンドしています。
だから、小さな子どもから安心して使うことができます。

アロマオイルを塗ってあげる時、ママもパパも家族でリラックス。
気持ちを落ち着かせたら、プレッシャーやストレスにも負けずに元気に過ごせますね。

●関連記事
育児ストレスでイライラ!もうムダに叱りたくない時に効く方法って?

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「ストレス用アロマオイル」心に働きかける複数の精油が高い相乗効果を持つ塗るアロマオイルなら
ストレス用アロマオイル


※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!