4 春の花が咲き乱れる野原s-min【 スタッフErikoのドイツ通信 】先日、友人に誘われて、アルゴイの山へハイキングに行って来ました。

アルゴイというのは、アルプスの山とその周辺地域一帯を総称した呼び名で、オーストリアとの国境に近く、マリエンの本局や発送センターがあるのもこのアルゴイ地方です。

山々と渓谷が織り成す起伏に富んだ美しい風景、そして牧歌的な雰囲気や美味しいチーズを求めて、多くの観光客が訪れます。

1 パラグライダーのオプションもs-minもちろんハイカーやクライマーにも人気のスポット。
それぞれのグレードや好みにあったルートを選べるのも魅力です。

当日は満点の快晴日。歩き組のほか、サイクラーもたくさん見かけました。

そして、ダイナミックな自然の風景を上から眺めたい人には、パラグライダーというオプションも。

私たちは、ですが地道な歩き組。
片道大体2時間半の工程は、最初はわりと平坦でラクなルートなので、誰かが道々造った石を積み重ねたアートを観賞する余裕もありました。

2 ストーンアートs-min3 上を目指して元気にs-min

5月は雨が多かったせいか、河の水かさも増していて、元気な流れにそって、私たちも元気に上を目指しました。
気温が高く、水辺なので湿気もありましたが、風が爽やかで心地よかったです。

標高が高いせいか、季節の移り変わりがスローペース。
原っぱ中に、平地ではもう時期を過ぎてしまった春の花が咲き乱れていました。

5 ときどき見かける記念碑s-minドイツの森や山を歩いていると、時折小さな記念碑に出会うことがあります。
その場所で亡くなったり、何らかの形で縁のあった人を記念するものです。
詳細は分からなくても、誰かの人生の物語に図らずも触れさせていただける瞬間です。

しばらく行くと、チャレンジコースの始まり。
延々と続くように思われる上り坂を、ウサギとカメのカメさんよろしく、ひたすらてくてく。
後ろから追い越して行く電動自転車がちょっぴりうらやましいぞ~。

途中、給水のためのミニ休憩を入れつつ、1時間も歩いたころ、やれやれ、登りルートの終了を告げるミニチャペルに到着。

6 山の上のチャペルs-min7 ドイツ最古の木造家屋s-min

このチャペルの周辺には、いくつかの古い木造家屋があり、なんとドイツに現存する木造家屋としては最古のものだそうです。
今は見学できませんが、オープンエアー・ミュージアムとして解放する話もあるそうで、古いものファンの私としては今後が楽しみです。

この山の標高は2300m位。
上り坂を過ぎると、平地でにはない魔法のような素敵な風景が展開していました。

8 更に歩いてs-min10 山の上の食堂s-min

9 6月の雪s-min決定的だったのは、6月の残雪。

今回のルートでは、もう雪は殆どないかなと思ってたのですが、なんと山の上の方はまだまだ雪が健在。
道の両側が雪の壁だったり、一面雪の原のところもあり、以前気温は25度位あるのに、なんだか季節の感覚がずれてきます。
まさか6月に雪を踏みしめて歩くとは~

さらに暫くてくてく歩いて、要約山の上の休憩所兼食堂に到着。

デトックス期間中だったので、メニューにあったチーズケーキもソーセージサラダも残念ながらNGだったんですが、しっかり運動したあとのリンゴジュース、世界で一番!って思えるほど美味しかったです~

ここから更に、次の山へと歩けるコースもありますが、私たちはここでUターン。
また同じルートをてくてくもどって、帰途に就きました。

花咲き乱れる野原と、じりじり照りつける夏の日差し、そして本物の雪。
山の上で展開する異なった季節の融合は、なんだか魔法のように感じられ、トータル22kmの歩きコースはくたびれたけど、ご褒美もたっぷりでした~

それにしても山登りって、普段は使わない筋肉を使いますね。
その後数日は半端ない筋肉痛で、 コリ・痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)にすっかりお世話になりました~。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

コリ・痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)首・肩・腰のコリや痛み、筋肉痛や子どもの成長痛の症状改善なら
コリ・痛み改善予防クリーム(高濃度タイプ)

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!