photo01朝晩だけでなく、急に気温が下がる季節。鼻水やくしゃみが出たら、風邪のひき始めかもしれません。ここで症状を食い止めて、ひどい風邪にならないようにしたいものですね。鼻のあたりにいる風邪ウイルスを体の深いところに入れないようにするにはどうしたらいいでしょう。

鼻の症状を早く止めたい時に便利なのが点鼻スプレーです。でも、一般的に使われいている点鼻スプレーは、鼻粘膜を乾燥させることによって鼻水を止めるものが多く、瞬間的に症状は治まったように見えても根治はできず、副作用のせいでかえって鼻粘膜に負担になっていること、お気づきですか?

鼻風邪の症状は確かに抑え込むことはできるかもしれませんが、根治はできないうえに、かえってのどがカラカラに乾いた状態が不快に感じることも。また、鼻粘膜の血管を一時的に収縮させるため、薬効が切れた瞬間に再びリバウンドして炎症が増し、かえって鼻が詰まりやすいということが起こったりします。

そんな鼻水や鼻詰まりといった症状を、根本から解消していく点鼻薬があります。マリエン薬局のIRIS7鼻かぜ用ナチュラル点鼻スプレーです。

風邪などの感染症が原因の鼻症状を、ムコールバリアンスエキスが細胞レベルに働きかけておだやかに改善します。それだけではなく、ペニシリウムルーベンスが免疫力を向上させ、風邪予防もする点鼻スプレーなのです。

ムコールバリアンスエキスとペニシリウムルーベンスエキスは、微生物が発酵する際にできる天然由来成分です。エキスは、ドイツ政府承認の微生物細胞培養リソースセンターから調達・使用、毒性・変異原性などの検査をクリアしています。体に負担になる成分は一切なしのナチュラル処方。だから、マリエン薬局のIRIS7鼻かぜ用ナチュラル点鼻スプレーは長期間にわたって使用しても、副作用などの心配もありません。

こんな方にぜひ使ってほしい点鼻薬です。

・ 鼻風邪をひきやすく、鼻水、くしゃみ、鼻詰まりの症状で困っている
・ お子さんが鼻風邪をひきやすく、鼻水、くしゃみ、鼻詰まりの症状で困っている
・ 一般的な点鼻薬は、口の中まで乾いて困っている
・ 鼻の下が荒れるので鼻を頻繁にかみたくない
・ 副鼻腔炎になりやすい
・ 鼻水がおさまっても後鼻漏で咳が出て、いつまでも風邪症状が治らない
・ 一般的な点鼻薬は、あとで変な味がしたり匂いが気になる
・ 疲れているのに休みがとれず、風邪をひきやすい方の予防
・ 医療機関のスタッフ、教師など、子どもと関わる職種の方の感染予防

鼻水が出始めたというタイミングでも使うことができ、ひどく体調を崩すことがなく過ごせるのが、ナチュラルケアのいいところ。 鼻風邪をひくと副鼻腔炎になりやすく、さらに長引くことがある方にも、ぜひお試しいただきたいマリエン薬局のIRIS7鼻かぜ用ナチュラル点鼻スプレーです。

●関連記事
点鼻薬で、鼻風邪の予防までできるって、ほんと?

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「IRIS7鼻かぜ用ナチュラル点鼻スプレー」鼻風邪をひきやすい体質を改善・予防、鼻の中をいつも快適にする点鼻スプレーなら
IRIS7鼻かぜ用ナチュラル点鼻スプレー

【期間延長】2018/10/31まで、初めてご購入の商品に限り、全品30日間返金保証付き
※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!