日本では蚊取り線香、ドイツでは虫よけキャンドルが定番

夏の外あそびや庭仕事は、蚊が気になります。

ドイツでは虫よけキャンドルが定番で、日本でいうと蚊取り線香のように、どの家庭でもこの時期に常備しています。

キャンドルに使われるのは、蚊が嫌う香りの精油

虫よけキャンドルには、蚊が嫌う香りの精油が使われており、レモングラスやシトロネラ、といった柑橘系が代表的です。
虫よけキャンドルドイツでは、夏の外遊びにになると虫よけキャンドルがよく使われるので、レモングラスやシトロネラは、夏の定番の香りです。

他にもクスノキの精油。クスノキから精製して抽出する「樟脳」は、衣類の保管時の防虫剤に使われて、日本でもおなじみかと思います。

人間にとって爽やかな香りが、蚊にとっては苦手な香りのようです。
レモングラス
    (レモングラス)

人間のにおいをハーブの香りで目立たなく

蚊は、人間の体臭に引き寄せられてやってきます。

外出前には蚊が苦手な香りのスプレーやクリームなどを塗っておいて、体臭を気づかせにくくする方法のひとつです。
スキンケア
また、蚊はカラフルな服やダークカラーの服に近づいてくると言われています。

夏の外出時は、明るい色の服を着て、薄手の長袖を着るなど、できるだけ肌の露出を少なくしておきましょう。

レモングラス、シトロネラを含むアウトドア用ローション

外あそびを楽しむためのアイテムとして、マリエンにはハーブガードローションがあります。
ハーブガードローション
天然精油としてシトロネラ、レモングラス、クスノキ、ゼラニウム、ラベンダーを配合、夏らしい清涼感のある香りに仕上がっています。

天然ココナッツオイル(ヤシ油)・ホホバオイル・ワイルドローズBIOエキス(カニナバラ)が肌を保湿、夏の刺激からあなたとご家族の肌を守ります。

外あそび前にひと塗りして、爽やかな香りともに夏を楽しんでくださいね。

(ハーブガードローションが活躍する場面)

・キャンプやバーベキュー
・海や川あそび
・ガーデニング
・公園あそび
・虫捕り
・登山やハイキング
<アウトドア・敏感肌用>

成分

水、ヤシ油*、カカオ脂*、ホホバ種子油*、カニナバラ種子エキス*、グリセリン**、クエン酸ステアリン酸グリセリル**、アルコール*、香料***、レブリン酸Na**、カプリル酸グリセリル**、アニス酸Na**、トコフェロール**、キサンタンガム**、アロエベラ液汁*、サルビアトリロバ葉エキス*、ローズマリー葉エキス*、クエン酸、ホップエキス**、シトラール***、ゲラニオール***、リナロール***、シトロネロール***、リモネン***

* = 管理された有機栽培
** = 植物性・植物由来
*** = 100%天然純正精油。管理された有機栽培を含む

※水:フルムーンアクア(満月水)を使用しています。
※成分は変更となる場合があります。

配合精油
クスノキ、ゼラニウム、ラベンダー、シトロネラ、レモングラス

ブログをシェア

ハーブガードローション

タイプ
¥ 2,780

送料:日本へ650円、10,000円以上のお支払いで無料 日本以外は一律1,000円

数量