済J5_129冬に活動が活発になるのが、ノロウイルスやロタウイルスなど、胃腸炎を起こすウイルスたち。

嘔吐や下痢が続いて何も食べられなくなったり、それにプラスして高熱も出たり、胃腸風邪のひどい症状は本当につらいですよね。

こうしたウイルスによる胃腸トラブルは、感染してもひどい症状が出る人と、軽く済む人に分かれます。

これはどういう違いでしょうか。
もちろん、まずはウイルスに感染しない免疫力の強さも大切です。

もう一つ大切なことは、基本的に胃腸が健康かどうか。
胃酸が適正に分泌され、胃の粘膜が健康であること、腸も活発に動き、ふだんから下痢や便秘をしていないこと。

胃の働きにはメンタルストレスも大きく影響しますから、心も健康でなくてはなりません。

胃腸の調子が特別悪くないのに薬を飲むのはおかしなもの。

では、どうやって胃腸炎を予防して、胃腸が丈夫になるように改善したらいいでしょうか。

もともと胃腸がとても弱くたびたび胃腸炎や消化不良を起こしてました。よく気持ち悪くもなるのですが、毎日マリエン薬局の胃腸ブレンド水がわりに飲んで1か月、 大きな胃腸障害を起こしていません。 たまに胃腸が気持ち悪くなりかけたりしましたが、このお茶を飲むと楽になります。胃腸は大事な部分なので今よりどんどん丈夫になり子作りができる体を目指します。」(神奈川県  上野 恵様)

マリエン薬局の胃腸ブレンドはメディカルハーブティーで、胃腸の働きを整える方法があります。

普段の水分代わりに、お茶を飲むだけなので、ストレスもありません。
もちろん、副作用などの悪影響も心配ありません。

胃腸の働きを整え、消化液の分泌を促すのは、ヤロー、ペパーミント、キャラウェイ、フェンネル、メリッサに、粘膜を保護するカモミールをプラス。

スッキリした味わいで、胃腸の健康をキープします。

胃腸の働きの体質改善もできますが、いざという症状が出たときにも活躍します。

「ウイルス性の胃腸炎は、子どもも一緒に食べたり外出したりしてるのですが、 いつもだいたい胃腸が弱い自分が先に発症 します。その時点で子どもにもマリエン薬局の胃腸ブレンドを飲ませています。 そうすると 軽いタイプだと子ども本人は自覚ないままに過ごせます。 」(沖縄県  T.K様)

また、本格的にウイルスの感染による症状が進んでしまったら、お茶も飲めなくなることもありますが、そんな時には胃腸用アロマオイルでマッサージしたり、胃腸用レメディウムを舐めて、ひとまず症状を落ち着かせてから水分補給するという方法も。

予防にも、症状の改善にも、自然療法アイテムをうまく使って、胃腸を丈夫にキープしてくださいね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!