乳腺炎(つまり、白斑、張り)に関する授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のインタビュー

千葉県 笹沢明子さん
千葉県 笹沢明子さん
マリエンを知ったのは、3年半前でした。長男の啓太(けいた)が3ヶ月のころでしたが、左のおっぱいがつまって乳腺炎になってしまったんです。おっぱいがガチガチに硬くなったと思ったら、寒気がしてあっという間に熱が39度まで上がって。関節も痛くなって、インフルエンザみたいだなと思いました。そんな体調のなか、つまった母乳をしぼってくれるところを探すのもつらくて。どうにか治った後に、もうこんな思いはしたくないと「乳腺炎予防になるもの」をインターネットで探して、マリエン薬局の授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を知ったんです。

それまでもハーブティーは好きだったし、以前から国産の母乳にいいとされるハーブティーを飲んでいました。でも、結局乳腺炎になってしまったんです。それから、より効果のあるものはないかと探して、妊娠出産に関するネットの掲示板で「乳腺炎になりにくくなる」「おっぱいがよく出るようになる」などの口コミを見て、興味をひかれました。それでマリエンのサイトも見てみたら説明がすごく詳しくて。これはよさそう、と感じ購入することにしました。

それまで飲んでいたものは、母乳不足解消のもので、母乳過多などによる詰まりとは別のハーブティーでした。でも、マリエンは母乳不足と母乳の詰まりどちらも効果があるというところにも興味がありました。私の場合、当初は母乳不足を感じていましたが、体質的に詰まりやすいことがわかり、二種類どちらも購入しなければならないし、飲むタイミングも考えなければならなかったので、ちょっと面倒でした。マリエン薬局の授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は1種類で母乳の悩みが解決できるところもいいと思いました。

飲み始めてからは一度も乳腺炎にならず、完全母乳のまま卒乳までこぎつけました。私は、油っぽいものを食べるとつまりやすくなるみたいなんですね。でも、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)さえ飲んでいれば、たいていのものは大丈夫だったので、食事制限もしなくてすみました。

ただ、今は次男の拓真(たくま)に授乳中なのですが、先日、乳腺炎になってしまって。たぶん暑い時期になって、温かい授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲む量が減ったのが原因だと思います。私はなるべく温かい状態で、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲むように心がけているんですが、それが裏目に出たというか、暑くなって飲む量が自然と減ってしまったんですね。ずっと調子がよかったので、油断しちゃったところもあると思います。このことでかえって効果を実感したので、それ以降は反省して以前と同じ量を飲むようにしています。

今は授乳のたびにカップ1杯程度を飲んでいます。1日分を合わせると2リットル近く飲んでいるんじゃないでしょうか。1日の水分補給のすべてが授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)になっている感じです。おいしいので、余裕でその量をゴクゴク飲めますね。
宮崎県 有馬梢さん
宮崎県 有馬梢さん
娘の杏(あん)が生後1ヶ月のころから1歳前に卒乳するまで、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を定期購入していました。購入のきっかけは乳腺炎です。私は母乳がつまりやすい体質なのか、授乳を始めてすぐ母乳が詰まり出して……。しかも、どんどん悪化していき、病院の先生や助産師さんなど誰からも「こんなにひどい状態は見たことがない」と言われるまでになってしまったんです。そんな苦しい日々の中、精神的な支えとなってくれていたのが授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。

出産後、退院する前あたりから片方のおっぱいが詰まり出しました。新生児のころは昼夜問わず3時間おきに授乳、と聞きますが、杏は寝すぎというくらいよく寝る子で。夜中も1回授乳すれば、あとは朝までずっと寝ていました。そのせいか朝にはおっぱいがガチガチに張っていて。それも乳腺炎になる一因だったのでは、と思います。産院では、炎症を鎮める漢方薬の処方や助産師さんのマッサージなどの処置を受けました。さく乳もこまめにしていたのですが、退院後も症状がどんどん悪化していったんです。

痛みがどんどんひどくなり、痛すぎて自分では絶対に触れないほどになりました。腫れているおっぱいからは膿がまざったような母乳が出るようなってしまい、これは絶対に杏には飲ませられないなと思うくらい。もう片方のおっぱいは何ともなかったので、そちらで授乳して、量が足りないな、というときはミルクを足して、しのいでいました。

また、おっぱいの炎症がひどくなるにつれて、熱も上がりました。38度~39度台の高熱でしたが、
この熱の出方が独特で。全身というよりはおっぱい自体がカーッと熱くなっている感じ。助産師さんに習ったキャベツシップやヤマイモシップで冷やしてもまったく追いつかない状態でした。一方で「あまり冷やすのもよくない」とアドバイスされていたので、効かないからといってこれ以上はやらないほうがいいのかな、とかあれこれ考えて。どうしたらいいのかわからなくなっていましたね。

自分では手に負えない状態でしたから、引き続き産院は受診していました。でも、改善が見られないので、インターネットで調べて「〇〇式のマッサージがいい」という書き込みを見ては行ってみる、ということも繰り返していました。でも結局、期待したような効果は得られませんでした。生まれたての赤ちゃんを連れてマッサージに通うのは体力的にもきついし、金額も高いんですよね。効果がよくわからないまま通い続けるのも難しく、もう打つ手がない、と絶望的な心境に陥ることもありました。

インターネットでいろいろ検索したら、「乳腺炎」と「ハーブティー」という検索ワードがセットになって出てきたんですね。それで妊娠中に友人が譲ってくれた産前産後のお役立ちグッズの中に入っていたマリエン薬局のことを思い出したんです。サイトを見たら、品質もとても良さそうで安心して頼めると思い、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)の購入を決意しました。

その後、私の場合、単なる乳腺炎ではなく「乳瘤(にゅうりゅう)」が原因とわかりました。簡単にいうと母乳が滞留してコブになっている状態ですが、私の場合、そのコブによって母乳がせき止められ、さらにそこに細菌が繁殖して炎症を起こしていたのです。痛みや腫れの症状を抑えるには乳瘤を切除するしか方法がない、ということで、3ヶ月の終わりごろに外科手術を受けました。切開したら、乳腺の途中で母乳がチーズ状に固まり、ドロッとした膿のようなものも大量に出てくるすさまじい状態でした。一度の手術では取り切れなかったので、1週間後に再手術もして。その後は細菌が繁殖しないように抗生物質の助けも借りつつ、自然治癒するのを待ちました。

そんな状況でも授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のサポートもあってか、正常だった片方のおっぱいでなんとか続けることができました! おっぱいの出方はとてもよく、授乳時に杏がグズることもありませんでした。それ以降、母乳が詰まることはなく、離乳食の進みも順調で、無事に卒乳までこぎつけたんです。それに授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでなかったら、トラブルがあったほうのおっぱいももっと症状が悪化していたかも、とも思います。
京都府 前島未来さん
京都府 前島未来さん
マリエンを知ったのは、ネットの検索がきっかけでした。知人のお姉さんが乳腺炎になって「すごく痛かったらしい」と聞き、それはなりたくないな、と思って。そこで、「乳腺炎 ハーブティー」というワードで検索したら、出てきたのがマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)だったんです。

私はアロマテラピー関連の仕事に就いているので、ハーブティーが体に作用することも知っていました。また、仕事で知り合った美容家の方から勧められて、「肌あれにいい」というハーブティーを飲んでいたことがあって。そのときの経験から、乳腺炎もハーブティーで対処できるのではないか、と思ったんです。とにかく手軽に続けられるものがいい、と思っていたんです。 実は他にも、乳腺炎対策の、国内産のハーブティーを試しましたでも、味がちょっとなじめなかったのと、乳腺炎対策用と母乳量を増やす用のハーブティーが別々で、飲み分けをするのは、正直なところめんどうだったんです。その点で、マリエン薬局の授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は1つでケアができるというのと、味も過去に飲んでいたハーブティーに近い自然な味で好みだったので、こちらを選んだのです。

飲み始めたのは、娘の咲七(さな)が生後2ヶ月半で、保育園に通い始めてからでした。私が住む地域は0歳児クラスに入るのが難しくてで、「入りたいなら4月入園でないと無理」と自治体の担当者からアドバイスがあったんです。それで、早生まれの咲七は生後2ヶ月半から保育園に通うことになりました。さく乳機と保冷バッグを会社に持って行って、休憩時間などにさく乳していました。ただ、さく乳では母乳が詰まりやすい、と聞いたので、その予防のために授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を準備したんです。乳腺を詰まらせないように、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は1日に何回も飲んでいました。自宅で朝晩飲み、さらに水筒に入れて持ち歩いて、通勤中や仕事の休憩時間にも飲んで。そのおかげか、乳腺炎になったのは生後6ヶ月ごろの1回のみで、しかもごく軽い症状ですみました。初期症状の段階で、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)の量を増やし、おっぱいマッサージに行ったこともよかったのかもしれません。

保育園は冷凍母乳を預かってくれるところだったので、なんとか母乳育児を続けることができました。会社までさく乳機や保冷バッグを持ち歩くので、毎日、大量の荷物になるのと、体調面でも疲れやすいと感じたことはあって、大変といえば大変だったのかも。でも、母乳育児自体はおおむね順調にやってこられた、と思います。 今、咲七は1歳10ヶ月になりましたが、帰宅後と夜の授乳はまだ続けています。ゴクゴクと母乳を飲む姿はやっぱりかわいくて。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は朝晩だけですが、今も飲み続けています。
広島県 藤原幸さん
広島県 藤原幸さん
マリエンの名前を初めて目にしたのは、モデルの梨花さんのブログでした。そこに「母乳の悩みがマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)で解決した」とあって。文面から梨花さんが本心から絶賛なさっているのが伝わってきました。それで、興味をひかれてマリエンのサイトをのぞいたんです。
当時の私は美容と健康にすごく興味はあるものの、本当にいいものがよくわからない、という状態でした。でも、ドイツの「メディカルハーブ」の厳しい基準をクリアしている、と書かれていて、ここのものなら品質がよくて効果もきちんと得られそうだなと思ったんです。日本にはない、メディカルハーブティーというものの存在も初めて知りました。当時はまだ独身だったので、美肌ブレンドを購入したんです。飲んでみたらおいしくて、マリエンのメディカルハーブティーをますます気に入りました。
それから結婚して出産したので、そのときに授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を試しました。最初から授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでいたおかげか、母乳は出過ぎるくらいよく出て、息子の新右衛門(しんえもん)を完全母乳で育てることができました。乳腺炎になりそうなときも授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでいれば大丈夫でしたし、赤ちゃんが消化しやすい母乳になる、という点も気に入って、卒乳まで手放せませんでしたね。
兵庫県 赤松桃代さん
兵庫県 赤松桃代さん
最初に購入したアイテムは授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)です。6年前、長女が生後5ヶ月のころ、母乳がしょっちゅう詰まるのに悩んだのがきっかけでした。当時は2週間に1度、母乳マッサージに通っていたのですが、詰まりがあるとそのマッサージもものすごく痛いんですね。そこで、いい改善法はないかな、とインターネットで探して、見つけたのがマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。
価格については母乳マッサージの施術代が1回3500円でしたから気になりませんでした。それ以上に、成分がオーガニックである点などが魅力的だと感じました。母親が飲んだものが母乳の成分となって赤ちゃんに伝わると聞いたので、材料に安心できることは大事だと思います。オーガニックで原料に安心感があるのと、メディカルレベルの成分を含有している点が魅力的だと感じました。しかも赤ちゃんに消化しやすい母乳になるとあって、いいなと思いました。
効果も確かで、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲み始めてからは、母乳がまったく詰まらなくなりました。母乳の質は食べ物に影響されるといいますが、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)さえ飲んでいれば何を食べても詰まり知らず。これにはとても助けられましたね。そのまま、長女が2歳で卒乳するまでトラブルなく続けることができました。
岩手県 高橋こずえさん
岩手県 高橋こずえさん
授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)が最初に購入したマリエンのアイテムでした。2人目の子のときでしたが、乳腺炎になってしまい、おっぱいがパンパンに張ってつらくて・・・。助産師さんに相談したり、乳腺炎にいいといわれることを試したりもしたけど、なかなかよくならなかったんです。上の子の幼稚園のママ友にそのことを話したら、「マリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)がいいよ」って。それがマリエンのことを知ったきっかけでした。
飲むと飲まないで、全然違いました。とても飲みやすかったので、1日に何杯も、たくさん飲んだのがよかったのかもしれません。1週間も経たないうちに、ドロドロしている感じのおっぱいだったのがサラサラになり、出がよくなりました。うわぁ!って感じでうれしい驚きでしたね(笑)。すごく楽になったし、たぶんおっぱいの味もよくなったんじゃないかな。つまってドロドロしたおっぱいって、赤ちゃんにとってもあまりおいしくなさそうですよね。
東京都 Kaoriさん
東京都 Kaoriさん
マリエンのことを知ったのは、2人目の心(しん)の妊娠中でした。妊娠中、気分がすぐれない日が続き便秘にも悩まされていました。助産師さんがアロマテラピーなどいろいろな方法を勧めてくれるなか、ヒットしたのがマリエンの胃腸用レメディウムだったんです。少量いただいたものを試したら、これまでになく気分が楽になって、以降、自分で購入するようになりました。
私はおそらくマリエンのほとんどのメディカルハーブティーも飲んでいると思います。
最初は授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)で、心を出産後、まとめ買いして、がぶがぶ飲んでいました。実は、1人目の凜は出産でいろいろあったうえに、母乳トラブルもひどかったんです。母乳育児の相談施設を3軒ほどたらい回しにされても改善が見られず、最後は京都在住のマッサージが上手な先生を紹介されたほどでした。でも2人目の心の時は、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のおかげもあって何の母乳トラブルもなく、卒乳を迎えることができました。
マリエンのハーブティーはどれもおいしくて効果も感じられるので、その後もいろいろなものを試しました。私にとって、メディカルハーブティーはすぐに変化をもたらすわけではないけど体質を根本から改善してくれるもの、という認識ですね。
東京都 山田さゆ里さん
東京都 山田さゆ里さん
マリエンを知ったのは、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)がきっかけです。1人目の百華を産んだころ、私はおっぱいが出づらくて悩んでいたんですね。そこで、ネットで検索して知ったのがマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。口コミもいろいろ調べたんですが、どれを見ても「おっぱいのつまりも取れるし、いいことだらけ」といった感じで評判がよかったんです。
メディカルハーブティー以外の方法も調べましたが、厳しい食事制限が必要だったりして、私には難しいと感じました。暴飲暴食をするつもりはないんですが、たまにはピザとか息抜きの食事をとりたいじゃないですか。その点、マリエンのハーブティーなら「何を食べても大丈夫」という体験談もあって、これなら自分に合うんじゃないかと感じました。
実際に飲み始めてからおっぱいの量が増えました。2人目の愛里のときは母乳オンリーで大丈夫でした。それとテキメンに効果を感じられるのが、母乳が詰まって痛いとき。ちょっと痛いなと思ったら、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲むとスーッと痛みが治まるんです。これには毎回、すごいな、とびっくりさせられます。
東京都 和泉歩さん
東京都 和泉歩さん
最初に購入したのは授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。2年前になります。当時、娘を出産して “母乳で育てたい”と私なりに頑張っていたんですね。ところが、生後1カ月健診で体重が成長曲線の標準値ギリギリしか増えていないことがわかって……。
最初は他社のハーブティーをいくつか試していました。でも、どれを飲んでもはっきりした効果は感じられなくて。ちょうどそのころ、ベビーマッサージのクラスの友人が勧めてくれたのがマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)だったんです。1回分分けてくれたものを飲んでみたら、何よりもおいしかった(笑)。おいしい、と感じるのは、”今の私の体が欲している”ということだと思い、すぐに購入を決意しました。
届いてからは、水分補給を兼ねて、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を気がついたときに飲むようにしました。それ以前から、母乳の出をよくするために、1日に2リットル程度の水を飲んでいたので、その水を温かいハーブティーに替えた感じです。飲み始めたのは娘が生後2カ月ごろでしたが、娘がゴクゴクとおっぱいを飲んでいる感覚がやっと得られるようになりました!また、授乳期間や卒乳の際に乳腺炎になるお母さんもけっこう多い、と聞きますが、私はこういったトラブルに悩まされたことは一度もありませんでした。
東京都 中沢万理さん
東京都 中沢万理さん
今7才の長男の律斗(りと)が3才の時、ぜんそくぎみと言われて、なるべく処方薬を使うことは避けたいと思っていたことがきっかけでマリエン薬局を知りました。そのため、長男の律斗(りと)が赤ちゃんの時はマリエン薬局のことを知らなかったけど、2人目の律心の時は妊娠中はマタニティブレンド、産後は産後ケアブレンドと授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)、併用して飲んでいました。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は今も飲んでいます。
私は乳腺が細いみたいで、長男の時にはしょっちゅう乳腺炎になりかけていました。高熱こそ出なかったけど、よく詰まっていたんです。とにかく自分で搾って、つまった栓をとって、自己流ケアでなんとか乗り切った感じです。ほんとうに大変でした。律心のときは、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)があったから、そんな思いはほとんどしませんでした。母乳育児にメディカルハーブティーいいですね。長男の時も知っていたら、もっとおいしいおっぱいあげられたのに、って、思います。母乳育児が好きだから、こんな心強い味方があって、ありがたいです。
いまも律心の授乳はつづいていますが、花粉症対策にアレルギー対策ブレンドも飲んだりと、妊娠中や授乳中でも安心して、薬じゃないもので体のケアができるのが、いいなぁと思っています。
東京都 横山友恵さん
東京都 横山友恵さん
母乳育児はだいぶ軌道に乗った感じなので、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は2日に1回くらい飲んでいます。産後すぐの1ヶ月は授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を、ほんとうによく飲みました! 味を覚えるくらい。飲む回数が減った今も、飲むと、「ああ、やっぱりこれだなぁ」っていう安心感もあり、頼りにしています。

妊娠中に通っていたパン教室の先生からマタニティブレンドを勧められたのがマリエン薬局を知ったきっかけでした。妊娠前から、メディカルハーブティーには興味があったので、「こういうのがあるんだ!」と知って、すぐに買ってみました。パッケージを開けたときの香りも濃くて、ほかのハーブティーとぜんぜん違う!と思いました。

出産後は1カ月健診までは、とにかく乳腺炎にならないように、おっぱい優先の食生活にしていました。できるだけ煮物など和食中心で、甘いものや乳製品を控えて。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を毎日しっかり飲んで。だけど、1カ月健診で順調といわれてからは、気がゆるんで甘いものも解禁。食べたいものを食べたいだけ食べていたら、お正月くらいから、乳腺炎になりかけました。おっぱいがカチカチに張ってしまって。そのときも、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)をとにかく飲んで飲んで、おかげでカチカチだったのもひき、ひどい痛みにならないようにケアできました。

産後、産後2ヶ月の時、夫の実家の帯広に行きましたが、そのときも持っていきました。なにしろ帯広はお菓子の街で、甘いものがいっぱい!(笑) 3日つづけてケーキを食べたりしていたら、やっぱり痛くなりそうな「予感」みたいな感じがあったんです。でも、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)があれば大丈夫でした。
今は、自分の生活ペースを楽しむために、私にはメディカルハーブティーがある、そんな感じです。

妊娠中から授乳中、自分だけの体じゃないから、ケミカルじゃない自然なものでのセルフケアを心がけるようになりました。健康のためになにかをがまんするんじゃなくて、メディカルハーブティーを頼りにして、生活を楽しんでいきたいです。
静岡県 竹田奈菜さん
静岡県 竹田奈菜さん
妊娠中、安静にしていた間に、出産・産後に向けてネットでたくさん情報収集しましたし、アイテムも準備しました。 陣痛のことや産後の授乳のこと、体の回復について、いろいろ調べましたし、マリエン薬局でも授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)や産後ケアブレンドを買って準備しました。 この甲斐もあって、出産後は、準備した授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)をすぐに飲み始めることができました。

産後すぐに母乳はよく出るようになったのですが、生後間もなくは、娘がなかなかうまく吸えなくて、授乳リズムが軌道に乗るまではちょっと時間がかかりました。そのため、産後1週間ほどから胸がパンパンに張って熱をもってしこりができてしまったんです。いわゆる乳腺炎の症状でしたが、このころにはそうとは気づかず、そのままにしてしまったんです。しかも、乳首が切れてしまい亀裂が入って、下着が当たるだけでも痛いくらいでした。授乳そのものが辛くなって、更に乳腺炎の症状が悪化してしまいました。

あまりに辛くて助産師さんのところに駆け込み、マリエン薬局の方にも相談のメールをしました。まず、助産師さんに「これは乳腺炎ですね」と言われて、初めてこれが乳腺炎と気づいたんです。その時のしこりやつまりは、助産師さんのマッサージである程度解消しましたが、症状は完全に治まったわけではありませんでした。助産師さんからも「症状が完全に改善されるには3ヶ月はかかる」と言われたんです。

ところが、ショップの方にアドバイスいただいたように薄めに淹れた授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を引き続きコツコツ飲みながら授乳をしたところ、助産師さんに言われたよりも早く治りました!もちろん、娘の吸い方がじょうずになってきたこともありますが、マッサージ以降詰まらなくなったのは、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでいたおかげかなと、私は思っています。おかげさまで、現在は完全母乳で過ごしています。

いまはハーブティー以外の飲み物は飲んでいない、という感じです(笑)授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)と産後ケアブレンドをメインにしっかり飲んでいます。「ハーブティーは気休め」の感じがすると、私も最初は思っていましたが、実際に飲んでみて、値段以上の効果を感じています。現に、マリエン以前に飲んでいた他社のハーブティーは、効果がイマイチだなと感じていましたが、マリエンのハーブティーに出会っていろいろな効果を実感できました。今では普段のお茶がわりに飲むほど愛用しています。
静岡県 佐藤亜美さん
静岡県 佐藤亜美さん
一人目の妊娠中に、出産後になにか良いものはないかとインターネットで探したときに、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を見つけマリエン薬局を初めて知りました。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を見つけた後、たまたま、雑誌の記事を読んだんですよ。そこで、<このあいだ見つけたサイトの商品だ>と思い出しました。雑誌のインタビューにも取り上げられるくらいの商品だから、品質や味が悪いなどの心配はないだろうと思いました。マリエン薬局のハーブティーは、お値段は割と高めですが、ドイツから空輸されてくるものですし、逆に、品質・味に自信があるんだなと思い、試しに一袋購入することを決意しました。

月に1回ほど、38~39度の熱がでて乳腺炎になっていましたが、病院にはいかず、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んで、乗りきってきました。決まった乳腺がつまりやすいのと、食事制限が苦手でして、好きな時に好きな物を食べるのが好きなのです。(笑)ハーブティーを飲んでいても食べ物に寄っては、詰まりを起こし熱が出ました。特に洋菓子はすぐに詰まりましたね。子どもが小さいうちは手作りする時間もなく市販のものを買って食べていました。ケーキなどを食べるとテキメンでしたね。 

そんな時は、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲み、わきの下のリンパ腺を冷やしながら搾乳をしていました。(後に搾乳はあまり良くないとも伺いましたが。)子どもも、おっぱいが美味しくないと怒って、おっぱいを噛むんですよね。「ごめんね、ごめんね」と言いながら授乳していました。

毎月38~39度の熱をだすので、家族も心配して、病院に行くことを勧められました。友人が、「母乳マッサージで泣くほど痛かった。」というのを聞いて、「そんな痛い思いをするなら自分で頑張る」と授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んで乗り切ろうと思いました。

詰まる時はポンと熱が上がってきます。たいてい1~2日位で38度以下に下がってくると体は楽になってきます。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲むと詰まっても、詰まったまま動かないではなく、少しずつ詰まりが動く感じがあったんですね。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲み、自己流ですがマッサージをやったりして徐々に楽になっていくのを実感できました。

上の二人は1歳違いの<としご>なんですね。ですので、その頃の授乳中のことは覚えていないくらい本当に忙しかったです。でも長男の時にブレンドと自己流マッサージでのりきれたので、二人目の時も病院に行かなくても乗りきれると自信がもてました。
神奈川県 菅澤円佳さん
神奈川県 菅澤円佳さん
妊娠が分かる少し前に、義理の姉に紹介してもらったのがマリエン薬局を知ったきっかけです。もともと、将来生まれる子どもには自然のもの、口に入れても安全なものを使ってあげたいという気持ちがありました。
妊娠が分かる前から、免疫力対策レメディウム。妊娠がわかってからはマタニティブレンド(当時の名称はライフサポートブレンド)をプラスして、1年ほど飲み続けました。そして産後は、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲みました。
息子は、現在2歳9カ月ですが、いまも母乳を飲んでいるのですよ。1歳くらいまでは、間隔があくと胸が張ってきて庵力に飲んでもらったりして張りやしこりを解消したりしましたが、1歳すぎるとそんなに張ることもなくなりましたし、母親である私が口にする食べ物に気を使うこともなく楽に母乳育児を続けられました。それも、このブレンドのおかげだなと感じています。2歳くらいまでは毎日ブレンドを飲用していました。2歳を過ぎて飲まなくなりましたが、ブレンドのおかげで母乳が良くでて、トラブルもなく過ごすことができています。
埼玉県 中山有香さん
埼玉県 中山有香さん
いま産後3ヶ月なんですが、少し前までとにかくおっぱいが張って、痛くて、ほんとに毎日イライラしていました。そうしたらある日、急に発熱してしまったんです。ネットで検索をしてみたら私の症状はどうやら「乳腺炎」らしいということが分かりました。

授乳中は、お肉とか食べたくなっちゃって・・・でもそうするとおっぱいが痛くなるし、辛くて・・・かと言って、生まれて間もない子を連れて、助産院に相談に行ったり、マッサージをしてもらいに行くのはどうにも億劫だったんです。なかなか外出する気にもなれなくて。痛くて辛くて、でも出かけるのはやっぱり面倒・・・そんなことの繰り返しで精神的に参っていました。特に「自然療法」ということにこだわりがあるわけでもなく、「とにかくこの痛みを何とかしたい!」と思ってネットで何かいいものはないかと探し始めたんです。

ただ、もう辛くて、「おっぱいの張り」とか、「痛い」とかで検索してできたのが、たまたまマリエン薬局だったんです。それで、このお店のことを調べようと思って、掲示板やネット上の質問コーナーなどで調べてみたら口コミが結構でてきたんですよね。それらの内容が「乳腺炎が治った」「改善された」「ラクになった」など、とてもよかったので、これなら大丈夫そうかな、と思ったのです。ほかにも、「ドイツはもともとすごい肉食&ケーキを食べるお国柄、だからハーブティーでケア・・・」などの記事をホームページ上で見かけて、「あっこれだ!」って(笑)。ほんとに藁をもつかむ思いだったので・・・なので気が付いたらポチッと押していました。

効果を感じたのは3日後くらいでしょうか。あれだけおっぱいがパンパンだったのに、ス~ッと張りがなくなってラクになっていきました。これまで玲海が寝てしまったりして授乳間隔が空くとおっぱいがすごく張って痛かったんですよ。でも飲み始めてからはそれが改善されていきましたね。今でも授乳の間隔が空くとやっぱり張ることは張るんですけど、ずっと張りっぱなし、ということはなくて、しばらくすると何もしなくても張りがなくなって、痛みも消えているんです。

それに、お風呂に入ると体が温まっておっぱいが張りますよね。それもブレンドを飲んで1週間後ぐらいでしょうか、お湯の中でおっぱいが自然に流れていくのを見たんです。「あぁ、詰まらないってこういうことか・・・」ってその時すごく実感しました。

最初は、朝・昼・晩で、カップ1杯ずつ、ハーブはティースプーン一杯ずつ入れて、飲んでいました。トラブルが解消された今は、少し面倒なので、朝、薄めにたくさん作って、ペットボトルに入れて飲んでいます。大体1日1.5リットルくらい飲んでます。 ブレンドを飲むようになって子育てがラクになりましたね~。母乳育児も順調になりました。痛みに悩まされることがなくなって、イライラがなくなったので、気持ちもゆったり、子どもとの毎日を穏やかな気持ちで過ごすことができるようになりました。
大阪府 榎本夕佳さん
大阪府 榎本夕佳さん
娘が生まれてから1か月ほど経った頃だったと思います。母乳の出がよくなくて、そういうのによいものが無いのかなと思ったのがマリエン薬局を知ったきっかけです。乳腺が詰まってしまい、かちかちになってしまって、乳腺炎の一歩手前という状態になってしまうことが多かったんですね。そういうとき助産院でマッサージに行ったりするものだけれど、セルフケアで何とかする方法がないのかな・・・と思って、インターネットで検索をしてみました。するとマリエン薬局のサイトにヒットし、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を見つけました。お客様の声を見てみると、良い感想が多かったので、購入を考え始めました。
飲んでいた量は1日1リットルくらいでしょうか。多いときは1リットル以上飲んでいたかもしれません。外出するときは1リットルのペットボトルに冷ましたものを入れて、持ち歩き、のどが渇くと飲んでいました。
飲み始める前は脂っこいものとか食べると、翌日はおっぱいが詰まってひどい状態になっていました。でもブレンドを飲むようになってからは、何を食べてもおっぱいが詰まったり張ったりすることが無くなりました。私、甘い物も大好きなのですが、そういうものも食べても平気になりました。
なんでも食べることができるというのはストレスの解消につながりますね。またカモミールがブレンドされているためか、リラックス効果もあるようで、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)には本当に助けられました。
広島県 渡部ひろみさん
広島県 渡部ひろみさん
2人目の長女を妊娠中に妊娠専門のサイトに紹介されていたのを見たのがマリエン薬局を知ったきっかけです。そして、マタニティブレンドを出産までの半年間飲んでいました。出産時、産院には授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を持参し、出産後、「早くおっぱいが出ますように・・・」という気持ちで、自分で淹れて飲んでいました。
1人目のときには乳腺炎になり、詰まっているのをほぐして母乳を出すことが何度もあったのです。でも2人目のときは、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のおかげで、乳腺炎になりませんでした。おっぱいがぶ飲みパックを全て飲みきったら、リズムができたのか、その後の母乳育児は順調でした。1人目のときに授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を知っていれば・・・と思いましたね。乳腺炎は今でも忘れられないほど本当に痛いものでした。
私もそうだったのですが、もし妊娠なさっていらっしゃる方なら、まずはマタニティブレンドを、授乳中なら授乳・乳腺炎ブレンドをお試しいただくといいのではないでしょうか?この2つのブレンドには本当に助けられました。メディカルハーブはお薬ではないので即効性があるわけではないのですが、試してみるとマリエン薬局の良さがわかってくるのではないかと思います。
東京都 堀衣代さん
東京都 堀衣代さん
(3人目の)息子が生まれたときにお友達に「授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)」を出産祝いにいただいたのです。上に高校生と中学生の女の子がいるのですが、その時は初めての子育てということもあり、私も気負いがあったのか、子どもに泣かれれば私もどうしていいのか分らず一緒に泣いている状態でした。乳腺炎にもなり毎日保冷材で冷やして、産院でマッサージしてもらう状況だったのです。それが(3人目の)息子の時は、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでいたせいか、一切乳腺炎のトラブルがありませんでした。
実は、マリエン薬局のことは、お祝いでいただく前にも妊娠雑誌で授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)が紹介されていたので知っていたのです。日本でも様々なハーブティーが出回っていますが、一体何に効くのか分りにくいし、味もさほどおいしいと思えるものでもなかったので、ハーブ自体に興味を持っていませんでした。ですので、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)をいただいて初めてメディカルハーブの実力を知ったと言えるかも知れません。
東京都 武藤麻由香さん
東京都 武藤麻由香さん
友達がマリエンの商品を使用していて、マタニティブレンドのことを聞いたのがマリエン薬局を知ったきっかけです。 出産時は、ドイツ在住の日本人の友人から出産後の体ケアに使うためのアロマオイルとハーブティーをプレゼントしてもらい、これらも病院に持って行きました。「ドイツでは、病院の待合室などにハーブティーが置かれていて、みんなでお茶したりするんだよ」と聞いたこともあり、うらやましいなと思っていました。
友人からもらったハーブティーは、ティーバッグで手軽に持ち運び出来るため、出産後、先に飲み始めました。少量だったのですぐに飲みきってしまい、その後はマリエンで配合ハーブが似ている授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を愛飲していました。
産後すぐから飲み始めたので、トラブルもなく母乳のみで育てることができました。母乳で悩んでいる友達がいたら必ずと言っていいほど勧めていました。(笑)
大阪府 栃谷さん
大阪府 栃谷さん
長男を妊娠中に切迫流産となり、自宅で絶対安静を指示された頃、退屈だったので始めたブログをきっかけに出産予定日も一緒という方と出会いました。産後、その方のブログを読んでいたら、マリエン薬局のアイテムが載っていて、興味をもちました。その方がブログで紹介しているアイテムは、私にも“大ヒット”という感じで、気に入ることが多かったのです。「マリエン薬局。これも良いものに違いない」と思い、マリエン薬局のサイトに飛びました。
最初に注文したのは、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。飲んでみると、寝つきがよくなったことに驚かされました。
次男の出産では産後、24時間母子同室でした。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲もうと思っても余裕がなくて、困ったなと思っているうちに3日で乳腺炎になってしまいました。40度近くまで発熱して、病院で解熱剤と点滴をしてもらい自宅に戻りました。でもその後は、助産院でお乳の様子を診てもらいながら、授乳・乳腺炎ブレンドを飲んだら、すぐに母乳が出るようになりました。
東京都 サクケイコさん
東京都 サクケイコさん
3人子どもがいるのですが、3人目の出産後、母乳の詰まりが気になってインターネットで検索して見つけたのがきっかけでした。人目の長女の時は、ケーキなどの母乳に良くないと言われているものをいただいても全く詰まることはありませんでした。しかし、2人目の長男の時は年末年始でイベント事が重なったせいかもしれませんが、ちょっと詰まってしまいました。運良く乳腺炎まではいきませんでしたが、母乳外来に行って詰まりを取ってもらったり、毎晩お風呂に入った時に詰まっていないか自分でチェックをしてメンテナンスしていましたが、3人目の次男の時も詰まってしまったので自分で他にケアできるものはないかとネットで探し始めたんです。
その中で『マリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)がいい』という情報を見つけ、そこからマリエンのサイトにたどり着きました。早速サイトを拝見し、お客様の声で効果を実感している声が多数あったということと、マリエン薬局の品質へのこだわりが感じられ「これだけいいものを選んで使っているのならば試してみよう」と思ったことがきっかけでした。ドイツの伝統的な自然療法のお店、というところにも惹かれました。
飲んでみると非常に良かったです。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでみてすぐ詰まりがなくなりました。私の場合は、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)さえ飲んでいればステーキのような脂っこいものや生クリームをいただいても大丈夫でした。 母乳が良くなるためのお茶などは色々ありますが、その中でも良さそうだなと思えたのはマリエンだけだったんです。他のお茶は試していないのでわからないのですが、自分にとっては当たりの商品でした。もうこれだけでいいです。
埼玉県 宗像さん
埼玉県 宗像さん
妊娠したことを報告した友人にマタニティプレゼントをプレゼントされたのが、マリエン薬局を知ったきっかけです。 出産後は授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲み始めました。授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲み始めると最初母乳が全く出なかったのが、少しずつ出るようになってきましたが、母乳が出ないのは体質だしミルクでもいいかなと思っていました。
ところが赤ちゃんのお世話に必死で、ハーブを淹れている時間が取れず、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)が飲めなかった時があったのですが、微熱が続いてしまい体調が悪く、おっぱいが詰まってしまったんです。多分乳腺炎になってしまったのでしょうね。その時ハーブティーのおかげで予防ができていたのだと実感しました。それからは、自分のために飲み続けようと思い、一回分ずつを小分けの紙パックに入れて、その都度簡単に飲めるように工夫しました。飲み続けていくと徐々に症状もよくなり、母乳も出るようになりました。
授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のおかげで「出したいときに出せて、必要ないときは出ない、そして詰まることも無いおっぱい」になったのには驚きました。
現在、響生は1歳半になり離乳食などを食べられるようになりましたが、時々母乳を欲しがる時に、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)をガーッと飲んでから母乳をあげるとゴクゴクと音がでる程よく出ます。お母さん友達には「まだ出るの?つらくない?」と驚かれますが、普段母乳を飲ませなくても乳腺炎になることはありません。“母乳は血液と同じだから必要な時に作られたものを飲ませるのが一番良い”という理想の姿に自然と行き着きました。
東京都 大久保香織さん
東京都 大久保香織さん
長男のはるきを出産した後、ベビーマッサージに通い始めました。そちらの先生から、母乳が出づらい、張ってしまって痛いなど、おっぱいのトラブルを抱えているお母さんに勧めているという、ハーブティーを試飲させてもらったのですが、それがマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)でした。ハーブは好きなものと苦手なものがあるので心配だったのですが、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)は甘い香りでとても美味しかったです。でも日頃は、緑茶や紅茶などを飲んでいたのですぐに購入とまでは至りませんでした。

でも、乳腺炎になってしまい、「やはり、買わねば!」と思いたって、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を購入しました。こってりとした食事を摂ったり、疲れた時になりやすかったのですが、そういう時は、外出を控えるようにしてゆっくりとブレンドを飲んで、美味しくなったおっぱいを沢山飲んでもらうようにしました。それと平行して、母乳マッサージで溜まったおっぱいを搾取してもらったり、食事を粗食に切り替えたりしました。

はるきを連れて外出することも多かったので、その時は空のペットボトルに作ったブレンドを入れて持ち歩きました。ブレンドを飲んだ後に、授乳をすると特に良く飲んでくれるので、おっぱいが軽くなりました。きっと、おっぱいの味も美味しくなっているのでしょうね。

2人目のみゆきはマリエン薬局の授乳オイルでおっぱいのマッサージもしました。それまで赤ちゃんの口に入っても安全な授乳オイルがあることを知りませんでした。マリエンのものは、ほのかな甘さとさわやかさがちょうどよくブレンドされた香りで、育児のひととき、おっぱいのマッサージによって、とてもリラックスができました。自分のおっぱいをマッサージしてみると、赤ちゃんの飲み残したものがしこりになってしまっていることに気づきました。その部分を重点的にマッサージし、次回飲みやすいように整えたうえで飲んでもらうと、しこりがなくなり、おっぱいが軽くなりました。このマッサージのおかげで、自分のおっぱいもケアしたほうがいいと再確認することができました。

私は元々乳腺が細いため、重たい食事や疲れなどで乳腺が詰まりやすく、はるきの時は乳腺炎や白斑のために毎月、母乳マッサージに通うほどでした。ですが、今回は、乳製品や洋菓子などをいただいても、おっぱいのトラブルは起こらず、母乳マッサージに通うこともないですね。やっぱりメンテナンスは大事だなって実感しました。
神奈川県 剱持智代さん
神奈川県 剱持智代さん
結婚後、子どもができる前のことですが、ある講座を受講したことがありました。その講座は、「女性の身体についてもっと関心をもとう」「自分で自分の身体をケアしよう」といったようなことを学ぶ講座だったと思うのですが、マリエンさんのことが話題にのぼったんです。それで興味を持ったのがきっかけでした。できれば身体の メンテナンスは、ナチュラルなものでケアしたいと思い、マリエンのメディカルハーブティーに興味を持ちました。
(色々なアイテムを使ってきましたが、お薦めのものと言うなら)出産後には授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)もいいですね。私は、母乳がたくさん出ているのに、この子があまり飲まなくて、よく寝る子だったので、飲む間隔が長かったんです。それで、胸が張りやすかったのですが、乳腺炎とか処置しなくてはいけないほどにはならなかったので、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を飲んでいたからだったのかなと思いました。妹も飲んで、おっぱいの調子がよかったようです。
千葉県 山内まりさん
千葉県 山内まりさん
息子を妊娠していた時に、知人がマタニティブレンドをプレゼントしてくれたことがマリエン薬局さんとの出会いです。出産後、特に授乳のためとか、健康のためといったような何か特定のものは飲んでいませんでした。「安産ブレンド」のこともすっかり忘れていました。

ところが、出産2ヶ月後くらいでしょうか、ある日突然おっぱいが張り、痛くて仕方ない状態になってしまったのです。ガチガチになってしまって・・・。

その頃はまだ実家にいました。 そこでいろいろ調べているうちに家の近くにおっぱいマッサージをしてくれる助産師さんがいらっしゃることがわかり、早速通い始めたのです。 その方のお話では、私の場合、母乳が詰まっていて、中でドロドロになっていたそうです。それでおいしくないから赤ちゃんは飲まず、さらに、赤ちゃん自身もまだ飲み方が上手 ではない、ということで、母乳は出ていかず、赤ちゃんの体重もなかなか増えない・・・そんな悪循環になっていたようす。

それから週に1回マッサージに通うようになりましたが、良くなってもすぐに再発・・・の繰り返しでした。そこで初めて乳腺炎の原因について知るようになりました。出産直後は全然何も知らなかったんです。甘いものや脂肪の多いものは授乳中はよくないんですね。でも私は、遊びに来たお友達がケーキを持ってきてくれるとそれを食べていましたし、お肉もたくさん食べていました。原因はそれだったのかも・・・と、そしてそのつけが、2ヶ月たった今頃回ってきたか?・・・なんて思っていました(笑)

そんな毎日を送っていたある日、偶然に、「安産ブレンド」をいただいた時に一緒にもらった紙、というか資料を発見したんです。すごく小さな字でぎっしり書いてあったけど、 必死に読みました(笑)そこには「乳腺炎が楽に!」とか「効きました!」というお客さんの声がたくさん並んでいて、「これだ?!まさに私のためのブレンド!!」と思ったん です。その時に迷いはなく、即注文しました。「安産ブレンド」を飲んでいたから安心感もあったのでしょうね。最初から疑いもせず「がぶ飲みパック」を注文しました。

効果を実感したのはすぐでした。ティースプーン3杯ほどをカップ1杯(約300cc)にたっぷり入れて飲んでいました。私は濃いめにして飲んでいたんです。1日に2回、朝と夜、 カップに2杯飲んで、1~2週間ほどたった頃でしょうか。あんなに痛くてつらかった張りもなくなり、詰まりもなくなって楽になったのです。

詰まりがとれて母乳がでるようになったのか、なかなか増えなかった子どもの体重も順調に増えてきたようで、マッサージに行くと、ついこの間まで 「飲み方が・・・」とか、「母乳の質が・・」なんて言っていた助産師さんが「順調です」と一言。
拍子ぬけしてしまうくらいのあっさりとした反応だったんです。

いまは子どもも1歳7ヶ月。8ヶ月ごろから離乳食も始めて、母乳も少しずつ欲しがらなくなりました。併せて私も授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を卒業しました。そのうち、夜はお布団に抱っこで眠ってくれるようになり自然に卒乳していくことができましたよ。
東京都 S.Aさん
東京都 S.Aさん
亜耶を出産後、母乳があまり出なかったことがマリエンを知ったきっかけでした。亜耶は粉ミルクが好きではなくて、あまり飲んでくれなかったんです。そのせいか体重が増えず、早くおっぱいをたっぷり飲ませてあげたいと思いました。インターネットでいろいろ調べていたら、母乳のためのお茶がたくさん出ていることを知ったんです。そのなかに、その中にマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)(以下、授乳ブレンド)もありました。
授乳ブレンドの袋を開封したら、お菓子のようなとってもいい香りがして、幸福な気持ちになれました。飲み始めて1週間くらいで、すごく出ている感じがしました。授乳ブレンドを飲み始めてから、1ヶ月くらいで、母乳だけで大丈夫になりました!
乳腺炎など、他のおっぱいトラブルはなかったですね。当時は、気づかなかったのですが、おっぱいトラブルがなかったのも授乳ブレンドを飲んでいたおかげかなと思いました。というのも、先日、思い当たることがあったんです。今は、離乳食が進んでごはんもよく食べるので、あまり授乳していなかったのです。亜耶がほしがる時だけ、あげて。コミュニケーション的なものですね。なので、授乳ブレンドは、飲んでいませんでした。ただ、この間、亜耶が突発性湿疹で体調を崩して、食欲がでず、あまりごはんを食べなかったので、1週間くらいおっぱいをあげていたら、また母乳が復活したんです。そうしたら、おっぱいが堅くなりそうな感じがあって、授乳ブレンドを飲んでいる時には、こんなことは無く、乳腺炎対策にもなっていたんだなぁと改めて思いました。
東京都 熊田聖さん
東京都 熊田聖さん
私の姉が以前からマリエン薬局について知っていたみたいです。それで、娘を妊娠している時に、授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)をプレゼントしてくれたのが使い始めたきっかけです。 だからハーブティーは、出産後、手元にあったから飲んだ、そんな感じでした。
もともと助産師さんに「双子が育てられますよ」といわれるくらいおっぱいがよく出るのですが、ハーブティーのことを知る前、お兄ちゃんを育てている時には、おっぱいが出すぎで乳腺炎を繰り返していたんです。月に1回はマッサージに通わなきゃいけない状態で、本当によく詰まっていました。でも、二人目の娘の時には、このブレンドがあったので、毎日飲んでいました。そのおかげか乳腺炎に苦しめられることはありませんでしたね。マッサージに通う必要もなくて、本当に順調でしたよ。やっぱりたくさん出るのでつまりがちではあったのですが、痛くなってきた、しこりができたかな・・というときには、自分でそのしこりをもみほぐしながらこのブレンドを飲むようにしていました。そうすると、じきに治ってしまいましたね。
東京都 ねことこねこさん
東京都 ねことこねこさん
妊娠がきっかけで自然療法に興味をもちました。書店で偶然、横森理香さんの「横森式おしゃれマタ ニティ」を見かけて、マリエン さんのことが書いてあったので、サイトを見に行きました。
授乳ブレンドは、横森理香さんの著書に紹介されていたのと、マリエンのサイトを 拝見して、すごく良さそうだったんですよね。私は、子供をできれば母乳で育てようと思っていたので、トラブル回避になるもので体にいいものはなるべく取り入れようと思っていました。なので、授乳ブレンドは、出産後、すぐ飲めるように、ハーブを細かく擦っておいて、お茶パックに小分けして病院へ持っていきました。授乳ブレンドは、甘くておいしかったです。夫も一緒に飲んでいましたよ。(笑)
授乳ブレンドを飲んでいたおかげだと思うのですが、母乳はすごく順調でした。ケーキとか甘いものもよく食べていたのに、おっぱいトラブルは、ほとんど無し!娘は、完全母乳で育ちました。仕事復帰後も朝と晩だけ授乳していて、これもハーブティーの影響だと思うのですが、体のリズムが自然と朝と晩に授乳するような体に なっていて、昼間、胸が張って搾乳するということもなかったですね。
ほんとにトラブルが無かったので、妊娠している人がいるとすぐに「これがすごく いいよ!」って、マリエンのハーブを紹介しています。これまで何人に紹介したり、 プレゼントしたかな。(笑)
東京都 中津川愛さん
東京都 中津川愛さん
出産後、スリングショップのサイトを見たら、母乳に良いハーブということでマリエンの授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)のことが書いてあったと思います。その頃、私も母乳で育てようと思っていたのですが、母乳のことで悩みがあったので、マリエンのサイトを見に行ってみました。
 マリエンさんがハーブティーも薬として処方していることを最初は、不思議に思いました。ハーブがドイツの薬事法の基準を満たしているというのは、一定の効果があるからメディカルハーブとして認められているのだろうなと思って、「購入してみよう!」と思いました。
 飲み始めて1日たったら、おいしくておいしくて、それからは、がぶ飲みするようになりました。 飲み始めてからミルクを足すことは減っていき、1ヶ月たつころには、母乳だけで満足するようになりました。
 遥流が8ヶ月の頃、京都に旅行にいくことがありました。せっかく京都へ行くのにおいしいものを食べられないのは嫌だと思って、授乳ブレンドを細かく砕いて、プレス式のマグカップと一緒に持ち歩いて、飲んでいました。おかげで、おっぱいトラブルもなく、おいしい中華料理が食べられました。授乳ブレンドを飲んでいれば安心でした。
 授乳ブレンドがなければ遥流は育てられなかったと思います。昨年の10月に断乳しましたが、断乳後も順調で、今となっては、授乳ブレンドを飲まないことが寂しいくらいです。
茨城県 脇本登希子さん
茨城県 脇本登希子さん
お子さんを母乳で育てていた友達がいるのですが、本人の気がつかないうちに、乳腺炎になっていたらしく、悪化してしまい、熱が出て、身体全体に激痛が走るほどになってしまって、手術することになってしまったそうです。その話を友達から聞いていたことと、私の母があまり母乳のでないタイプだったので、授乳を始める前から、なにかしら母乳について対策を打っておいたほうがよいなと思っていました。 なので、妊娠がわかってから、さっそく出産や母乳に関するいろんな本を読み、母乳というキーワードでネットサーフィンもしていました。そんなとき、マリエンさんのサイトにたどりついたのです。

出産後、そのうち右の乳房が鉄のようにカチカチに堅くなり、触ると激痛が走るようになったので、「これは、もしかして乳腺炎?」と不安を感じ、あわてて、母乳マッサージをしてもらうことにしました。私は運転免許をもっておらず、出産後ということもあって、外出もままならないので、マッサージのため、助産師さんに自宅へきてもらい、マッサージしてもらいました。助産師さんの話だと、最初に赤ちゃんにたくさん吸ってもらうという処置をちゃんとしなかったからだろうということでした。「そっか、じゃあ気を付けなくちゃ」と改善のために、食事は、和食を多く取り入れるようにしました。

マッサージをしてもらった後は、一時的に良くなるのですが、また、すぐ詰まって、悪化して痛くなり、助産師さんに連絡してきてもらうということが何度もありました。助産師さんも「最初のうちは、1~2週間に一度は、マッサージしないとね」と言われました。そのマッサージも出張で家にきてもらうので、普通にマッサージに通うより料金が高くつきますし、このままではらちがあかないと思いました。それに、これから子供にもいろいろものを買ってあげたいとも思っていましたので、マッサージに何度もお金を使うのはどうだろうと思いはじめ、他の方法を試してみようと思いました。

マリエンの授乳ブレンドのことを思い出したのは、そのころでした。乳腺炎になった頃は、すっかり忘れていたのですが、妊娠中、母乳関係によいものとして、調べておいた授乳ブレンドが気になり始めました。さっそくサイトから授乳ブレンドを注文しました。 授乳ブレンドがドイツから届いた翌日の土曜日の夜中3時ごろ、急激に胸が痛くなりました。痛くて痛くて、眠れませんでした。土曜日は、マッサージもお休みでどうしようと困ってしまい、とにかく授乳ブレンドをまず飲んでみることにしました。これでだめならマッサージをまた呼ぶつもりでした。すると、朝には、あんなに痛かったのに、すっきりして驚きました。朝、娘がおっぱいを飲んだときに、その吸う勢いで、まだ残っていた粒が乳管を通るときに少し痛みましたが、それ以外はまったく平気でした!マッサージをしてもらってもどうにもならなかったのに、ハーブティーだけでこんなに早く効くものかとびっくりしました。それからは、ずっと授乳ブレンドを飲み続けていて、おっぱいトラブルは、ほとんどありません。

授乳ブレンド以外に妊娠中と授乳中に、母乳を出すために、タンポポ茶を飲んでいました。効いていたといえば効いていたような気がしますが、水分量が多くなったせいかなと思いますし、こちらは乳腺炎に効いたということは、特になかったです。
東京都 倉本理代さん
東京都 倉本理代さん
マリエンを知ったのは2人目を妊娠中、友人から授乳ブレンドをプレゼントされたのがきっかけです。
長男の晴貴の時は、母乳だけではたりなくて、粉ミルクも足していました。おっぱいがよく硬くなっていた気がします。搾乳しても、しこりのような感触があって、今思えば詰まり気味だったのかもしれません。初めての初産で忙しくて、他に試す方法も探すこともなく、粉ミルクがあるからとなんとなく粉ミルクで補っていました。でも、搾乳しないと胸が張っていました。飲みきれなくて残っていたからかもしれません。今となって思えば、母乳だけでいけたのかもしれないです。
2人目の光貴の出産で入院しているときに、例の友人が授乳ブレンドをプレゼントしてくれました。出産後、家に帰ってから、さっそく授乳ブレンドを飲み始めました。今回は、おっぱいが張っても、しこりやコチコチという感じは無く、光貴に吸ってもらえばすぐ柔らかくなるのでハーブティーのおかげと思っています。
3,4ヶ月検診にいったら、標準体重より体重が少し上だったので、うれしかったです。これからの成長が楽しみな毎日です。
群馬県 黒岩さん・川口さん ご姉妹
群馬県 黒岩さん・川口さん ご姉妹
(姉:黒岩千明さん)
二人目の子育て中にマリエン薬局のことは知っていたんです。確か、検索エンジンで「子育てワハハ」にたどりついて、そこから知ったのだと思います。マリエン薬局の自然療法についての解説を読んでいると、「まさに、私の考えと一緒だ!」とうれしくなったことを思い出します。マリエン薬局の商品に魅力を感じていたものの、3人目の妊娠中に飲み始めた「マタニティブレンド」が私のマリエン初体験となったのでした。
産後は、母乳不足の解消をと思い、出産前に「授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)」も購入しました。長男のときは、母乳がなかなか出なくて困りました。母乳も詰まりやすく、乳腺炎気味だったのかもしれません。2人目のときも状況はあまり変わりませんでした。3人目に関しては産後は、詰まりやすい乳腺炎も解消して、母乳の分泌はバッチリです。自分にとっての理想的な母乳育児が実現したのは、これが初めてでした。
東京都 西村美緒さん
東京都 西村美緒さん
今、2才の琉(りゅう)と1才の類(るい)の二人の子供がいます。長男のときは、母乳がなかなか出なくて困りました。母乳も詰まりやすく、乳腺炎気味だったのかもしれません。2人目のときも状況はあまり変わりませんでした。

最初は手近なことから始めました。ジャスコにあったたんぽぽが主成分のお茶や、楽天のよく買い物をしている日用品や健康食品の販売サイトのイタリア製、アメリカ製のナーシングティーとか、マザーズミルクティーと書いてあった健康茶を買いました。お茶の味は、味が強かったり、すごくくさくて、まずかったです。それでも我慢して、それぞれのお茶を、1~2週間ずつぐらい飲み続けたのですが、どれも効果が出なかったので、やめました。

食事のことも本やネットで調べました。おおざっぱには和食がいいということだったので、ごはんとみそ汁、穀物、海草などが中心の食事にしました。油分、糖分は乳腺にあまり良くないということなので、控えめにしました。しかし、体調もまた少し悪くなりました。乳腺炎というのでしょうか。お乳がカチカチに張って、痛みや不快感がありました。

マリエンのことは昔から知っていました。妊娠中に、横森理香さんのエッセイを読んで、そこで紹介されていたので。いちばん最初の時も、マリエンのお茶を買うことを考えたのですが、でもドイツからの取り寄せということなので、商品の到着に時間がかかるのかなと思って、ためらいました。だけど、ジャスコでも楽天でもうまくいかなかったので、マリエンを試してみようと思いました。

飲んで、3日~4日ぐらいで、おっぱいがむずむずするような不思議な感覚がありました。一週間ぐらい飲み続けると、乳腺炎が治ってきました。張りや痛みが引きました。 乳腺炎が治ってきたせいか、母乳もスムーズに出るようになりました。お通じもよくなって、体が軽いかんじになってきました。

しばらくして助産師のところにいって体の調子を見てもらいました。母乳の出方には問題はないし、類も健康体で、問題はないとのことでした。マリエン薬局のハーブティーには、今回、とてもお世話になりました。