オススメ記事

6月
28

熱中症対策の水分補給に、メディカルハーブティーがいい理由とは?

MS2017-2-15s-min

気温が高くなると、体は汗をかくことで体温を下げようとします。しかし、汗をかいて失われた水分を十分に補給できないと、熱中症からくる脱水症状になる心配があります。 夏の水分補給として、スポーツドリンク、経口補水液などがありま…

6月
15

夏風邪にかかる子・かからない子の違いは、○○力!病児保育に頼らず元気に過ごすには?

P_iStock_000011826261Smalls-min

三大夏風邪と呼ばれる手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱(咽頭結膜熱)。 原因となるウイルスは違いますが、のどが痛くて高熱が出るという主症状は共通しています。 夏風邪ウイルスには非常にたくさんの型があって、冬のインフルエン…

8月
22

そのだるさ、クーラー病かも。体の芯から治して楽になる方法は?

iStock_000039342058XXXLarges-min

つらい暑さが続く日々、日本の都心部では特に、冷房なしでは過ごすことができません。むしろ、無理して冷房を使わずに乗り切ろうとしたら、かえって熱中症が心配です。熱中症は、炎天下の屋外だけでなく、風通しの悪い室内でも起こります…

7月
12

危険!進行が速い子どもの熱中症。水分補給はお茶?水?スポーツドリンク?

P_iStock_000015174511XSmalls-min

アウトドアで過ごす時間が長くなると、暑い日に心配なのが子どもの熱中症です。 熱中症は、高温の中で過ごすことで、脳からの指令がにぶって体温調節がうまく働かなくなる状態。酸欠状態や吐き気などの症状があり、悪化すると命にもかか…

5月
31

とびひ、水いぼ、子どもの夏肌トラブルに、すぐできる&有効なケアって?

The child builds a sand castle on the beach toy shovel

夏、水遊びが大好きな子どもにとって、プールは楽しみですね。 でも、水いぼやとびひがあると保育園・幼稚園・学校でのプールは感染症を防ぐために入れなくなります。 しかも、とびひは、やっかいなことに、さわった手でほかの皮膚を触…

1月
10

長引く咳・のどの痛みの症状を、いつまで対症療法薬で抑えますか?体質改善して治す方法があります!

A2-13_04

のどの痛みや咳が止まらない時、高熱さえ出なければ、「このくらい」と思ってついがんばってしまうことはありませんか? でも、そのまま放置してがんばってしまうと、かえって悪化して長引くこともあるようです。 長引く「咳・のどの痛…

7月
12

オレンジの花1トンからたった1リットルしか採れない貴重な精油ネロリは香りがいいだけじゃない!

Neroli-1s-min

精油というと、香りによるなんとなくの効果というイメージがありませんか? でも、メディカルレベルのパワーを持つ精油には、いい香りという以上の実力があります。 その中でネロリという精油は、 「肌を改善する働き」を持つ精油とし…

6月
14

あせもはどんどん広がります。ステロイドなしで、ナチュラル成分ですっきり予防・改善するには?

iStock_000014345781Mediums-min

日本に住んでいる人で、あせもができたことがないという人は少ないのではないでしょうか。 そもそもあせもは、汗が出る汗管(かんかん)が大量の汗で詰まったことにより、皮膚表面まで出られなくなった汗が周辺の細胞組織に漏れ出して炎…

6月
21

スッキリさわやかなハーブの香りで暑い夏を快適に過ごす知恵

A4_218s-min

夏の暑さは、皮膚で感じる気温の高さだけではありません。実は五感全てで感じているのです。 また、暑さをクールダウンさせる方法は、エアコンを使って皮膚の表面から冷やすだけではありません。 照り付ける太陽を目で見て感じるからサ…

6月
22

肌じっとりシーズンは特別注意!毛穴汚れがひどくなる間違った洗顔法

Pflegegel-15s-min

汗ばむシーズンになると気になるのが、肌の毛穴汚れ。特に小鼻の周りがメイクするたびに気になる、ということはありませんか?ではなぜ、蒸し暑くなると特に毛穴汚れが目立つようになるのでしょうか。 暑くなると、皮脂が多く分泌される…