リラックス、イライラ対策、睡眠に関するマタニティブレンドのインタビュー

奈良県 梶原洋子さん
奈良県 梶原洋子さん
第1子を妊娠中に友人の1人が「すっごくいいハーブティーがあるよ!」と紹介してくれました。それが、マリエンのマタニティブレンド(当時の名称:ライフサポートブレンド)でした。
マタニティブレンドを飲み始めてから、ぐっすり眠れるようになりました。妊娠中はよく「夜中、トイレに何回も起きてぐっすり眠れない」ということを聞いていたのですが、私は妊娠後期に入っても、すごくよく眠れました。毎日2リットル以上は飲んでいたのに、トイレに何回も起きるということもなく、起きても1回くらいでしたね。単に水分を取るのではなく、メディカルハーブだったから身体のリズムができたのかもしれません。
出産のときは、マタニティブレンドをペットボトルにいれて助産院に持参し、水分補給のためにずっと飲んでいました。先に破水してしまったのですが、マタニティブレンドを飲んでいたおかげか精神的には余裕がありました。そして、夫とカフェに行ってから産院へ。助産院での出産ということもあり、比較的自由にリラックスして過ごしていました。ペットボトルのお茶がなくなると、夫がまた後から持ってきてくれました。3日間の入院中、毎日淹れて持ってきてくれましたよ。夫は、私がこのマタニティブレンドで尿タンパクが改善されたり、体調が良くなっていくのを間近でみていたので、ハーブティーを飲むことにもとても協力的でした。
マリエンのハーブティーは飲み続けていく事に意味があると思います。飲み続けることで、必ず身体の変化に気付き始めると思います。私は、妊娠中にマリエンのハーブティーと出会って、妊娠中のトラブルが改善したことで、自分の身体を一番良い状態にしてくれるお茶だと感じました。
神奈川県 フクザワチナツさん
神奈川県 フクザワチナツさん
私は妊娠初期からとにかくつわりがひどかったんです。食べ物も受け付けず、仕事や家事などもままならない程で、起きている間は常に吐き気がひどくて、精神的にも落ち込んでいました。病院で点滴を受けてもなかなかよくならず、それが妊娠4ヶ月頃まで続いてすごく辛かったです。その時につわりに良いと言われている他社のハーブティーを購入してみたのですが、残念ながらティーの香りが苦手で全く受け入れられず・・・。

その後、徐々につわりが解消されて少しずつ外出できるようになった頃に、たまたま書店で横森理香さんの本を手に取ったことがきっかけでマリエン薬局を知ったんです。つわりの時期は終わっていたけれど、妊娠中のコンディションを整えたり、出産時にも役立つと知ってすぐにマタニティブレンドを注文しました。それまで他社の製品では薬効というものをあまり感じたことがなかったので、むしろ、どれだけ効果があるんだろう!という期待が大きくて、届くのがとても待ち遠しかったのを覚えています。

マタニティブレンドがメンタル面をサポートしてくれたと思える体験がありました。飲み始めた妊娠5ヶ月頃に夫が2週間ほど入院したんです。仕事もありましたし、大きくなってくるお腹を抱えて、自宅と病院を毎日往復するのはとても大変だったのですが、普通なら不安になるはずの日々を悲観的にならずに過ごせたのはマタニティブレンドを飲んでいたからじゃないかなと思っています。

飲んでいた時期はとにかく気分が安定していました。毎日をハッピーな気持ちで過ごすことができて、マタニティ講座に友人と出かけたり、普段はあまりやらないお菓子作りや赤ちゃんのスタイ作りなどをする心の余裕ができました。


残念なことに出産時にマタニティブレンドを飲むことが出来なかったんです。予定日より前に破水から始まってしまったため、充分な準備も心の余裕もないままに入院、そして出産となりました。結局、産後に病室からこっそり母に電話してマタニティブレンドを持ってきてもらい、やっと飲むことが出来たのですが、出産で疲れた身体にしみわたる感じで、リラックスできました。
大阪府 栃谷さん
大阪府 栃谷さん
5年ほど前、不妊治療を経て、長男を妊娠中に切迫流産となり、自宅で絶対安静を指示されました。退屈だったのでブログを始めたのです。ブログをきっかけに、私と同じく妊娠中で出産予定日も一緒という方と出会いました。趣味や好みも似ていて、その方がブログで紹介しているアイテムは、私にも“大ヒット”という感じで、気に入ることが多かったのです。産後、その方のブログを読んでいたら、マリエン薬局のアイテムが載っていて興味を持ちました。

第2子の妊娠中も、長男のときと同じく、また切迫流産で入院することになってしまいました。私の場合は体質で、子宮が後屈しているからだそうです。1人目も2人目もそうだから、何人妊娠しても切迫流産になるだろうと言われました。前回とは違い、長男がいますから、いつまでも入院しているわけにはいきません。お医者さんには「絶対に安静にするから2週間で退院させてください」とお願いして、病院ではマタニティブレンドを飲んで過ごしました。そして本当に2週間で退院しました。

入院中、マタニティブレンドを飲んでいるとなんとなくですが、お腹の赤ちゃんが守られているような気分になりました。それに病院で規則正しく眠ることができました。病院では相部屋で、悪阻がひどい方など様々な症状の妊婦さんが入院されていて落ち着かない部屋だったのですが、寝る前に飲むと落ち着いて眠れました。寝起きも良かったです。

退院後はトラブルもなく、妊娠を継続することができました。長男の妊娠中は何かと不安で、自宅にこもりっきりでしたが、2人目のときは、周囲の人々にも驚かれるほど、元気で活動的になりました。若い頃から体が弱いのを周りの友達も知っているのですが、「昔のあなたからは想像できないぐらい元気だね」と友達がびっくりするくらい元気だったようです。実行したことといえばマタニティブレンドを朝・昼・晩と飲むこと。外出する際も、いつでも飲めるように、子ども用のストローボトルに入れて必ず持っていきました。
埼玉県 宗像さん
埼玉県 宗像さん
妊娠したことを友人に報告したところ、真っ先にハーブティーを送ってくれたんです。何が届いたのかな?と思って開けてみたらマタニティブレンドでした。友人自身が妊娠時にマタニティブレンドを愛飲していたそうで、そのおかげでいいお産を経験できたそうです。「とにかく試してみて」という感じでプレゼントされました。
私はハーブティーをそれまで飲んだことがなく、コーヒー派でした。でも、妊娠中カフェインはあまりよくないし、飲めるものが限られているんですね。マタニティブレンドをいただくまでは、他に飲むものもなく、口寂しい妊婦生活を過ごしていました。
私の場合は妊娠初期に食べつわりのような症状があり、自分のだ液が気持ち悪く感じてしまったんですね。飲み始めの頃は、ハーブティーの味と香りに慣れなくて、ほとんど飲むことができませんでした。でも、少量を口に含んでゆすぐようにしていたんです。味に慣れなくても、口をゆすぐと口の中と鼻に抜ける香りが気持ちよく、リラックスできました。毎朝、大きいポットに多めに作っておいて、徐々に飲める量が増えていき、最終的には一日2リットルも飲めるようになっていました。
神奈川県 照沼さん
神奈川県 照沼さん
二人目のユウトを妊娠したばかりの頃、一人目のライトの時に、おっぱい不足や乳腺炎で産院に通うくらい辛い思いをしたことを、幼稚園に通っている子のお母さんに話したら、「いいのがあるのよ~」とマリエンを紹介していただきました。「つわりや産後の乳腺炎に効果があるといいな」と思ってマタニティブレンドを使うようになったのがはじまりですね。
妊娠初期は貧血、むくみ、イライラして気分がふさぎこんでいる状態でした。自分は具合が悪くてもライトの用事で出かけなければいけないのが辛かったです。なんでも不安に思う方だったんですが、マタニティブレンドを飲んでからは、気分も落ち着いてきました。
ユウトの妊娠が分かった時、うれしい半面、「妊娠中のトラブルがまた不安だな」「おっぱいがまたでなかったらどうしよう」など不安だらけでした。でも、マタニティブレンドのおかげでトラブルなく妊娠生活を過ごすことができ、産後には授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)があるから大丈夫!と思えて、気持ちがとても楽になったのを覚えています。
産後もマタニティブレンドのみで楽しい育児生活を送れています。今度は授乳・母乳育児ブレンド(授乳・乳腺炎対策ブレンド)を楽しみにしています。
東京都 中津川愛さん
東京都 中津川愛さん
マリエンのハーブブレンドで体調が良くなったというお話は、紹介した友人・知人からたくさん聞いています。お茶でこんな効果があるなんて、ほんと素晴らしいと思います。マリエンのハーブティーには、大きな可能性を感じているので、マリエン薬局を人に紹介せずにはいられません。
私の弟はマタニティブレンドの評判を母から聞き、ニ人目を妊娠中の奥さんのために取り寄せたそうです。義妹は、一人目のとき、身体がすごくだるくて、眠ってばっかりで、家のことが何もできないくらいだったそうです。さっそくマタニティブレンドを飲ませてみたら、寝付くことはなくなり、お芝居を見に行けるくらい元気になったとか。一人目の時と比べたら、雲泥の差で、驚いていました。