s_AdobeStock_275188547

子育ては24時間365日、毎日の家事もキリがありません。さらに仕事との両立は大変です。

仕事が忙しい時にかぎって、子どもが熱を出して学校から職場に連絡が入るという経験をしているママも多いと思います。

「家庭と仕事を両立したい」という気持ちが続くと

限りある時間の中、すべてをスムーズに完璧に毎日こなすのは無理があります。ましてや、子どものことを優先してしまい、ママは自分へのケアが後回しになりがちです。

いつのまにか心と体が疲弊してしまい、だるい・重い、やる気が出ないなど、日常生活に支障をきたすこともあります。

両立させなければ」という考えに縛られていると、視野が狭くなり、友達や家族からの支援の手を見逃してしまうこともあります。

「両立すべき」という考えは忘れて、「両立しなくても大丈夫」と、自分を追い込まないようにしましょう。短い時間でも自分だけの時間を作ることも大切です。

例えば、こんなリフレッシュ方法はいかがですか。

・ゆっくり入浴する
・ストレッチやヨガをする
・近所を散歩をする
・深呼吸する

s_A2-04_01

自分だけの時間を作るため、家族や友人、一時保育などの公的サポートに助けてもらいましょう。

それは、甘えやサボリではありません。再び子どもにエネルギーを注ぐための、元気の充電時間です。

自分にエネルギーがないと、子どもにも注ぐことはできません。

周りのサポートを受ける受援力も、子育てをする中でママの大事なスキルになります。

リフレッシュの後、子育て・家事・仕事に取り組む時には

リフレッシュして、「よし!また頑張るぞ」と思えた時には、気合いを入れるためにコーヒーや栄養ドリンクを飲むことがあるかもしれません。

マリエン薬局のバイタリティ用メディカルハーブドロップ も、やる気を後押しするアイテムです。

バイタリティ用メディカルハーブドロップには、疲れやストレスで凝り固まった神経や筋肉をときほぐし、やる気や活力を与えてくれるメディカルハーブ、マテ茶、バレリアンルート、ラベンダーなどのハーブエキスが配合されています。

s_revitalWhite-03

手間なく、思いついた時にポンと入れるだけの手軽さなので、手元に置いておくと便利です。

ママは家族の太陽、ママの代わりはいません。

ママが何でも抱え込むと、体調を崩してダウンしたときに、家のことが回らなくなってしまいます。

仕事は、職場の人がなんとかしてくれても、ママの代わりはいません。

ママが体調を崩してしまうと、子どもはママのことが心配になります。

心配かけたくないからと無理をすると、体調がますます悪くなるという悪循環に。

ママは家族の太陽。ママが元気だと、家族もハッピーな気持ちになれます。

バイタリティ用メディカルハーブドロップを、頑張るママの元気チャージドロップとしてご活用ください。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「バイタリティ用メディカルハーブドロップ」頑張るママの元気チャージ
バイタリティ用メディカルハーブドロップ

バイタリティ用メディカルハーブドロップ
はこちら>

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップより、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!