Mirror reflection of a beautiful young woman with clean and soft skin smilingニキビや吹き出物が気になる時、毛穴もなんだか大きく開いているみたいで、鏡を見るのが憂うつ。

そんな時、まずはよごれや皮脂をしっかり落とさなくては、と思うあまり、朝から石鹸の泡でしっかり洗顔している、ということはありませんか?

健康な皮脂は肌を守ってくれるバリアです。
肌の表面が乾燥してしまうと、肌細胞間に隙間ができ、そこから刺激となるほこりや汚れ、時にはウイルスや菌などが入り込んでしまいます。

肌の一番表面の角層の細胞そのものが潤ってふっくらして、隙間がない状態になっていることが理想の肌。

その角層がキープしている水分が蒸発してしまわないように保護しているのが、健康な皮脂なのです。

ところが、この皮脂はほうっておくと、汚れが付着する原因に。
こうなると、やはり肌は汚れや菌などと密着することになってしまいます。

汚れと皮脂がくっついて毛穴をふさぐことで、ニキビや吹き出物は発生します。

特に朝は、夜寝ている間の新陳代謝で、皮膚の表面にいらなくなった角質が浮上し、不要になった皮脂と絡まった状態になっています。

これはいくら外気による汚れがないとはいえ、水やぬるま湯だけでは落とすことができません。

石鹸による泡洗顔でこの皮脂を落としすぎた場合、洗い上がった肌は乾燥でつっぱるので、たくさんのスキンケアを塗って肌を守ろうとすることになりますが、外から与えられるほど、肌は「もっと皮脂を分泌しなくては」と判断して皮脂分泌量が増え、ますますニキビができやすい肌になる、という悪循環が起こります。

bio-wash_data01だから、汚れはしっかり落とす、でも清潔で必要な皮脂は残すことが、朝洗顔の正解です。

その方法がマリエン薬局の天然ジェル洗顔ビオウォッシュによる洗顔。

一般的な泡洗顔、水洗顔とのメリットデメリットの比較も見てみましょう。

このように、潤いを残してサッパリするだけでなく、肌のターンオーバーを整え、スキンケアの浸透も助けるのがマリエン薬局の天然ジェル洗顔ビオウォッシュによる洗顔なのです。

乾きすぎた肌に保湿化粧品を塗り過ぎると、浸透しきれなかった成分が肌の表面に浮いて残った状態になります。

これがメイクのよれやにじみの原因になり、メイクにますます時間がかかってしまうことにもつながります。

ビオウォッシュは、界面活性剤を使いません。

主成分のワイルドローズオイルが肌から余計な皮脂を離しつつ、必要な潤いを残し、ラベンダー精油の清浄作用で肌をスッキリと整えます。

ニキビや吹き出物ができにくい、毛穴もきゅっと引き締まった健康肌を作るのは洗顔です。

今日からマリエン薬局のビオウォッシュ洗顔、始めませんか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!