AdobeStock_201160878

冬空の下でも元気に遊ぶ子どもたちは、見ているこちらまで元気になりそうですね。

でもついつい、「ほらちゃんとマスクして」「寒くないように上着を着て!」と声をかけたくなります。

早めにケアしたい子どもの咳

子どもたちは、少しくらい空咳をしていても、多少のどが痛くても、あまり気にしません。

症状が悪化した時になってようやく痛みをうったえることが多く、ほんとうは初期症状のうちに手当てしてあげたいのに、なかなかできなかったりします。

そんなのどの軽い痛みや、空咳をしている段階で風邪対策ができたら。のど飴はそんな時の強い味方です。

のどを潤すことは、のどの入り口付近にいるウイルスや菌が気管に入り込み、風邪をこじらせないための対策となります。

ところが、一般的なのど飴にはかなりの砂糖が含まれていることが多いもの。

風邪対策も必要だけれど、虫歯になってしまったら、と心配になりますよね。

砂糖不使用ののど飴

マリエン薬局の咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップは砂糖不使用。

甘みとして使っている原料は、全て天然の植物由来、そして甘み成分としてはマルチトール、ソルビトール、ステビアといった虫歯になりにくい天然の糖分のみを使用しています。

K1-04_13

さらに、配合しているメディカルハーブの自然な甘みとあいまって、おいしさが構成されています。

のど粘膜をうるおし、咳などつらい症状をラクにするハーブエキスが凝縮している咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップ。

ハーブの独特な味ですが、味にはまってしまうお子さまも。最初は味にとまどっても、何回かなめているうちに「あの飴ちょうだい!」とお母さんにおねだりするくらいになるようです。

(沖縄県  ゆか様)
家族そろって愛用中です。6歳4歳の子どもたちは最初は味が珍しかったのか、食べれなかったのですが、2~3回目にはもう1つちょうだいと、美味しく食べながら喉をいたわっています。市販ののどあめは虫歯にならないかも気になりますが、こちらは安心して与える事ができます。持ち歩きしやすい点もとても気に入ってます。これからもお世話になり続けますのでよろしくお願いいたします。

お菓子感覚だけど砂糖の取り過ぎの心配がない、子どもののどケアができる咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップ、お手元に置いておくと安心です。

●関連記事
お湯いらずの「なめる」メディカルハーブティーが誕生した秘話

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップ」乾燥する季節、砂糖ゼロのドロップなら
咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップ

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!