夏の暑さが続くと、どんなに規則正しい生活をしようと思っても、思うようにいかなくなることがありますね。規則正しい食事、早寝早起きといった生活リズムを整えたくても、食事時間におなかが空かない、夜寝苦しくて眠れない、朝はスッキリ起きられない、こうしたことが続くと夏バテになります。

長く続く暑さからの残暑バテには、睡眠で対策!

woman_sleeps-min日本の真夏日(最高気温30℃以上の日)・夏日(同じく25度以上の日)は秋口以降も長く続く傾向があり、夏バテが解消できないまま「残暑バテ」になる可能性もあります。残暑バテが続くと本格的に自律神経も乱れて、免疫力が落ち、秋の急に涼しくなった時に風邪をひきやすくなるといった悪い傾向に陥りやすくなります。

この残暑バテを防ぐカギは、睡眠にあります。睡眠は心身ともに疲れをリセットすること。日中の疲れをその日のうちに解消できれば、暑さが続いてもバテることはないでしょう。

でも、熱帯夜だけが原因ではなく、日中の冷房と屋外の寒暖差や、冷たいものを飲んだり食べたりしすぎることで、自律神経が乱れると、寝つきも悪くなるし睡眠も浅くなります。

自律神経の乱れから、交感神経と副交感神経のスイッチ変換がうまくできなくなってしまい、体は疲れているのに頭が冴えて眠れないということが起こるからです。

質のいい睡眠を得るために、今からできること

副交感神経が優位になると眠くなるものですが、これは心身ともにリラックスした状態です。寝る前にリラックスした状態になるためには、いくつか方法があります。

部屋を暗くしてスマホやテレビなどの発光するデバイスをオフにすること、消化の悪いものを寝る直前に食べないこと、湯船に浸かってリラックスすることなどが挙げられます。

このうち、湯船に浸かってリラックスは、クーラー病対策のためにもしたいことではありますが、湯上りの汗がべたつくのがいやで入浴が億劫になり、ますます寝支度が遅くなるということも。また、体の芯は冷えたままで、体の表面だけを温めてもリラックスにはつながらないこともあります。

そんな時には、マリエン薬局のリラックスブレンドが心身の緊張を解きほぐし、安眠へ導きます。リラックス作用に優れたラベンダー、イライラや緊張を鎮めるメリッサとパッションフラワー、疲労回復のハイビスカスなどが配合されています。

夏は水出しにすることで飲みやすい温度にもなるし、余計な酸も出にくくなるため胃腸にさらにやさしくなります。ぐっすり眠ることで、翌日に疲れを持ち越さず、すっきりとした目覚めをもたらします。

さらに、湯上りには、マリエン薬局の塗るメディカルアロマオイル、不眠用アロマオイルを。こめかみや首筋などを軽くもみほぐしながらオイルマッサージすることで、香りの成分とともに、ラベンダー、ローズゼラニウム、メリッサ、ローズウッドが持つメディカルレベルのリラックス成分が浸透し、自然な眠気を誘います。

特にメリッサは、メンタルバランスに作用するアロマオイルとして知られています。こうした精油の働きにより、寝つきがよくなり眠りが深くなるのです。

厳しい残暑が続く中、リラックスブレンド不眠用アロマオイルで、質のいい睡眠をとれる体にしましょう。日々の疲れを毎晩リフレッシュすれば、残暑バテ知らずで過ごせますね。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!