1 周囲の山地と森s-minマリエン薬局のあるここ南ドイツ・バイエルンでは、先週新学期が始まりました。朝晩は気温が10度を下回る日も増えてきて、秋真っ直中という感じです。

そして秋はハイキングにぴったりの季節。
暑すぎず、寒すぎず、快適にアウトドアを楽しめます。

アルプス地方はハイキングの宝庫、数限りないルートが点在しています。オーストリアの「ブラントナータール」もその一つ。2500M級の山々がそびえ、秋は登山、冬はスキーが楽しめます。スイスとの国境に近く、隣の峰はもうスイス領域です。

「タール」はドイツ語で谷を意味します。
ですが谷間といっても標高1000Mの高さ、そこから登山道までゴンドラで登れます。

2 ゴンドラs-min3 山小屋s-min4 ハイカーs-min

平野部では初雪にはまだ遠いですが、アルプスの山沿いでは1年のうちいつ雪が降っても不思議ではありません。小さな山小屋は、冬は避難所の役割も果たしているようです。

ブラントナータールでも、すでに雪の痕跡が見られ、気の早いハイカーが作ったのか、雪だるまがお出迎え。

5 雪だるまs-min6 雪と岩場s-min

登るに従って、だんだんと植物が減り、山の上部は荒涼としたむき出しの岩場です。
自然の驚異に、思わず身がひきしまります。

そして、こんなに標高が高いところにも、ほ乳類が住んでいます。
山岳地帯に生息するマーモットです。
そろそろ彼らも冬眠に備えて準備中でしょうか。

7 マーモットs-min8 霧の風景s-min

山の天気は気まぐれで、お日様が顔を覗かせる時もあれば、一面霧に煙っていることも。
ですがどれも、魔法のように魅惑的な秋のアルプスの風景です。

9 ケーゼシュペッツレs-minそして、山の空気を堪能した後は、あつあつの「ケーゼシュペッツレ」でエネルギー補給。
チーズところころパスタを使ったがっつり料理ですが、たくさん運動してカロリー消費したあとなので、まぁ大丈夫かな~

先日まで夏休みの話題で盛り上がっていたのに、こうして容赦なく秋にやってこられるといささか戸惑いを覚えますが、りんと澄み切った秋の空気には不思議な浄化作用があるようです。
心身ともにリセットして、来るべき寒い季節に備えて元気を蓄えていこうと思います。

季節の変わり目で風邪をひきやすいので、風邪対策ブレンドで風邪を予防する冬支度もどうぞ!

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!