MS2016-3_P11-2-5s-min紫外線対策アイテムの中には、肌に入ってから化学反応で紫外線をブロックするので、肌に強いダメージを与え潤いを奪うるものが多くあります。でも、本来、シミやしわを予防するには肌の潤いが必須。紫外線ダメージを肌に蓄積させないことと同時に、「肌を修復する力」が大きく問われます。

ヒッポファンからとれるオイルは、その「肌を修復する力」に大きく貢献します。

ヒッポファンの原産地はヒマラヤ。高地の厳しい環境でも育つことができる、抵抗力の強いグミ科の植物で、木の枝に鈴なりに実を実らせます。

濃い黄色の実からとれるオイルには、肌細胞の構成要素でもあるパルミトレイン酸を多く含んでいるため、皮膚疾患の治療に使用されています。パルミトレイン酸だけでなく、オイルに含まれるさまざま成分の相互作用で、抗菌性、消炎性、鎮痛性を高める働きをし、肌細胞をよみがえらせます。

ヒッポファン果実オイルは、特に炎症や傷がある肌の治癒を促進します。そのことが、肌のアンチエイジングにも有効で、しわをのばす効果もあるとされています。また、にきびや加齢による肌の色素沈着(しみ)、湿疹などにも力を発揮するとされています。

実はこの肌への効果がすぐれたヒッポファン、一般的には免疫力を高める食材として果実は用いられています。ジュースやサプリメントなど食用にされることが多いですが、マリエン薬局では、この優れたオイルをコスメ製品に使用しています。

サンケアクリームSPF30ウォータープルーフタイプ紫外線ダメージリペアジェルトリートメントリップクリームなどに配合されていますが、いずれも紫外線による肌ダメージを修復することで、しみやしわの予防につながります。

ただし、食用にするものと異なるのは、その品質。

マリエン薬局では、ヨーロッパで管理された有機栽培のヒッポファンから、無酸素低温抽出法でオイルを抽出しています。抽出過程でできるだけ成分に負荷をかけず、有効成分の力を自然のまま残しているのが、マリエン薬局で使っているヒッポファン果実オイルなのです。

太古の時代からチベット、モンゴル、ロシアでさまざまな用途で用いられてきたヒッポファンオイル。

メディカルハーブのヒッポファンからとれた特別なオイルを使用したマリエン薬局の紫外線対策ケアアイテム、サンケアクリームSPF30ウォータープルーフタイプ紫外線ダメージリペアジェルトリートメントリップクリームで、紫外線から肌を守ってあげてください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!