s_AdobeStock_35668025

第一志望校の合格のため、勉強を頑張っているお子さん。おやつや夜食を食べながら勉強していることも多いでしょう。

受験勉強中に食べるおやつや飲み物は、ジャンクになりがち

受験生に人気なおやつは、飴やチョコレート、スナック菓子、菓子パン、カップラーメンなどです。

「勉強しながら食べられる」「短時間で食べられる」という点から、これらの食べ物が選ばれているようです。

しかし、これらには油や砂糖が多く使われ、どちらかというと高カロリーです。

運動不足にもなりがちな受験勉強中、高カロリーの食べ物を毎日食べていると、体重増加や栄養バランスが心配です。

また、最近はエナジードリンクも人気です。

夜、勉強中に眠くならないようにと、エナジードリンクを飲むことが習慣になっているお子さんもいるようです。

s_AdobeStock_64930208

元気の前借り、勉強中のエナジードリンク

エナジードリンクは、適切な量を守って飲めば心配ないとされています。

それでも大人より身体が未熟なため、欧米では、エナジードリンクを未成年に飲ませることを規制する動きもあります。

エナジードリンクのカフェインと糖分は、脳を活性化してくれてます。

でも、それは元気の前借り、一時的にすぎません。あとで体はぐったり、頭がぼんやりすることもあります。

眠いということは、体が休みを欲しがっているサインです。無理に眠気を飛ばさずに、短時間でも眠りましょう。そのほうが、かえって体と頭はすっきりします。

近づく受験日、勉強も追い込みに入る時の味方は

受験日が近づくと、「寝てる時間が惜しい、頑張らなくちゃ」とさらにプレッシャーがかかります。

受験生の味方になるのが、マリエン薬局のバイタリティ用メディカルハーブドロップです。

疲れやストレスで凝り固まった神経や筋肉をときほぐし、やる気や活力を与えてくれるメディカルハーブ、マテ茶、バレリアンルート、ラベンダーなどのエキスが配合されていま

s_revitalWhite-03

ドロップは、砂糖・人工甘味料・添加物は不使用、ドロップ1個あたりのカロリーは約2キロカロリー。

ドロップに含まれるカフェインは1個あたり約1mg、緑茶1杯あたりに含まれるカフェインは約50mgなので、比較するとドロップに含まれるカフェインは、かなり少量です。

カフェインやカロリーの取り過ぎの心配なく、毎日使えるドロップです。

ただ、少量のカフェインとはいえ、念のため、使用は12歳以上からがおすすめです。

「勉強しなさい」よりも受験生の力になるのは

親は、ついつい子どもに「ちゃんと勉強しなさい!」と言いがちです。

でも「勉強をしなくちゃいけない」と、いちばん思っているのは子ども自身です。

言われたくない言葉をお母さんから言われるよりも、励ましの言葉が受験生のお子さんのやる気につながるはず。

そして、勉強中のおやつはジャンクなものよりも、体に優しくよい物をと考えるのは親心。

「よく頑張っているね」の言葉とともに、バイタリティ用メディカルハーブドロップを勉強中のおやつとして、お子さんに差し入れてみませんか。

合格というハッピーなニュースがご家族に訪れますよう、バイタリティ用メディカルハーブドロップは、頑張る受験生の集中力・やる気のお手伝いをします。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「バイタリティ用メディカルハーブドロップ」受験生の集中力・やる気をサポートする
バイタリティ用メディカルハーブドロップ

バイタリティ用メディカルハーブドロップ
はこちら>

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!