夏は肌にとっては過酷な季節です。強い紫外線、暑さやエアコンによる乾燥、汗による刺激、肌は日々闘っているといってもいいでしょう。闘い続けた夏も後半、残暑になると、紫外線のダメージが蓄積し始め、乾燥肌が止まらない!ということも起こります。

紫外線によるダメージ 酸化による影響は?

P_iStock_000015020277XSmalls-min肌を乾燥から守るためには、化粧水で保湿して、乳液やクリームで水分が逃げないようにカバーして、さらに肌に栄養を与える美容液を塗り…と多層構造でスキンケアアイテムを投入したくなります。でも、夏の暑い時に、まるで重ね着をするようなスキンケアは、暑苦しく感じる上に、汗で流れてしまうと効果が実感できなくなります。

夏の肌の敵のうち、特に紫外線は肌細胞にダメージを与えます。太陽光に当たった瞬間に肌細胞の中では酸化が起こります。酸化が起こった細胞では、細胞内の水分をキープすることが難しくなります。肌の表面が、水分を失った細胞で覆われるということは、肌のバリア機能が失われるということ。こうしてシミやシワ、炎症の原因となります。

そんな状態の肌に、スキンケアアイテムを何種類も塗り重ねてもうまく吸収することはできません。シンプルなスキンケアこそ、健やかな肌をよみがえらせることができます。その方法をご紹介しましょう。

肌のバリア機能を壊さない洗顔方法って?

まずは、肌のバリア機能をそれ以上損なわないような洗顔をしましょう。泡で必要以上に皮脂を取り去ってしまったり、逆に水だけの洗顔で汚れが残ってしまっては、肌のバリア機能は高まりません。マリエン薬局のビオウォッシュなら、肌を守りながら、汚れを落としてさっぱりと洗い上げます。さらにそのあとにつける化粧水などの保湿スキンケアアイテムの吸収をアップしてくれます。

洗顔後は、フェイシャルケアシリーズのコンディショニングウォーターで保湿、ナイト&デイケアクリームで水分が逃げないように保護します。そして、外出時にはサンケアクリームSPF30ウォータープルーフタイプで紫外線カットを。

帰宅したら、やはり潤いを逃さずに洗えるフェイシャルケアシリーズ ナイトクレンジング&モイスチャーミルクでしっとり洗顔。再びフェイシャルケアシリーズのコンディショニングウォーターで保湿したあと、紫外線対策の隙間から忍び込んでしまったダメージを、紫外線ダメージリペアジェルで修復します。

暑さで乾燥した肌を守るベーシックなルールは、肌の角層を守って洗い、しっかり保湿すること。いくつも塗り重ねる必要はありません。しっとりした肌で秋を迎えるための、シンプル夏肌保湿です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!