P_iStock_000017444377Smalls-min女性は誰でも、閉経の直前に「更年期」を迎えます。

これは、「思春期」「妊娠期」と同じように使われる、その期間の名称です。

女性ホルモンは一生を通じてその分泌量が変わります。
ホルモン分泌のラストスパートともいえる閉経前には、その分泌量が急激に減り、この影響でさまざまな症状が出ると、「更年期障害」と呼びます。

男性の場合は、男性ホルモンは徐々に減っていくので、大きな体調変化はあまりないのが一般的ですが、女性の場合は、この減り方が急激。

女性ホルモンのバランスが急激に変化すると体調にさまざまな影響が出てしまう、その状態が「更年期障害」というわけなのです。

更年期障害の症状は、それまでの生理の違いのように個人差が大きいもの

この更年期障害、どのような症状があるでしょうか。
代表的なところを並べてみましょう。

ホットフラッシュ、のぼせ
汗っかきになる
眠れない、眠りが浅い
むくみ
体重増加
食欲減退
肌荒れが進む
イライラ
気持ちが滅入る

これらの症状はいっぺんに出るわけではありません。

また、症状の出方も、つわりが重い人・軽い人、生理痛がひどい人・それほど感じない人、PMSがつらい人・特に感じない人があるのと同じく、個人差が大きいものです。

それは、もともとのホルモン分泌の状態にもよるし、ホルモン分泌がどのくらい急激に減るかにもよります。

また、ホルモン分泌の急変に耐えられる健康状態かといったことも関係があるようです。

スローエイジングケアをナチュラルに実現するのがメディカルハーブティー

できれば、こうした更年期障害の症状とは無縁に、穏やかに更年期を迎えたいものです。

急激にホルモン分泌が減る分を補って、閉経までをソフトランディングさせるという発想から生まれたのが、ピルによるホルモン補充療法です。

でも、副作用が起こることがあったり、血圧を上げてしまうことがあったりと、ハードルが高いものでもあります。

MS2017-I-24s-minもっと手軽に閉経までの時間を穏やかに過ごすことができるのが、マリエン薬局の更年期対策ブレンド

更年期のさまざまな症状に対応するメディカルハーブがブレンドされています。

多汗やほてりを抑えるセージ
血行をよくして体調を整えるホーソン
メンタル面をサポートするセントジョーンズワート
理由のない焦りを落ち着かせるホップフラワー

こうしたメディカルハーブが更年期の女性の心と体を楽にするバランスで配合されています。

急激に変化するホルモン分泌を不自然に変えることはできません。

でも、そこから起こるトラブルは、ナチュラルに解消していけば、更年期はこわくありません。

時間に対抗(アンチ)するのではなく、ゆるやかに過ごしていくスローエイジングケアのひとつとして、更年期対策ブレンドを試してみませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!