2 ドロミティーのパノラマs-min【 スタッフErikoのドイツ通信 】
ミュンヘンではオクトーバーフェストが始まり、各地で秋祭りの便りが聞かれる季節になりました。

秋は絶好のハイキングシーズン。
暑すぎず、寒すぎず、心地よく澄み渡った空の下、心身ともに自然浴を満喫できます。

なかでも南チロル地方・ドロミティは、アウトドア派に人気のスポット。
夏休みにやってくる観光客の波が一段落した今頃がとくにおすすめです。

3 ドロミティ麓の村s-min南チロルは、地域的には北イタリアですが、ドイツ語圏に属します。
ドロミティは、その南チロルに広がる雄大な山岳地帯。
切り込んだ谷と幾重にも連なる山々の起伏に富んだ息をのむほど美しい景観で知られ、世界遺産に登録されている山もあります。

チロル地方は、冬はスキー、それ以外の時期もハイキングが楽しめ、自然が美しいことから、観光が主要産業になっています。
近隣の集落や渓谷にはホテルや民宿が点在し、四季折々の自然を楽しめます。

ドロミティーは岩場も多く、ロッククライマーも人気ですが、周辺にはもっと気軽に歩けるハイキングコースもあり、それぞれ自分にあったレベルでアウトドアを体験できます。

山の下の方は落葉樹の森があったり、放牧が行われている場所もあり、馬がのんびりと草を食んでいるのどかな光景も見られます。
5 放牧の馬s-min4 ホテルの例s-min

さらに上って行くと、松などの針葉樹の風景に変わり、もっと上に行くと、木がなくなり、索漠とした草地、そしてついにはごつごつとした岩壁だけの荒々しい風景へと変わります。
こうして標高によって移り変わる風景には、自然の美しさのみならず、底知れない怖さも感じますね。
6 高い標高の集落s-min8 修道院s-min

練習をつんだクライマーが数日かけて山小屋を泊まり歩くような本格的なコースもありますが、にわかハイカーでも自分にあった楽しみ方ができます。

通りかかった建物の屋根の珍しい彫刻を見たり、禁域制の修道女たちが生活する荘厳な修道院で立ち止まったり、山歩きをしているとよく見かける積み石の塔をチェックしたり、これもこの地域ではお馴染みの自然の中のイエス像のところでちょっと座って一休みしたり。
7 屋根の彫刻s-min9 積み石の塔s-min10 イエス像s-min

たっぷり体を動かした後のホテルのでの夜のサウナも格別ですが、筋肉痛の強い味方、マリエンのコリ・痛み改善予防クリームもしっかり持参しないとですね。

11 頂上の建物s-min12 ハイカーs-min

ところで、今アルプス地方はブドウの収穫シーズン、ワインになる発酵途中の甘いグレープジュースが出回る時期です。
13 収穫を待つブドウs-min

そして、紅葉が深まり、気の早い人たちはそろそろクリスマスプレゼントやお菓子作りのことを考え始めます~。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

コリ・痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)首・肩・腰のコリや痛み、筋肉痛や子どもの成長痛の症状改善なら
コリ・痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!