1 ツリーを抱えたペーターさんs-min
【 スタッフErikoのドイツ通信 】
12月もそろそろ半ば。ここバイエルンでもクリスマスの雰囲気が日に日に高まってきました。

ドイツでは、クリスマス本番である24日のイブの夜と翌日25日は、家族と静かに過ごすのが通例。

なので友達や同僚、また趣味の仲間や近所の人たちと集まるのは、シーズン中本番前の2・3週間の間です。

私と夫も、先週末、お仕事の同僚ペーターさんが誘ってくれて、手作りのクリスマススイーツとギター持参で出かけてきました。

ペーターさんご家族は、この時期週末に自宅の庭でクリスマスツリーを販売してるんです。それで、「一緒に音楽でもやって楽しくすごそう」と招待してくれたのです。

到着してみると、庭にカット仕立ての新鮮なもみの木がいっぱい。

3 販売用にネットをかけられたツリーs-min5 室内 ナッツとミカンでクリスマスっぽくs-min

ディスプレイ用に並べられているものもあれば、運搬用のネットがかけられ、誰かが買ってくれるのも待ちわびているものも。

夕暮れ間近の戸外に、かぐわしいモミの木の香りが漂っていました。

ペーターさんたちは、去年は約100本ものツリーを売ったとのこと。今年の売れ行きも楽しみです。

ガレージに入ると、クリスマスシーズンの定番、ナッツやミカンで飾り付けがされていて、トロピカルなレモンの木やポインセチアも出迎えてくれました。

2 シーズンの定番:ナッツ・ミカン・ツリーs-min6 ガレージ トロピカルなレモンの木とポインセチアs-min

ペーターさんのお宅にはこれまでも何度かお邪魔したことがありますが、いつも飾らないナチュラルな温かさにあふれた素敵なご家庭です。

ドイツでは、冬場にシナモンやクローブなどのスパイスを入れたホットワインを飲む伝統があります。

そして車の運転をする人や子どもたち向けには、アルコールフリーでオレンジジュースなどを加えたのホットパンチも。

7 ホットワインウォーマーs-min8 スパイス入りホットワインで心身ぽかぽかs-min

そんなわけで、クリスマスシーズンといえば、ホットワインがつきもの。ペーターさんたちがウォーマーで温めておいてくれたのを私たちもさっそく1杯いただいて、心身ともにほかほか気分に。

ちょうどツリーを買いに来ていたお子さん連れのご家族も交えて、アットホームな雑談のひとときとなりました。

4 夕暮れ 給水タンクのイルミネーションと小さなモミの木s-min日の入りの時刻になると、給水用タンクや庭に設置された色とりどりのイルミネーションがロマンチックな雰囲気を演出。みんなで外にでて、この素敵なひとときを静かに味わいました。

夫のギターに合わせて、みんな口々に知っている歌を口ずさんだり、くるみ割り器でナッツの殻を割ってシェアしたり。
優しい時間が流れました。

そのうち、気温が下がって急に寒くなったので、「たき火をしよう」ということに。
 

9 たき火・サンタ帽子のペーターさんs-minドラム缶に薪をいくつか放り込んだら、たちまち燃え上がって、周囲数メートルがぽっかぽか。花火みたいに豪快な火の粉を上空に飛ばして、ちょっと魅惑的な雰囲気に。

ペーターさんもサンタの帽子を被ってちょっとした撮影会になりました。

夕闇に映えるイルミネーションと、ぱちぱち跳ねるたき火の暖かさ、静かに流れるエリック・クラプトンのメロディー、みんなと共有するナチュラルでほっこりした時間。

大好きな人たちと過ごすクリスマスシーズンのひとときは、いつもと違う週末の手触りでした。

10 ドラム缶のたき火・ギター・イルミネーション・私たちs-min

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「クリスマススペシャルブレンド」ホットワインに使われるハーブを配合したあたたまるハーブティー
クリスマススペシャルブレンド

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!