unspecified毎月の生理、周期的にきていますか? 半月くらいですぐきてしまってめんどうくさい、1ヶ月半以上あいてしまって、いつくるかさっぱりわからない、そんなことはありませんか?

しょっちゅう生理になるのは頻発月経といって、周期が24日以下の場合。間がすごくあいてしまうのは稀発月経といって、周期が39日以上という定義があります。こんな状態になると、「いつ生理になるかわからない」と、いつもドキドキしたり、どうせ来ないから、と放っておきがちになるもの。

でも、本来、生理周期は25日~35日の間で一定しているのが、健康な状態です。閉経に近い更年期や、まだ生理がスタートしたばかりの思春期でもないのに、こんな状態だったら要注意です。

もし、この生理周期の乱れ・生理不順をほうっておくとどうなってしまうのでしょう。生理がこないということは、卵巣や子宮がうまく働いていないことを意味します。

間が空く稀発月経の場合は特に、排卵していない可能性が高いのです。3ヶ月以上ほうっておくことにより、「続発性無月経」になって妊娠できない可能性も高くなります。また、婦人科系の病気を見逃している可能性もあります。痛みなどの強い症状がなくても、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、子宮がんなどの病気がひそんでいる場合もあります。

こうした病気が原因でなくても、体と心がかなりのストレスを受けていると、生理不順は起こります。生理は、子宮と卵巣の働きだけで起きているのではありません。脳の視床下部から分泌する女性ホルモンの働きによって起こっています。脳の働きですから、メンタルストレスの影響も大きく受けます。また、過度のダイエットや過労など、体の極端なストレスも、子宮や卵巣の働きに大きな影響を与えます。

つまり、生理周期の乱れは、心身ともにストレスのバロメーターとなるもの。だから、ほうっておいてはいけないのです。それでは、どう対処したらいいでしょう。

しっかり休養をとり、栄養バランスのいい食事をすること、メンタルストレスをなくすこと。健康のための基本的なことばかりですね。もう一つは、女性ホルモンの分泌を助けることです。

一般的な女性ホルモンバランスの改善、補充という方法としては、ピルがあります。人工的に生成された女性ホルモンを経口で取り入れるという方法です。ただ、個人差はありますが、むくみや体重増加、吐き気などの副作用が強く出る場合もあります。

この女性ホルモン分泌をケミカルな方法ではなく、正常に働かせるためにハーブティーを飲む、という方法があります。レディースマントルというハーブは、女性の体を守るハーブとして古くからヨーロッパで珍重されてきました。このレディースマントルを始め、女性ホルモンを整えたり、メンタルストレスを楽にするようなメディカルハーブをブレンドしたのが、マリエン薬局のメディカルハーブティー、ウーマンブレンドです。

メディカルハーブとは、嗜好品としてのハーブとは違い、医薬品レベルの効果が期待される成分基準をクリアしたハーブ。EUやドイツの薬局方の厳しい基準をクリアするには、オーガニックであることはもちろん、成分分析結果、さらに品質管理の質まで問われ、まさに「薬草」と呼べるもの。

マリエン薬局のウーマンブレンドは、メディカルハーブティーだからこその薬効で、生理周期を整える手伝いをしていきます。

生理周期をナチュラルに整えて、気分よく毎日を過ごしませんか? ウーマンブレンドについて詳しくは商品ページをご覧ください。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!