iStock_000020543279Mediums-min全身の皮膚のうち、かたくなりやすいかかとの皮膚。

体の末端にあって、常に体重がかかり、皮膚の潤いが保ちにくいのです。

ただかたくなるだけでなく、ガサガサに乾燥してひび割れが起こりやすくなっています。

タイツやストッキングをはくたびに引っかかって困る、ということも。

季節を問わず、かかとはガサガサに乾燥しやすい部分だからこそ、ケアが必要ですね。

軽石ややすりでこするのは厳禁!

ガサガサに乾燥してひび割れたかかとを、手っ取り早くツルツルにしたいからと、軽石ややすりでこすったことはありませんか?

実はこれ、かかとケアとして絶対にNGの方法。

こすった直後はたしかにツルツルになったような感じがしますが、これは皮膚の表面を削っただけのこと。

表面を削るということは、皮膚のバリアである角層を傷つけて壊した状態ということでもあります。

このあと保湿をしても、長期的に見ると皮膚は傷ついた分、ますます硬化して黒ずんでしまうこともあります。

ひどくガサガサになってひび割れたかかとを一瞬で回復させる方法はありません。

しっかり保湿してガサガサ部分をやわらかい状態にキープしましょう。

表面を潤わせてやわらかくしたまま、新しい皮膚が下から再生してくるのを待ちます。

皮膚の再生を促すクリームでかかとケアを

保湿するにしても、ひび割れている部分は、表皮の深いところまで傷ついた状態で、刺激の強いクリームなどを塗るとしみることも。

また、ひび割れるほど硬化した皮膚には、通常の保湿剤では浸透できない場合も。

また、ただのワセリンやオイルなどで、ただ油分の被膜で蓋をするだけでは、内側からの水分量が少ない部分なので、保湿はできても潤い効果はあまり高くありません。

そこで、水分と油分のバランスがほどよく配合され、皮膚への浸透がよく、また皮膚への刺激が少ないものでのケアが大切です。

E2_69s-minマリエン薬局の肌トラブルレスキュークリームは、肌のためのハーブと呼ばれるカレンデュラとカモミールのエキスで、傷ついた皮膚を修復します。

カレンデュラとカモミールから特殊な方法で抽出されたエキスは、有効成分の純度が高いものとなっています。

このエキスをさらに高純度のエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルで希釈。

皮膚への浸透が非常にすぐれたキャリアオイルとしての役割を果たします。

さらにすべて天然成分の原料によってしっとりしたクリーム状に仕上げたのが肌トラブルレスキュークリームです。

できる限り、刺激の少ない原料を厳選しているため、ひび割れた部分に塗ってもほとんどしみません。

赤ちゃんが万が一なめても大丈夫なほど、安心・安全な原料のみを使用しています。

また浸透力が非常に優れているため、硬化して水分などがしみ込みにくいかかとにも、すんなり潤い成分がしみこみます。

この冬、お風呂上がりのスキンケアや、タイツをはく前に肌トラブルレスキュークリームをひと塗りして、やわらかいかかとをキープしませんか?

●関連記事
肌荒れ、かゆみ。肌が乾燥するシーズンに、保湿から一歩進んだ対策、万全ですか?

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「肌トラブルレスキュークリーム」がさがさかかとの保湿対策などあらゆる肌トラブルを改善する万能クリームなら
肌トラブルレスキュークリーム

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局のブログでは日々、自然療法ショップの情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!