肌老化の原因となる紫外線との戦いは夏だけではなく、秋も油断できません

最近では、紫外線が肌老化の大きな原因と知られるようになってきました。

秋になり、紫外線の量が減ったものの、ゼロになったわけではないので、油断はできません。

長年、紫外線を浴び続けると、しわやシミにもつながっていきます。

紫外線吸収剤と紫外線散乱材の働きの違いとは

紫外線対策商品には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」が使用されています。

紫外線吸収剤(メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなど)は、化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換することで、紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。
UVケア
これに対して、紫外線散乱材(ミネラル性原料)は、鉱物による紫外線の自然反射で、物理的に紫外線を防ぐように働きます。

散乱剤と比較すると、吸収剤の方がUV効果が高く、への負担は散乱剤の方が軽くなる傾向があります。

マリエンのUVスキンケアミルクは、紫外線散乱材(酸化亜鉛)を使用

マリエンのUVスキンケアミルクの場合は、ミネラル性でナノ粒子を含まない酸化亜鉛のみをUVケア成分として使用しています。
UVスキンケアミルク

UVスキンケアミルクを肌に塗布すると、光を反射する保護層が作られ、ミネラル粒子が紫外線を散乱させます。

物理的に紫外線を反射することによって、肌を太陽光線から保護します。

紫外線を防ぐだけでなく、保湿も重要

「肌を露出しない」「日焼け止めを塗る」などの直接的な紫外線対策のほか、意外と知られていないのが「肌の保湿」です。

保湿は乾燥防止だけでなく、紫外線のバリアとしても働いています。
フェイスケア
潤いが不足している肌は、UVケアをしても紫外線によるダメージを受けやすくなります。

肌を十分保湿してから、UVケア製品を塗りましょう。

また、紫外線を受けた後は、肌が乾燥しがちですので、一日の終わりにしっかりと保湿しておくことが大切です。

マリエンのUVスキンケアミルクには、天然純正のワイルドローズオイル・アーモンドオイル・ホホバオイルなどを贅沢に配合、べとつきにくく、しっとりと肌を保湿します。

女性にとって、紫外線対策は1年じゅう欠かせません

紫外線は1年中油断できないですから、UVケア成分が含まれているものを毎日使うことが対策の一つになります。
空
UVスキンケアミルクを夏だけでなく、季節問わず、化粧下地としても毎日使ってみてくださいね。

UVスキンケアミルクはこちら


◆おすすめ記事
子育てと仕事の両立で毎日ぐったり、短くても自分のための時間を
子どもの風邪は水分補給をしっかりすることが大切