マスク、のど飴、それぞれのメリット・デメリット知ってますか?

寒くなってくると気になるのは、のどの乾燥。

イガイガしたり、から咳が出たりといったことでしょう。

特に人ごみに出かける時には、乾燥したのどから風邪をひいてしまうんじゃないかと心配になりますね。

■マスクは手軽だけど

外出時のどのケアとして、よく使われれるのはマスク。
マスク
マスクをすることで、口周りが保湿されますが、マスクの中で、咳やくしゃみをしていると、菌がマスクの中で溜まっていって不衛生になります。

こまめにマスクを取り替えるにが大事ですが、面倒ですし、忙しいときにはなかなかできませんね。

■のど飴の意外なデメリット

もう1つ、のど飴ものどを潤すのに手軽な方法です。ただ、砂糖入りの一般的なのど飴をずっと舐めていると、むし歯や糖分の取り過ぎが心配です。

また、人によっては、のど飴をたくさん舐めると、口の粘膜の水分が糖分によって奪われて口内が痛くなったり、胃が荒れてしまう方もいるようです。

■砂糖不使用の低カロリーのど飴とは

のどを潤すドロップとして、マリエンにはのど用ハーブドロップがあります。
のど用ハーブドロップ
ハーブのエキスを閉じ込めたドロップは、固めのグミのような噛みごたえなので、ゆっくり舐めとかすことができます。

ゆっくりというのが、大事なポイント。時間をかけて舐めることで、唾液が分泌しやすくなって、のどを潤すことになります。

砂糖不使用で1粒約2キロカロリーなので、糖分の取り過ぎが気になる方にも気軽に使っていただけます。

外出時には、マスクとともにのど用ハーブドロップをカバンにいれてお出かけくださいね。
成分 (1粒あたり2kcal)

ハーブエキス(プランタゴ・ランセオラタ、セージ、タイム、マーシュマロウ)、香料(天然純正精油 ペパーミント、フェンネル、アニス)

天然甘味料:マルチトール、ソルビトール、ステビア

その他:蒸留水、増粘剤(アラビアガム)、中鎖脂肪酸油(ヤシ油由来)

※ヴィーガン(純正植物由来成分のみ使用)・遺伝子組み換え技術不使用
(注釈)ヴィーガン:動物性成分を一切含まない

※天然甘味料のみ使用(砂糖・人工甘味料・ラクトース不使用)

※合成香料・合成色素・保存料不使用。

◆おすすめ記事
「あ、うがい薬をゴックンしちゃった!」お茶にも使うあのハーブをご家庭で

(冬のおすすめアイテム)ゾクゾクっ、寒さや冷えを感じたら

ブログをシェア

のど用ハーブドロップ

タイプ
¥ 2,680

送料:日本へ650円、10,000円以上のお支払いで無料 日本以外は一律1,000円

数量