A4_233s-minハーブティーを飲むと、なんとなく気持ちが落ち着く、という方も多いですね。実はハーブの中には、なんとなくではなく、確かに気持ちを落ち着かせる成分を持つものがあることが、分析上わかっています。

食品や嗜好品としてのハーブではなく、医療品として扱われるハーブがヨーロッパにはあり、成分分析された結果をもって認定されたものだけが「メディカルハーブ」と呼ばれます。

その中でも、メンタルバランスを整えるハーブとしてよく用いられるのが、セントジョーンズワートです。うつ状態の落ち込んだ心を、明るくしてやる気を起こすため、「心の太陽」とも呼ばれています。

更年期や神経性疲労などによる軽度のうつ症状、冬場のうつ病などの季節性感情障害、体の回復期、オーバーワークや興奮状態の鎮静にも用いられます。

不安感をしずめ、緊張をほぐすため、入眠障害や眠りが浅い場合などの睡眠の質を上げていくことにも貢献します。

また慢性腰痛、頭痛、胃痛、心臓の痛みなど、心的疲労が影響している体の痛みにも有効です。偏頭痛、緊張性頭痛、PMSにもサポート的に使われます。

マリエン薬局には、このセントジョーンズワートを使用しているメディカルハーブティーがあります。どんな効果が期待されて使用されているか見てみましょう。

ライフサポートブレンドは、心身ともにバランスを保ち日々を健康的にしてくれるブレンドで、落ち込みがちなメンタルをサポートする役割も持っています。

リラックスブレンドは、ぐっすり眠れるようにサポートしてくれるブレンド。不安感を取り、興奮した神経をしずめてくれます。

禁煙ブレンドは、たばこを吸えないストレスを軽減してイライラをしずめます。

更年期対策ブレンドは、更年期特有のメンタルバランスの変化に対応して、イライラや気が立った状態をなだめてくれます。

また、マタニティブレンドにもセントジョーンズワートは使用されています。

セントジョーンズワートは通常、妊娠中や授乳中、小さいお子さんへの影響があるものとして使用に制限があると言われていますが、その点について、マリエン薬局の薬剤師でチーフブレンダ―のブリギッテ・シェレ自然療法師に解説してもらいました。

「セントジョーンズワートは、妊娠中に不安になりがちなメンタルをサポートするものとしてマタニティブレンドに配合しています。セントジョーンズワート単品を飲むのとは異なりますし、禁忌とされるのは単品で使用した場合か、非常に大量摂取した場合となっています。マタニティブレンドを正常な量で飲んでいただく分には、心配される影響はありません。マリエン薬局ではむしろ、ブレンドによる相乗効果でより安全にサポートできると考えています。」

日々のストレスに負けないための力を授けてくれる、セントジョーンズワートが配合されたマリエン薬局のメディカルハーブティーを効果的に取り入れて、精神の健康を取り戻すお役に立てますように。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!