主婦湿疹、手指の肌荒れ。料理中でもこまめに塗り直せる「ハンドクリーム」がほしい!

乾燥が強まっていく季節、スキンケアも全身に欠かせなくなってきますね。

肌のバリア機能を守るため、乾燥に要注意

かさかさ感だけでなく、かゆみを感じる乾燥肌をそのままにしていると、肌のバリア機能が弱くなり、アトピーにもつながります。

そんな時はまず、保湿が大事ですが、それよりさらに、肌の回復力をしっかり応援して、かゆみをおさえてくれるのが、肌トラブルレスキュークリームです。

さらりとしたテクスチャーの肌トラブルレスキュークリームですが、広範囲に塗ろうと思うと、少し伸びにくいと感じることもあるかもしれません。そんな時は、いい方法があります。

ひと工夫、クリームを塗り伸ばしやすくする方法

肌トラブルレスキュークリームを広く塗り伸ばしたい時は、手のひらに水をとりクリームを混ぜて塗布してください。

アトピーにもつながる肌の乾燥・かゆみをやわらげるスキンケア裏ワザ

より広範囲な背中や全身に塗るときには、水よりも無香料の低温抽出オイルでクリームを伸ばして薄めると、さらになめらかに塗ることができます。

天然成分のみでできたこのクリームは、乾燥などで荒れた肌にもしみにくい処方。だから、小さなお子さまにも安心して塗ることができます。

肌を乾燥から守る心強い味方として、ピンポイントケアだけでなく、肌トラブルレスキュークリームをお使いくださいね!

ドイツ自然療法師からのおすすめ

マリエン薬局「肌トラブルレスキュークリーム」花粉皮膚炎の肌のかゆみ対策に
肌トラブルレスキュークリーム

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!