「乾燥」タグが付いた記事一覧

9月
4

肌荒れ、かゆみ。肌が乾燥するシーズンに、保湿から一歩進んだ対策、万全ですか?

31010_PremiumRescueCreme-6s

空気が乾燥すると、肌も乾燥します。これは、皮脂だけでは肌のバリア機能を保てず、乾燥して委縮した肌細胞の隙間から、どんどん潤いが逃げてしまうため。こうなると、ちょっとした刺激にも肌は敏感になってかゆみが出たり、肌が荒れてし…

1月
31

冬こそ脱水症状に気をつけて! 正しい水分補給には何を選ぶのが正解?

A3_130

冬は夏よりも、水分補給を忘れがちです。 夏の冷たい水はガブガブ飲むけれど、冬の温かい飲み物は少量をゆっくり飲むことが多い、ということもありますが、そもそものどがあまり渇かないということも原因としてありそうです。 冬でも水…

1月
13

そのリップクリームの成分、大丈夫?無意識になめてしまうからこそ、知っておきたいこと

E3-07_06s

唇の皮膚は、ほかの部分よりも薄い分、空気の乾燥に敏感です。 乾いているとつい唇をなめたくなりますが、蒸発によってかえって乾燥してもっとガサガサになってしまいますね。 そこで、保湿のためにリップクリームが必需品となるわけで…

12月
1

空気の乾燥+冬晴れの紫外線で、じわじわ進行するシミ・シワにご注意!

Mirror reflection of a beautiful young woman with clean and soft skin smiling

空気が乾燥してくると、肌の乾燥も気になって、室内ではできるだけ加湿器などで肌を表面からも潤したくなりますね。肌にいい湿度は65~75%と言われています。冬の乾燥した空気は、湿度50%以下になるため、これはもう肌にとっては…

9月
30

マスクだけじゃ守りきれないのどの乾燥・痛み、咳。一歩進んだ対策は?

photo01

空気が一気に乾燥する季節に気になるのは、のどの乾燥。イガイガしたり、から咳が出たりといったことでしょう。特に人ごみに出かける時には、乾燥したのどから風邪をひいてしまうんじゃないかと心配になりますね。 外出時の咳やのどのト…

9月
9

乾燥肌・肌荒れ対策は表面を濡らしただけでは間に合わない!肌の「基底層」から保湿するには?

Close-up of beautiful face. On yellow background

肌は、乾燥したままにしておくとさまざまな肌トラブルの原因となります。赤み、かゆみ、肌荒れはもちろん、湿疹や吹き出物ができたり、皮膚炎になったり。これは、肌細胞が乾燥してひび割れ、保護バリアの機能が落ちてしまうから。 その…

8月
24

乾燥したダメージ肌は、朝の洗顔方法から見直し。スッキリなのにもっちり肌になる保湿洗顔が新しい!

iStock_000083161117_Full

どんなにいい化粧水や保湿クリームを使っても、なかなか乾燥肌や肌トラブルが解決しないという場合、朝の保湿前の「洗顔方法」から見直す必要があるかもしれません。 肌の表面には、バリア機能としての皮脂が必要ですが、皮脂が多すぎる…

8月
18

コスメジプシーを卒業した先人たちがたどり着いた、あまりにも優秀すぎる化粧下地とは?

SPF30-3s

基礎化粧品は、肌をつくるための最も大切な化粧品。その中でも、大人の女性にとって、長い時間肌に密着させている「化粧下地」は、肌の上に厚塗りの層をつくりたくない人にとっても、選ぶのには慎重にならざるをえません。 口コミや宣伝…

5月
11

アウトドアを楽しむ季節に必携!すり傷ケアもできるスキンケアクリームって?

E2_73

アウトドアシーズンと呼ばれる初夏のさわやかな気候は、実は空気が乾燥しているからこそ「さわやか」と感じます。 でも、このさわやかさ=空気の乾燥は、実は肌にとってはうれしくないもの。 表皮の細胞の水分が奪われることで、肌のバ…

5月
10

肌荒れを繰りかえす敏感肌が、手放せなくなる基礎化粧品の条件とは?

Woman in the bathroom with a towel on her head

敏感肌の女性にとって、自分の肌にいい基礎化粧品と出会うことは、とても大切なこと。肌荒れ、乾燥によるカサカサ、かゆみ、赤みを起こすことがなく、いつでも安心して使える化粧品。それは大事なパートナーのような存在でしょう。 たく…