AdobeStock_336570879

新型コロナの影響でマスクが手放せなくなった今、マスクによる肌かぶれをしていませんか?

原因として考えられるのは、マスクによる蒸れや摩擦です。

蒸れているのに、実は肌が乾燥する?

に向けて気温が高くなって、マスクの中が汗や息で熱気がこもってしまい、かゆみを感じるかたもいます。

息の水蒸気でマスクで口の周りが保湿されているように感じるかもしれませんが、マスクを外すと、水分が一気に蒸発して肌の水分を奪うため、実は肌が乾燥しやすくなっています。

AdobeStock_228477363

肌が乾燥すると表面のバリア機能が低下し、肌あれの要因になります。

マスクをする前にクリームやジェルを塗って、あらかじめ保湿しておくのも肌を守る一つの方法です。

マリエン薬局では保湿アイテムとして、紫外線ダメージリペアジェル肌トラブルレスキュークリームがあります。

B-2_PremiumRescueCreme--5s-min

紫外線ダメージリペアジェルは、高濃度のアロエベラエキスとBIO品質のラベンダー精油をたっぷり配合したジェルで、さっぱりとした使い心地です。

肌トラブルレスキュークリームは、肌のハーブとして有名なカレンデュラとカモミールという2種類のハーブのエキスを高品質エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルに配合、しっとりとした使い心地です。

使い心地のお好みによって、ジェルかクリームか選んでみてください。

マスクによる摩擦・接触でムズムズ

仕事中ずっとマスクをしていなければならない場合、マスクが長時間、肌に触れ続けます。

マスクによる摩擦は、肌が弱い方だけでなく、健康な肌の人にとっても負担がかかります。

気づくと、マスクがあたっていた部分に湿疹がでたり、かぶれができたり。

そういうときにも紫外線ダメージリペアジェル肌トラブルレスキュークリームを塗りましょう。

D4-01_20

どちらも肌あれを落ち着かせる働きがあります。

夏にマスクをする時の工夫

今年は、外出時や人と会う時のマナーとして、夏にマスクをしなくてはならないという体験をすることになります。

肌あれだけでなく、熱中症も懸念されますので、

・人と距離がとれる時はマスクをはずし、距離がとれない時はマスクをする
・冷感タイプのマスクをする
・通気性がよく肌に優しい素材のマスクを選ぶ

など、できる範囲での工夫をしましょう。

自分や周りの方への気遣いをしつつ、無理ない程度にマスクを利用して、この夏をのりきりたいですね。

ドイツ自然療法師からのおすすめ

マリエン薬局「肌トラブルレスキュークリーム」しっとり保湿で肌を健やかに
肌トラブルレスキュークリーム

マリエン薬局「紫外線ダメージリペアジェル」さっぱりとした使い心地が気持ちいい
紫外線ダメージリペアジェル

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!


アイテム一覧
目的症状別おすすめ