Vol.100 こころさん

オーガニックのアイテムでも赤みや湿疹が。でも肌トラブルレスキュークリームなら大丈夫だし症状も治まる!

マリエンとの出会いから教えてください。

私はアレルギー体質で、肌につけるものに刺激を感じることが多くあります。大丈夫だったアイテムが急に使えなくなることもあって、いいものがないかインターネットなどで探す状態は今も続いています。

こうしていろいろ調べるなかで、3年前に知ったのがマリエンの肌トラブルレスキュークリームでした。以来、ずっと愛用しています。

肌に刺激を感じる、ということですが、どんな症状が出るんですか?

化粧水やシャンプーなど肌につけるもので、赤みやブツブツとした湿疹が出ます。ヘアカラーだと頭皮がヒリヒリと痛くなることも。オーガニックのアイテムなら大丈夫かというとそうでもなくて、含まれている成分によってはアレルギーが出ることもあるんです。

どの成分に反応するかの予測もつかないので、とにかく使って様子をみるしかありません。合わない場合、体調がいいときに再度試してみたりもしますが、それでだめならもう捨てるしかなくて。もったいないけど背に腹は代えられず、こうしていろいろなアイテムを試しつつ、使えるものを探しているんです。

大変ですね。そんななか、肌トラブルレスキュークリームはずっと愛用してくださっているんですね。

はい。マリエンで最初にハマったアイテムです。赤みや湿疹などが出たときに塗っておくと、症状が治まっていくのがわかります。ステロイドの塗り薬ほど素早く鎮まりませんが、薬以外のものの中ではかなり効くほうだと思います。継続して使っていると、肌がきれいになる感じもして、気に入っています。

軽度の症状なら、薬並みの効果を感じることもありますね。夫も肌が弱くて、冬になるとよく接触性皮膚炎を起こすんです。例えば、カバンのショルダーストラップで鎖骨周辺が赤くかぶれたりとか。そんなときも肌トラブルレスキュークリームを夜に塗っておけば朝には治まっています。軽度の症状のうちはなるべく薬を使いたくないので、とても重宝しています。

何かあってもこれでしのげる!肌トラブルレスキュークリームはやっと出会えたお守りのような存在

肌がきれいになってくる実感がある、とのことですが、肌の状態は少しずつでもよくなっていますか?

以前は全身にじんましんが出て、病院でアナフィラキシーショックと診断され、ステロイドの点滴を打ってやっと治まる、なんていうこともありました。最近はそこまでひどい状態になることはありませんが、それは生活を改善したことが大きいかと思います。

生活改善というと?

実は仕事をやめたんです。もともと私はファッションスタイリストで、会社も経営していました。スタイリストとしての仕事、会社の経営とも順調でしたが、徹夜で24時間働きどおしということがあるほど、とにかく忙しすぎる生活でした。心身両方のストレスからか、もともとのアレルギー体質がひどくなっていったんです。

片頭痛もひどくて、それを薬で無理やり抑え込んで仕事の現場に行っていました。そんなことを続けていたら、今度は薬で胃が荒れたり息苦しくなったり、薬そのものに対するアレルギーや副作用が強く出るようになって。西洋医学の薬はきつくて飲めなくなり、そのころからできるだけハーブや漢方薬で対処したい、と考えるようになっていきました。

そうだったんですね。仕事をやめたのはいつごろですか?

やめる準備に着手したのが3~4年前です。その後、会社のスタッフも妊娠などをきっかけに自然にやめていき、ほぼ完全に仕事せずに過ごせるようになったのは半年前ですね。

今は人生で初めての主婦生活を楽しんでいます。締め切りがなくゆったり過ごせるのって、やはり健康にいいな、と感じながら。インフルエンザや腹痛でも薬を飲んで必死で仕事をしていた以前の生活は、不自然だったとつくづく感じます。仕事そのものはやりがいがあり、楽しいこともいっぱいありましたが、もう体がついていかなくなっていたんですね。

マリエンに出会ったのは3年前とおっしゃっていましたね。仕事が忙しかった時期から愛用してくださっていたのですね。

はい。私の場合、仕事が忙しくなるのに比例して肌にもトラブルが出やすくなります。でも、ほんとうに深刻な症状のとき以外は薬を使いたくない、という思いが強かったので、肌トラブルレスキュークリームを知る前は、湿疹などが出ても、出るにまかせていました。

それが、肌トラブルレスキュークリームに出会ってからは、「なにかあってもこれでしのげる」と思えるようになりました。じんましんや湿疹、赤み、ヒリヒリした痛み……と、常備薬的になんにでも塗って。やっと巡り合えた、お守りのような存在ですね。

のどに違和感があったら、すぐ咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップ。おかげで漢方薬を飲む回数が減りました

肌トラブルレスキュークリーム以外に愛用されているアイテムはありますか?

肌トラブルレスキュークリームがよかったので、その後にIRIS1.2 花粉症・鼻炎用ナチュラル点鼻スプレーやIRIS 頭痛対策セットなども試しました。これらは今も愛用しています。

その後も続けて購入してくださっているということは、効果があったのですね。

はい。ただ、IRIS 頭痛対策セットは、実をいうと頭痛そのもの以外の症状で使ってるんです。例えば、IRIS2 外用スプレーはヘアカラーで頭皮がピリピリしたときなどに直接、患部にシュッと吹きかけています。そうすると、アレルギーそのものもピリピリする痛みも治まるんです。また、IRIS4 内服用スプレーは風邪のひき始めなど、のどの痛みが出そうなときに口内にスプレーしています。

購入前にサイトの説明を読み、どちらのスプレーも免疫機能を調整して炎症を抑える働きがあるのでは、と感じました。そこで、アレルギーや風邪の初期に試してみたら、やはり効果がありました。ちなみに、片頭痛は別に合う漢方薬が見つかっているので、いつもそちらで対処しています。

西洋医学の薬は飲めない、とのことですが、漢方薬なら大丈夫なんですね。

はい。風邪をひいたときなども漢方で対処しています。ただ、漢方薬もやはり薬ですから、あまりに頼りすぎると、私の場合、肝臓の負担になるのでは、という不安があるんですね。それで今は風邪の初期症状には、咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップで対処するようになりました。

私はのどから風邪をひくことが多いのですが、咳のど・ブレスケア用メディカルハーブドロップなら手軽に持ち歩けるので、外出先で「おかしい」と思ったときでもすぐになめられます。違和感があったときにすぐ対処することで、漢方薬を飲む頻度が減り、大変助かっています。

こころさんご愛用のアイテムたち

経口以外の方法で局所的に使えるアイテムが豊富にあることが敏感体質にはうれしいです

ご自身の体質に合わせて、うまくマリエンのアイテムを活用されていますね。いろいろなショップ、メーカーがあるなかで、マリエンを選ぶ決め手はどこにあるのでしょうか?

私は自然のものでオーガニックであることを大前提として、使うアイテムは選んでいますが、マリエンはその条件を満たした上に、クリームや点鼻スプレー、ドロップといろいろな形状のなかからアイテムが選べますよね。そこが最大の魅力と感じています。

いろいろな形状のものがある点が魅力、と思われる理由は?

私はとても敏感な体質なので、口からとるものには最大限、気を使っています。合わないものをとると、てきめんに下痢したりじんましんが出たりしますし、メディカルハーブティーも薬に近い作用があるのではないかと思うので、私には刺激が強いかもしれない、と不安なんですね。

ですから、例えば鼻水がひどい時に、その患部に局所的に使えるアイテムが望ましいんです。マリエンなら、自然の恵みを患部に直接使えるアイテムが豊富にそろっていますよね。こういったものは他のメーカーや日本の薬局ではなかなか見つかりません。

今はゆったりした生活を送っていらっしゃるんですよね。それで敏感体質が改善していくといいですね。

そうですね。こういう体質になる前は、特にオーガニックなどにこだわるタイプではなかったので、化学物質が入ったものでも、塗ったり、口にできる人がうらやましい時もあるんです。そういう意味では体質改善して、マリエンが必要なくなることが目標と言えるかもしれません(笑)。

とはいえ、現実的にそうなるのは難しそうですし、年を重ねるにつれて「自分の体って1つしかない、替えが利かないもの」という思いが強くなってきました。体が弱いからこそ、きちんと手入れして大事に使っていきたい。だから今後もマリエンを頼りにしていくと思います。

<インタビューにご協力いただける方を募集>

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー応募フォームはこちら