J1-04_084

マリエン薬局は、日本に店舗はなく、ドイツから直送する個人輸入スタイルのショップです。なぜ日本に店舗を置かず、個人輸入の形をとるのか、それには理由があります。

マリエン薬局って怪しいの?

ネットショッピングに慣れている方でも、個人輸入という形態のお店で初めて注文する時は、「怪しい
のでは・・・」と躊躇されるかもしれません。

マリエン薬局は、ドイツ、バイエルン地方にあります。1858年に創業し、約160年の歴史ある老舗です。自然療法が根付くドイツで、地元の人たちからとても愛されている薬局です。

ドイツには、日本の厚生労働省にあたる「ドイツ連邦保険庁」の中に、「コミッションE」と呼ばれる専門委員会があります。ハーブを医薬品として利用する場合の安全性や効果を協議する機関です。

「コミッションE」で認められ、医薬品に関する品質規格書であるEU・ドイツ薬局方の薬効・安全基準をクリアしたメディカルハーブをマリエン薬局では使っています。

ハイルプクラティカ(自然療法師)というドイツの国家資格保持者である専門家が生産から管理までをしています。

マリエン薬局の自然療法部門のオンラインショップのスタートは、2000年。薬局長の甥に嫁いだ日本人女性が出産したことがきっかけでした。

授乳・母乳育児ブレンドを飲んで、母乳トラブルがまったくなかったことから日本に住む友人や家族に紹介。クチコミで、知られるようになり、のべ18万人以上の方に愛されてきました。

日本に店舗をおかないのは

日本のお客様に受けられるようになったマリエン薬局。では、なぜ日本に店舗がないのでしょう。

日本での店舗販売となると、ある程度まとまった数を輸入し、在庫として保管することになります。

厳格な管理のもと、熟練のハイルプラクティカ(自然療法師)やブレンダーが心を込めてメディカルハーブティーを作っても、日本で在庫として置いておくと、時間が経つとどうしても酸化が進み、劣化してしまいがちで、最高レベルの品質のものをそのまま提供できないのです。

そのため、お客様の需要にあわせて生産し、品質管理をしっかりした商品をドイツから直接お客様のもとへお届けしたいと考えています。

一方で、日本のお客様が安心してお買い物しやすいように、日本語での充実したウェブサイトやメールサポートを行っています。

決済は日本円で行うことができ、PayPalやクレジットカードでの決済、そしてご購入の商品が発送されたらお届けまでショップが追跡を行うサービスを行うなど、日本にいながらも、安心して世界が認めるドイツ最高レベルの品質の商品をお楽しみいただけます。

リピーターやクチコミに支えられるマリエン薬局

また、リピーターやクチコミでお買い求めいただくお客様がとても多くいらっしゃるのも、マリエン薬局の特徴です。ご自身で体感されてみて、いい!と思ったものは大切な方やお友だちにお勧めしたくなりますよね。

「続けて使ってみたい」や「ぜひ、知り合いにも教えてあげたい」と思っていただけることは、マリエン薬局としても、とてもありがたく励みになります。

マリエン薬局では、赤ちゃん、妊婦さん、授乳中のママ、肌の敏感な方、更年期症状にお悩みの方など、ライフステージや症状・体調に合った商品をご用意しています。

ご自身のお悩みや生活スタイルに合ったものをどうぞ安心してお選びいただき、心も体も健やかな日々をお過ごしになりますように。

●関連記事
効かないマリエン薬局と効くマリエン薬局

ドイツ・メディカルハーブ専門「マリエン薬局」

マリエン薬局「サイトTOP」マリエン薬局商品

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、オンラインショップマリエン薬局ののみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!