iStock_000014345781Mediums-min皮膚のかゆみを繰り返す、アトピー性皮膚炎。
この症状はアレルギー症状のひとつで、肌の免疫システムがうまく作動していないことで起こると考えられています。

ただ、アトピー性皮膚炎に限らず、例えば他の喘息、花粉症などといったアレルギー症状を引き起こしているのは、アトピー因子と呼ばれる体質。

このアトピー因子は、現代の環境や食べ物の変化による免疫システムの働き方の変化でもあります。

さらに遺伝も大きく関係しているため、現代では多くの人が持っていると言われます。

アトピー因子によって起こる症状が、肌に出ればアトピー性皮膚炎、気管に出ればぜんそく、というわけで、アレルギーマーチと呼ばれるように、さまざまな症状が同時に出ることもあります。

肌や気管など、それぞれに起こっている症状を鎮静させる薬や方法もありますが、やはり本質的には、体質改善を併行して行うことが大切なのです。

体質改善は「薬」ではできないこと

この場合の体質改善は、アレルギー症状を起こしづらくするということです。

そのためには免疫システムを正常に働かせる必要があります。

免疫システムが正しく働いていれば、本来は体に入り込んだ病原体に対しての抵抗力は発揮しながら、花粉などの本来無害なものには作用しないはずです。

この免疫システムがスムーズに働くためには、体調そのものがととのっていることが必須条件ですが、体に蓄積した負担となる物質がしっかり排出されていることがとても大切です。

アトピー性皮膚炎は肌のトラブルですが、体内に蓄積している老廃物がしっかり排出されないと、改善は進みません。

また、どんなに肌にいいスキンケアを外側から塗り重ねても、浸透していきません。

老廃物をしっかり排出したうえで、アレルギー症状を抑える物質をとること。
これがアレルギー症状を抑えるために有効な方法です。

メディカルハーブの力で、正しい免疫システムが働く体質に改善

Vitalmischung-5s-min老廃物を排出しやすい体にしていくために、マリエン薬局のメディカルハーブティー、アレルギー対策ブレンドが役立ちます。

マリエン薬局のメディカルハーブティー、アレルギー対策ブレンドには下記の3つのメディカルハーブがブレンドされています。

それぞれの働きをみてみましょう。

カモミール
皮膚や粘膜の炎症を和らげます。気分を鎮静する働きもあるため、睡眠の質が上がり、免疫システムがスムーズに働く助けにもつながります。

ペパーミント
「抗菌ハーブ」とも呼ばれ、ムズムズする鼻やのど、目の粘膜をスッキリさせる効果があります。

ネトル 
利尿作用にすぐれ、体の中に蓄積した老廃物を排出する働きにとてもすぐれています。成分として含まれているフラボノイドには、細胞膜を安定させる働きがあり、これによってヒスタミンなどのアレルギー反応の誘発因子を放出させないようにします。

とてもシンプルな3つのハーブのブレンドですが、一般的に嗜好品として売られているカモミール、ペパーミント、ネトルを組み合わせても、アレルギー対策ブレンドのような効果は発揮しません。

なぜなら、アレルギー対策ブレンドに使われているこの3つはメディカルハーブであり、メディカルハーブとはドイツの薬局方の厳しい基準をクリアして、薬効が認められたハーブだから。

さらに、アレルギー対策ブレンドは、これらのハーブを、国家資格である自然療法師によってより効果的な配合比率を計算され、丁寧に手作業でブレンドされているのです。

確かな効果が期待できるメディカルハーブティー、アレルギー対策ブレンドで、体の内側からアトピー性皮膚炎対策をしてみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!