HOME > 授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド) > リラックスに関する「授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)」のインタビュー

リラックスに関する
「授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)」のインタビュー

宮崎県 有馬梢さん
娘の杏(あん)が生後1ヶ月のころから1歳前に卒乳するまで、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を定期購入していました。購入のきっかけは乳腺炎です。私は母乳がつまりやすい体質なのか、授乳を始めてすぐ母乳が詰まり出して……。しかも、どんどん悪化していき、病院の先生や助産師さんなど誰からも「こんなにひどい状態は見たことがない」と言われるまでになってしまったんです。そんな苦しい日々の中、精神的な支えとなってくれていたのが授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。
私がメディカルハーブティーに期待していた効果のひとつにストレスの軽減がありました。助産師さんから「ストレスは乳腺炎によくない」と言われていたのですが、体調はすぐれないし、子育てがあるから自分の治療に専念するわけにもいかないし、精神的に追い詰められることがよくあったんですね。そんなときでも授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲むと不思議と気持ちが落ち着きました。ですから、お守りのようにいつもそばに置いていたんです。
詰まりにくい母乳にするため、厳しく食事制限を言い渡され、単調な食生活を送っていた私にとって、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は本当においしく感じられました。おやつのような感覚で、味そのものを楽しみながら飲んでいました。他に味を楽しめるものがなかったので、毎日たくさん飲んでいました。結果、それで血行がよくなり、リラックスすることもできていたのでは、と考えています。
埼玉県 榊原ゆきさん
はじめは、保育園に通う長男のために、薬ではないもので健康管理をと思ったことが、自然療法との出会いでした。マリエン薬局とは10年以上のお付き合いとです。
長男の拡之(ひろゆき)の授乳生活のあとにマリエンに出会ったので、次は授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を用意しておきたいと思っていました。
2人目の愛を出産した時、出血がひどくて命に関わる一歩手前だったんです。鉄剤を飲むだけでは追いつかず、注射と点滴も毎日使っていました。母乳の原料である血液が不足した状態ですから母乳が出るわけもなく、最初はミルクをあげていました。でも1カ月健診を過ぎたあたりからミルクをそれほど足さなくても済むようになり、助産師さんからも「母乳だけで足りていますよ」とお墨付きをもらえたんです。1ヶ月でそこまで回復して母乳だけで足りていることに、「本当にすごいね」と驚いていらっしゃいました。これほど急速に母乳量が増えたのは、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲み続けたおかげなのかな、と思っています。
メディカルハーブの効果もあると思うんですが、飲んでいることへの安心感も体調回復にひと役かったのではないか、と感じています。「母乳が足りてない。どうしよう」と不安な状態と比べると、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでいるから大丈夫、と落ち着いているのでは、気持ちが全然違いますよね。
東京都 秋山ゆかりさん
私は妊娠前に、助産師さんと一緒にお仕事をする機会が多くありました。その時に「あなたは乳腺炎になりやすそうなタイプね」と言われたことがあったので、妊娠が判明した際に、乳腺炎に早めに備えておこう、と思いついたんですね。そこで、妊娠4ヶ月のときに乳腺炎対策のハーブティーをネットで検索して、たどり着いたのがマリエン薬局の授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。

探す際に他のメーカーの同様のアイテムとも比較し、成分やハーブの組み合わせが一番すぐれている、と思ったので、マリエンに決めました。マリエンはドイツからの個人輸入なので、新しく品質がいい状態のハーブティーを確実に手に入れられるのがいいと思います。 妊娠23週で切迫早産となり入院、妊娠35週で陣痛が来て、再入院、36週に帝王切開で女の子を出産しました。そして産後すぐから授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲み始めました。このことは私にとって安心感につながりました。産後はホルモンバランスが大きく変化する時期で、赤ちゃんと触れ合い授乳することで、産後に必要なホルモンの分泌が促される、と聞きます。ところが私の場合、出産時に娘の顔を見ることができなく、産後母体の状態があまりよくなかったこともあり、NICUにいる娘とは会えない状態でした。だから、よりホルモンバランスが崩れやすかったのでは、と思うんですね。でも、産後の体をケアするメディカルハーブティーを飲むことで、ホルモンバランスの崩れも時間さえかければ乗り切れる、と思えました。

ハーブティーは一定期間飲み続けて、初めて効果が期待できるものだともわかっていましたが、飲んでさえいれば前に進むことはあっても後ろに大きく戻ることはないはずだ、って。あの頃の私にとっては、マリエンのハーブティーが精神安定剤のような役割を果たしていましたね。
マリエンのアイテムは常にお守りとして私を支えてくれていました。
伴走してくれる存在があったということ、とてもありがたく思っています。
東京都 瀬戸山麻里さん
マリエンのことを教えてくれたのは友人です。私はお茶を飲むのが好きで、1日を通して緑茶や紅茶などを何杯も飲む習慣があったんですね。でも子どもが生まれた時、同じことを続けるならノンカフェインの飲みものに変えなきゃいけないな、と思って。そこで、先に出産した友人に何を飲んでいたのか聞いたら、「マリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)がいいよ」と教えてくれたんです。
離乳食が始まる6か月まで完全母乳でした。ただ困ったことに、浩史は夜中もきっちり3時間ごとに起きて母乳をほしがる子だったんですね。離乳食をたくさん食べるようになってからもそれが変わらず、卒乳する1才6か月までずっとその状態。慢性的な寝不足でつらい日々でしたが、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)をいれると気持ちが安らぎました。精神的な効果という面でも、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は欠かせないものでしたね。
千葉県 坂本淳子さん
マリエンの名前を知ったのは妊婦雑誌でした。妊娠線のためにマッサージをしたほうがいい、といくつか掲載されていたものの中から、より安全なものを、と妊娠トラブルレスキューオイル(当時は妊娠線予防オイル)を選びました。妊娠トラブルレスキューオイルのあと、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のことも知り、出産前から用意しておきました。
その後はまったく母乳のトラブルはありませんでしが、息子はすごくよく泣く子でした。産後1ヶ月は実家の母に来てもらったので助かりましたが、そのあとは日中は一人育児。寝かせると起きるから、ほとんどずっとソファにすわって抱っこしたままの生活でした。座ったまま、手が届くところに必要なものすべてを置いて生活。温かい授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)はポットに入れてカップとともに置いていました。授乳のあと、体を動かすだけで息子は起きてしまうので、とにかくソファにじっと座ったまま。でも、あのハーブティーのいい香りと味にたくさん癒やされていました。授乳を一緒にしてきた「同志」のような存在です。
埼玉県 中山有香さん
いま産後3ヶ月なんですが、少し前までとにかくおっぱいが張って、痛くて、ほんとに毎日イライラしていました。ただ、もう辛くて、「おっぱいの張り」とか、「痛い」とかで検索してできたのが、たまたまマリエン薬局だったんです。ほんとに藁をもつかむ思いだったので・・・なので気が付いたらポチッと押していました。
飲んでみると、おいしかったです。温かいハーブティーからはよい香りがして、香りで癒されて、一口飲むとまたその味に癒されて・・・という感じで飲むのが楽しみになりました。
効果を感じたのは3日後くらいでしょうか。あれだけおっぱいがパンパンだったのに、ス~ッと張りがなくなってラクになっていきました。そして、1週間後ぐらいでしょうか、お風呂のお湯の中でおっぱいが自然に流れていくのを見たんです。「あぁ、詰まらないってこういうことか・・・」ってその時すごく実感しました。
ブレンドを飲むようになって子育てがラクになりましたね~。母乳育児も順調になりました。痛みに悩まされることがなくなって、イライラがなくなったので、気持ちもゆったり、子どもとの毎日を穏やかな気持ちで過ごすことができるようになりました。
大阪府 榎本夕佳さん
娘が生まれてから1か月ほど経った頃だったと思います。母乳の出がよくなくて、そういうのによいものが無いのかなインターネットで検索をしてみました。するとマリエン薬局のサイトにヒットし、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を見つけました。
メディカルハーブとあるので、お薬っぽくて飲みにくいのかな、と思っていたのですが、とても飲みやすくて、とても美味しく、すっかり気に入ってしまいました。飲み始めた当初は、1日中飲んでいるような感じでした。たくさん作ってお茶代わりに飲んでいましたね。
ブレンドを飲むようになってからは、何を食べてもおっぱいが詰まったり張ったりすることが無くなりました。甘い物も大好きなのですが、そういうものも食べても平気になりました。なんでも食べることができるというのはストレスの解消につながりますね。またカモミールがブレンドされているためか、リラックス効果もあるようで、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)には本当に助けられました。
東京都 ヤマモトユリコさん
マリエンは友達に教えてもらいました。妊娠してつわりがひどかった私はつわりにも効くライフサポートブレンド(現:マタニティブレンド)というハーブティーを見つけて早速注文しました。妊娠中は毎日飲むお茶をこれに代えました。
妊娠中から出産後まで大変な思いをしました。産後は恥骨部分の接続部の骨が私の場合2cmくらい開いているとのことで、分娩台から起き上がれなくなってしまったんです。整形外科の先生にとっても稀なことだったようで、「処置の方法はないから自然に治るのを待ちましょう」と言われただけでした。退院したものの、家の中でもほとんど動けない状態で、泣いているシキのところへすぐ行ってあげられないし、寝がえりがうてないせいで腰の痛みもひどくなってしまい、一時期、本当に頭がおかしくなりそうでした。
保健師さんが、赤ちゃんとお母さんが元気に過ごしているか様子を見に来る一ヶ月訪問というものが区の企画であるんです。たまたま私と同じ症状を患ったことがある方が訪問してくださって、私と同じ症状の場合、精神的に参ってしまう方が多いようなのですが「元気ですね、前向きでいいと思います!」とほめられました。「私って元気な方なんだ」と驚きました。そんな状態でも、シキをかわいく思える、成長が楽しみに思えるくらいの精神を保てたのは授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)の力もあったと思います。
東京都 熊田聖さん
私の姉が以前からマリエン薬局について知っていたみたいです。それで、娘を妊娠している時に、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)をプレゼントしてくれたのが使い始めたきっかけです。だからハーブティーは、出産後、手元にあったから飲んだ、そんな感じでした。このブレンドはとてもおいしいかったです。
現在は娘も1歳になり、離乳食も食べているので授乳は1日1回夜だけなんですが、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は飲んでいます。とてもおいしくて。その他に、私がハーブティーを飲む理由として、お茶を入れているその時間、とても幸せなんです。時間のかかる面倒な作業と思いがちですが、実は違うことに気付きました。仕事と子育てに追われる毎日で、食事も立ったまま食べていることが多いんですね。自分の時間なんてない。でも、ハーブを砕いて、お湯を沸かす時間、ゆっくり飲む時間、それだけは私の時間なんです。「これだけは誰にも邪魔されない私だけの時間♪」と、とても幸せを感じます。このハーブティーと飲む贅沢な時間は、がんばっている自分へのご褒美ですね。
東京都 中津川愛さん
母乳の出が悪くて、産後3ヶ月の頃にはほとんどミルクになっていました。桶谷式マッサージにも通って、その手技で少し出がよくなってきたのですが、桶谷式は、食事制限がすごく厳しく、和食オンリーで、カレー、中華やクリームシチューはもちろん青魚も禁止でした。

実は、私、妊娠中も厳しい食事制限をしていました。妊娠性糖尿病と診断されたのです。出産までの厳しい食事制限に加えて、更に母乳のための厳しい食事制限をしなくてはならない、これを守らないと出が悪くなるのではという強いプレッシャーに押しつぶされそうでした。また、産むのも初めて、子育てするのも初めて、慣れないことばかりで、涙をこぼしてしまうこともよくありました。あるとき、主人が帰宅して私に「ねえ、自分で気づいてる?夜になるとスゴイ顔してるよ。」それを聞いて、ガーンとショックを受けました。

出産後、スリングショップのサイトを見たら、母乳に良いハーブということでマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のことが書いてあったと思います。マリエンさんがハーブティーも薬として処方していることを最初は、不思議に思いました。ハーブがドイツの薬事法の基準を満たしているというのは、一定の効果があるからメディカルハーブとして認められているのだろうなと思って、「購入してみよう!」と思いました。
飲み始めて1日たったら、おいしくておいしくて、それからは、がぶ飲みするようになりました。

最初に『授乳ブレンドってすごい!』と思ったのは、飲み始めてから私の気持ちが変わってきたことです。気持が軽くなる感じがして、子育てが急に楽しいものに思えてきて、なぜ、こんなにつらいことだったんだろうと授乳が楽しくてたまらなくなりました。飲み始めて、10日くらいたった頃でしょうか、私自身も心境の変化を感じていた頃、主人が「顔が変わってきたよ。以前の元気な顔に戻ってきた。」と言ってくれたんです。やっぱり授乳ブレンドを飲んでいるからだと思いました。

授乳ブレンドを飲み始め、1ヶ月たつころには、母乳だけで満足するようになりました。桶谷式の先生にももう母乳だけで大丈夫と言ってもらえました。寝付きもよくなって、夜は長く眠ってくれるようになり、私も気持に余裕ができてラクになりました。

遥流が8ヶ月の頃、京都に旅行にいくことがありました。せっかく京都へ行くのにおいしいものを食べられないのは嫌だと思って、授乳ブレンドを細かく砕いて、プレス式のマグカップと一緒に持ち歩いて、飲んでいました。おかげで、おっぱいトラブルもなく、おいしい中華料理が食べられました。授乳ブレンドを飲んでいれば安心でした。 授乳ブレンドがなければ遥流は育てられなかったと思います。昨年の10月に断乳しましたが、断乳後も順調で、今となっては、授乳ブレンドを飲まないことが寂しいくらいです。

>> 授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド) 商品ラインナップへ

>> 授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)
商品ラインナップへ