Young woman sitting on couch and blowing nose花粉症がつらい季節、鼻水が出ることや、目のかゆみ自体もつらいですが、こうした主症状に伴って起こる肌荒れも気になりませんか?

花粉によるアレルギー症状の、まさに二次災害的に起こるとも考えられますが、花粉症による肌荒れは「花粉皮膚炎」とも呼ばれ、単なる肌荒れでは済まされない症状なのです。

花粉皮膚炎とはどんな状態?

この花粉皮膚炎は、花粉症の症状によって傷つけられた皮膚の炎症のこと。

たとえば鼻のかみすぎで鼻の下が荒れてしまったり、かゆみで目をこすって、目の周りが赤くなったりしたことはありませんか?

肌が荒れたり赤くなったりしているということは、肌のバリア機能が壊れているというサインです。

バリアが壊れた部分から、花粉が入り込んでさらに炎症を起こす、これが花粉皮膚炎です。

鼻の下や目の周りだけでなく、空気の乾燥や強い風によって肌のバリア機能が壊されると、特に触っていない部分でも花粉皮膚炎は起こります。

本来の健康な肌、バリア機能が整った肌は、一番上層部には潤いを中にしっかりキープした肌細胞が、隙間なくぴっちり積み重なった状態です。

ここが、鼻をかんだり、目をこすったりすることで破壊された状態になると、肌には目には見えなくても細かい亀裂がたくさん入った状態になります。

亀裂による隙間から、花粉などのアレルゲンが入り込み、さらに炎症を起こしてしまう、というわけです。

ひび割れた肌には、花粉だけでなく鼻水や涙の塩分も刺激となって、さらに荒れてしまうということも起こります。

粘膜に近い部分の肌荒れ、どう対策したらいい?

花粉皮膚炎を起こしやすいのは、どうしても鼻や目の近く。
粘膜に近く、ただでさえ、体のほかの部分よりも薄くてデリケートな部分です。

通常は、やわらかいティッシュを使ったり、こまめに保湿したりといったケア。

でも、保湿するにも、ふつうの保湿剤では、添加物がしみたり、かえって刺激となったりすることがあります。

ただのワセリンなどで保護するという方法もありますが、油分だけのワセリンでは、毛穴や汗腺などもふさぐことになり、肌表面の肌呼吸もしづらくなります。

肌の表面をピッタリふさいでしまうと、皮膚の再生力にも影響を及ぼします。

肌のバリア機能は、水分と皮脂がバランスよく保たれてこそ可能になります。

バリア機能を守ることが、荒れたり炎症を起こした肌細胞を再生することにもつながります。

MS2018-1-A1-PremiumRescue-6s-min肌バリアの保護役となる保湿剤は、

・水分と油分のバランスがいいこと
・肌の負担となる化学合成の添加物が使われていないこと
・肌細胞を再生させる力を持っていること

などが理想的な条件となります。

添加物がなく、ナチュラル成分から作られている保湿効果のあるスキンケア剤を使うことが、花粉皮膚炎から肌を救済する手段となるのです。

そんな安心して使えるスキンケアクリームをいつも手元に置いて、花粉症の二次災害、解決していきましょう。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

ドイツのメディカルハーブ薬ならマリエン薬局

※自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!