jojobaoel-10s-min肌にはある程度の油分が必要です。油分というと、肌にとっては汚れを付着させるもの・毛穴をふさぐものといった「悪役」イメージがありそうですが、実は保湿した水分を逃がさないようにする膜としての役割があり、とても重要です。ただ、その油分の量や成分によっては肌になじまないものもあります。

そんな中でホホバオイルは、肌になじみのいい油分として非常に優秀です。肌を刺激することが少ないため、乾燥している肌から、アトピーなどのトラブルを起こしやすい敏感肌まで刺激することなくなじみやすいのです。また、頭皮も含めて、体のどの部分にも安心して使えるため、ボディケアやアロマテラピー療法などで最も重要なキャリアオイルとして用いられています。

この優秀なオイルは、空気に触れても酸化しにくいため、抗酸化剤や保存剤を添加しなくても長期間保存することが可能です。

また、黄色ブドウ球菌やにきびを引き起こすプロピオニバクテリウム・アクネスなどの細菌の繁殖を抑える性質を持つことから、肌トラブルにも有効とされています。乾燥肌から脂性肌まで、どんな肌タイプでも使用できるのです。

肌に与えた水分を蓋するようにキープしながらも、毛穴をふさぐようなことはありません。さらには皮脂の分泌量もコントロールする働きがあり、肌のアンチエイジングや乾燥肌をケアするのに効果があるオイルといえるでしょう。

このホホバオイルを使用しているのが、マリエン薬局のサンケアクリームSPF30ウォータープルーフタイプとフェイシャルケアシリーズ。フェイシャルケアシリーズではナイトクレンジング&モイスチャーミルク、ナイト&デイケアクリームに使われています。

特に注目したいのはサンケアクリームSPF30ウォータープルーフタイプ。一般的な紫外線対策アイテムは、肌が乾燥しやすいと感じられることが多いもの。ですが、ホホバオイルをはじめとする肌の潤いをキープする成分を豊富に使用しているため、サンケアクリームSPF30ウォータープルーフタイプを使うことで、かえってお肌がしっとりするという声も聞かれるほど。

ただでさえ、紫外線は肌の水分を破壊します。ホホバオイルは紫外線を跳ね返す力は持っていませんが、肌の水分を守ることでバリアとなって働きます。

マリエン薬局のフェイシャルケアシリーズ ナイトクレンジング&モイスチャーミルクでは、やさしい油分で汚れを包んで取り去る役割として、またナイト&デイケアクリームでは保湿成分として、ホホバオイルを採用しています。

肌にやさしく水分をキープするホホバオイルの恩恵、肌で実感してみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!