【 スタッフErikoのドイツ通信 】先週、学校教諭である夫が、生徒さんの引率で1週間南チロルでのスキー教室に行っていました。

7年生、日本で言うと中学1年生を対象に、毎年この時期に行われる学校のイベントです。

スキー教室のプログラムについては、過去に一度レポートさせていただいたことがあるので、今回は視点を変えて、この合宿中、生徒や先生たちは一帯どんな食事をしていたのか、南チロルの食生活についてお話したいと思います。

南チロルは、地理的にはイタリア北部に属します。
ですのでイタリア後を話せる人もいますが、共通言語はドイツ語です。
マリエンのあるキームガウ地方からは、車で2時間の距離です。

また南ドイツやオーストリアと並んで、アルペンの山国の雰囲気が色濃い地域でもあります。

ドイツ・オーストリア・イタリアと、3カ国の影響を受けて、独自の文化を育んだ魅力的な地域です。
冬はスキー、それ以外の時期はトレッキングが楽しめる、自然豊かな土地でもあります。

そんな南チロルには、各国の良さを「いいとこどり」した素敵な食文化があります。

1スモークベーコン&角切りチーズにワインを添えてs-min南チロル料理で一番の主役は「ベーコン」!

特に南チロルのスモークベーコンは有名で、これと角切りチーズ、それにマイルドな地元産のワインは、典型的な「南チロルのごちそう」です。
ちなみにこれは、先生方の夜の「職員会議」のメニュー。

そして、ベーコンに負けないくらい活躍してるのが「チーズ」。
酪農の盛んな地域ならではですね。

2ハムとチーズの「ピザ」にトマトソースをかけてs-min前菜にも、メインディッシュにも、デザートにも、チーズが欠かさず登場します。

たとえば、ハムとチーズのフィリングをパイ生地に包んで焼いて、トマトソースをかけたお料理。
スキー合宿では「ピザ」として食卓に登場したそうですが、私たちの知っている丸い平たいクラストの上にトッピングとトマトソースが載っている従来のピザとはずいぶんちがって、むしろカルツォーネ風ですね。

またジャガイモベースのモチモチ生地に、クリームチーズのフィリングを詰めたがっつり料理も、ボリュームがあって美味しそう。

そして、デザートにもチーズが登場。
クリームチーズに、クローブやカルダモンなどのスパイスを使った焼き菓子スペクラチウスのクランブル、その上に更に蜂蜜を泡立てたものを乗っけた、パフェ風スイーツ。
私これがメインでもいいな♪

3ジャガイモ生地にクリームチーズのフィリングs-min4クリームチーズのパフェ風デザートs-min

もう1つの特徴は、いろんなバリエの小麦ベースのお団子があること。

5ほうれん草クネーデルs-min特にスキーでお腹を空かせた生徒さんたちに人気だったのは、ほうれん草を練り込んだ生地に、これまたチーズのフィリングを詰めた「クネーデル」、お団子。
バター少々とハーブをぱらぱらかけて、かなり美味しくて、あっという間にお皿が空っぽになっちゃったそうです。

更に、南チロルの食事には、ドイツ・オーストリア・イタリアと、それぞれの国の特徴も反映されています。

ころころかわいいミニパスタに、たっぷりのローストオニオンとチーズを乗せてオーブンで焼いた「ケーゼ・シュペッツレ」は、南ドイツバイエルンの郷土料理と同じです。

6ケーゼ・シュペッツレs-min7カイザーシュマーンs-min
また、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に因んでその名がつけられた、「カイザーシュマーン」(=カイザーは皇帝の意味)は、オーストリアを代表するお料理。
コムギと卵ベースの生地で、りんごのムースなどと一緒にいただく甘い系のお料理です。

そして、イタリアの影響といえば、やっぱり「料理の仕方にうるさい」ところでしょうか。

8ペンネはアルデンテでs-minどこにでもありそうなハムとチーズのペンネも、ちゃんと「アルデンテ」に仕上がるようにお料理担当の方が気配りされていたとか。
ドイツではパスタの湯で時間はけっこうアバウトで、製品パッケージにも「9-12分」なんて平気で書いてあるので、アルデンテを気にするのはまさにイタリアンですね。

9グルメのペッパーステーキs-minステーキ&フライドポテトも、若い人たちには特に人気のガッツリ組み合わせですが、お肉がどーんとお皿の半分も占めていて、そこにたーっぷりソースがかかっている典型的なドイツの盛りつけではなく、お肉は薄切りで控えめ、更にグリーンペッパーとクリーミーなソースがほんの少し添えられているところにも、イタリア風グルメを感じますね。

10上面だけ衣のシュニッツェルs-minシュニッツェルは、ドイツやオーストリアで典型的なお肉料理。
前面に衣を付けて揚げ焼きにしたものや、溶かしチーズを添えていただくものなど、地域によってもいろんなパターンがありますが、上面にだけ味付け衣を乗せたバージョンは他では見かけたことがないので、これも南チロル風かな?

毎日スキーで体を動かし、美味しいものを美味しく食べて、心身に良好な1週間となったことでしょう。

あぁちなみにこれらのお料理はえらくヘビーに聞こえますが、毎回ちゃんと野菜たっぷりのサラダボールが付いたとのこと、ビタミン補給もばっちりですね。

私は先週から今年始めの「デトックス」に突入していて、ここでご紹介したものは殆ど全部NG。
ちょっと悔しいけど、あと3週間、美味しいものの妄想を膨らませつつ、頑張ります~。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「メディカルハーブティー」症状改善できるメディカルレベルのハーブティーなら
マリエン薬局のメディカルハーブティーシリーズ

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!