「アレルギー」タグが付いた記事一覧

7月
12

赤ちゃんに使っているそのかゆみ止めの薬、ステロイド不使用なら使い続けて大丈夫?

pixta_20540171_L+s-min

肌がデリケートな赤ちゃんや小さな子ども、蚊に刺される季節はお母さんは油断ができません。かゆいことはもちろん、蚊に刺されたあとが腫れたりなかなか治らなかったり、かいてしまった場合は跡が残ってしまったり。 そう、一番怖いのは…

3月
29

アトピー体質改善には、腸内フローラ整備が近道

Immunpower_B1_eating_6s-min

アトピー性皮膚炎が起こるのは、もともと持っているアトピー体質(アレルギー体質とも)を持っている場合、皮膚への刺激が原因で起こると言われています。 アトピー性皮膚炎をはじめ、ぜんそくやじんましんなどの症状は、外部からの刺激…

3月
22

アトピー改善はデトックスがカギ 根本的な毒素を排出できる方法って?

iStock_000040254706Mediums-min

アトピー性皮膚炎や、季節の変わり目などに肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすい場合、その解決策としてスキンケアに気遣うことは最優先事項。 でも、外側からのケアだけでなく、体の内側からのケアが大切なことも感じていることでしょ…

2月
15

「花粉皮膚炎」の対策は? 鼻の下、目のまわり、花粉症のかゆみでこすって肌荒れ注意報!

Young woman sitting on couch and blowing nose

花粉症がつらい季節、鼻水が出ることや、目のかゆみ自体もつらいですが、こうした主症状に伴って起こる肌荒れも気になりませんか? 花粉によるアレルギー症状の、まさに二次災害的に起こるとも考えられますが、花粉症による肌荒れは「花…

1月
17

苦い、ツンとくる、副作用が心配、でも手放せない・・・つらい慢性のアレルギー性鼻炎、お使いの点鼻薬に満足していますか?

photo01

風邪ではないのに、くしゃみや鼻水が出たり鼻がつまる。 それは「アレルギー性鼻炎」かもしれません。鼻炎になると、とにかく不快!集中力が欠けて、仕事や勉強に差し支えますよね。症状がひどくなると頭痛や顔面痛をともなうこともあり…

11月
10

子どものアレルギーを改善するなら、カギは「腸内フローラ」。菌活が体質を変える⁉

The child builds a sand castle on the beach toy shovel

花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギーによって引き起こされるさまざまな症状が起こる年齢は、年々低くなっているといわれています。中には2歳で花粉症を発症するケースも。 親としては、できるだけ子どもにはつらい思いをさせたく…

10月
5

風邪と花粉症、原因が異なる鼻炎に、同じ点鼻薬でいいの?

B5-06_15

鼻水やくしゃみ、鼻づまり、慢性的な副鼻腔炎など、鼻炎の症状の対策として、よく使われるのが点鼻薬。 鼻の穴の中の患部に向けてシュッとスプレーして、炎症を直接抑えて改善します。 でも、一般的な点鼻スプレーは、慢性症状にはあま…

8月
19

風邪ひいた?そのくしゃみ、もしかしたら秋の花粉症かも?

Iris-Nasal7-R_F2-4-min

夏から秋の季節の変わり目は、急に気温が下がったりすることもあって、風邪がはやります。鼻水やくしゃみが出るのは、ウイルス性の風邪というよりも、体が冷えて抵抗力が落ちることで起こる風邪症状が多いようです。 でも、この時期、風…

7月
14

体を傷つける酸素を発生させる有害重金属。特に注意が必要な三大重金属とは?

L1-01_028

知らず知らずのうちに体内に蓄積して、体に害を及ぼす有害重金属。その「害」とはいったいどのように発生するのでしょう。 有害重金属が体内にたまると、体の中に「フリーラジカル」が発生します。耳なじみのない言葉ですが、これは体を…

3月
18

お子さんの花粉症やアレルギー、薬で治療する? 自宅でも対策できる方法があります!

J5_113

年々、低年齢化する花粉症の発症率。薬でのケアが必要なこともありますが、ほとんどが対症療法的な薬だとすると、お子さんのこれからの長い人生を考えたとき、できるだけ負担の少ない方法で、しかも体質も変えていくような方法がとれたら…