C2_54iromis-min最近、日本でも精油を取り入れアロマオイルのケアを楽しむ人が増えました。自分のお気に入りの精油をたくさんのメーカーから選べるようになり、肌に直接塗るタイプのアロマオイルの種類も増えてきましたね。また、目的や症状別に処方されたものも多くあります。何をどう選んだらいいでしょう。

アロマの精油は、体内に直接取り込むことは一般的にNGとされています。肌に塗る時も、皮膚から成分が吸収されるので、一定の濃度に希釈しなくてはなりません。

この希釈するためのオイルを「キャリアオイル」と呼びますが、精油の成分をスムーズに体内に「運ぶ」ためのものという意味でキャリアという言葉が使われています。キャリアオイルで成分を包み込んで、体に害がないような形にして精油成分を取り込むのです。

体内に入った成分は血液に乗って全身をめぐっていくものだからこそ、その成分にはこだわりたいもの。まず精油そのものですが、やはり確かな薬効が認められたもので、肌にも体にもいい、高品質なものを選びたいものです。

そもそも、品質の高い精油は、希少価値の高い厳選された植物からほんのわずかしか採取できません。優れた精油には、たった1滴でも有効成分が凝縮して含まれています。

逆に、質の低い精油は、100%純正と記載されているものでも含有成分が基準値に達していなかったり、あるいは皆無だったりすることもあります。さらには香料や保存料などが含まれていることも。

そして、精油の有効成分をくまなく体内に取り入れるためのキャリアオイルも、高品質のものが求められます。肌にとって刺激が少なく優しいことはもちろん、さらに炎症を鎮静させたり、痛みを緩和したり、皮膚細胞の再生を促したりといった積極的な効果のあるオイルが理想です。

マリエン薬局のメディカルアロマオイルは、ドイツ・アロマセラピーの先駆者であるアンドレアス・ヘッセ氏により、使用する精油、キャリアオイル両方を厳選して使用しています。

元となる植物の生育条件はもちろんのこと、その精油やオイルを抽出する過程にまで目を向けて選び抜いています。精油はメディカルレベルの成分を使用。ドイツの薬局方の厳しい基準をクリアした有効成分をたっぷりと含有しています。

またキャリアオイルは、未精製のコールドプレスオイルを用いており、成分が損なわれていない生きたままのオイルを使っています。

マリエン薬局のメディカルアロマオイルは、たくさんのユーザーから「役に立った」という声が届いています。それは選び抜かれた原料だけを使用しているから。薬効成分も基準をクリアしたものだからこそなのです。

数ある中から選ぶなら、「いい匂いでなんとなく気分がよくなる」、のではなく、しっかりと効果を感じられるものを選びたいですね。マリエン薬局のメディカルアロマオイルのラインナップは、コチラからご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!