食べ過ぎないための食欲コントロールとは

ダイエットの敵は、実は自分の中にあります。それは「食欲」。

本来、食欲があることは健康にとってとても必要なこと。ところが、現代人の便利な生活では圧倒的に運動量が減り、また、ストレスなどによって空腹感が正しく感じられなくなり、ほんとうの食欲以上に食べ過ぎてしまうということも起こります。

この「食欲」をどのようにコントロールしたらいいのでしょう。

通常、満腹を感じるタイミングは、ほんとうに必要な量の食事が体内に入るタイミングと、ギャップがあります。食べたあと、しばらくしてから満腹感がやってきます。

だから、急激な空腹感に任せて一気に食べてしまうと、満腹感がやってくるまで大量に食べてすぎてしまうことになるのです。

この食欲を適正にコントロールするには、「食べ方」、食べるものの選び方がとても大切ということ、お分かりいただけたでしょうか。

食欲を感じた時には、パンなどの主食から一気に食べると血糖値が上がりがちです。 野菜やナッツ類など、血糖値が急上昇せず、噛み応えのある食事を心がけましょう。

どうしても甘いものを食べたい時は、低カロリーのマリエンのリセットハーブドロップで、口寂しさをごまかしましょう。


リセットハーブドロップは、砂糖不使用で1粒約2キロカロリーなので、気軽に舐められます。甘酸っぱいレモンジンジャー味は、甘いものを食べたい気分を紛らわせてくれます。

ダイエットやファスティングは、食べたいものを我慢してストレスをためがちですが、リセットハーブドロップを上手に使って、無理せず気長に続けてみてくださいね。



マリエン|ドイツハーブ https://www.marienremedy.com/