ハーブティーで症状改善ならドイツ・マリエン薬局のメディカルハーブティー。母乳不足・乳腺炎、妊婦の便秘から女性の生理痛・更年期、花粉症まで効果

【お知らせ】10/31(火)、11/1(水)はドイツ祝日のため発送がお休みとなります。ご了承ください。

HOME > マリエン・ユーザーに聞く! > Vol.94 藤本さん

『同じ症状でもつらさがまったく違った1人目と2人目のつわり。2人目はマタニティブレンドとIRISつわり対策セットのおかげで、助かりました』

INDEX

二日酔いのような気持ち悪さがずっと続く…
ストレスフルな職場環境で、つわりの症状はより重いものに

– 藤本さんは今、2人目のお子さんの育休中だと伺っています。マリエンと出会ったのは、ご出産がきっかけですか?

マリエンと出会ったのは、長女を妊娠していたときです。つわりが重かった私に、姉が「これ、いいらしいよ」とマタニティブレンドを送ってくれたのがきっかけでした。

– 重いつわり、どのような症状だったのですか?

二日酔いとよく似た気持ち悪さが一日中続く感じでした。物が食べられなくなり、吐くこともあって。水とグミだけは口にできたので、それでしのいでいました。

当時私は、商社で食品関連の仕事をしていて、その精神的・肉体的なストレスも大きかったと思います。また食品関連ですから、すぐ近くで大量のチキンが揚げられている、なんてことも。においに敏感な時期ですから、こういったことにもかなり参っていました。働くママが少ない会社で、妊娠や育児に対する理解が薄いことも、非常につらかったです。

– 体を大切にしなければならない時期なのに、過酷な状況で過ごしていらっしゃったんですね。マタニティブレンドはいつ頃から飲み始められたんですか?

妊娠11週くらいだったと思います。実はその頃、電車にも乗れなくなり会社を休んでいたんですね。上司からは「いつ仕事に戻るんだ」と聞かれるけど、そんなの私にだってわからない。上司から言われることにもですが、自分自身、総合職なのに仕事ができないことにイライラし、さらには無事に生まれるかどうかわからないことにも不安で落ち込んで。

現実逃避もあったのでしょうが、その休暇中はもう何も考えたくない、という気持ちでした。部屋に引きこもって、昼も夜も食べず、1日20時間くらい寝る生活。いまだにこのときのことはトラウマになっています。そんな私を見かねて、姉がマタニティブレンドを送ってきてくれたんです。

マタニティブレンドを飲むとスッとする!
調子が悪い日も、「これだけは飲もう」と思えました

– 水とグミしか口にできない状態、とのことでしたが、マタニティブレンドを飲むことはできたのでしょうか?

はい。つわりにいいらしいという他のメーカーのハーブティーやアロマオイルも試したけど変化はなく、ひたすら寝て耐えるだけの状況だったんですが、マタニティブレンドは飲めました。ナチュラルな香りで、気持ち悪くなるどころか、逆にちょっとスッとするというか。とても飲みやすくて、「これを飲んだら楽になる。体にいいものだ」と直感的に感じました。

精神的にどん底の状態だったなか、「体調がどれだけ悪くても、これだけは毎日飲もう」と、マタニティブレンドが行動するモチベーションになりました。そうして、つわり自体も少しずつ楽になっていったと思います。

– その後、お仕事には戻られたんですか?

はい。2週間ほど休んでから復帰しました。その後もちょくちょく休みはとりましたが……。実は、職場環境からくるストレスが大きかったためか、気分がすぐれない感じは臨月まで続いたんです。ですからマタニティブレンドは出産するまでずっと飲んでいました。

– 気持ちの悪い状態がずっと続いたのはおつらかったでしょうね。

そうですね。でも症状自体は軽くなったから、何とか仕事に復帰でき、妊娠5ヶ月頃にはグミ以外のものも食べられるようになりました。つわりで4㎏ほどやせたんですが、体重も戻ってきて、体力も復活しました。

その後、無事に出産して、産後は授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んでいました。おかげさまで母乳育児も順調でしたね。

2人目のときは、すぐマリエンのアイテムを注文
IRISつわり対策セットの内服スプレーが手放せないアイテムに

– お2人目を妊娠されたのは、それから何年後ですか?

4年後です。妊娠に気づいたのは妊娠5週目と早く、その後2週間ほどで、やはり同じ症状のつわりがきそうだったので、すぐにマタニティブレンドを注文しました。

そのときにマリエンのサイトをあらためて見て、IRISつわり対策セットがあるのに気づいたんです。上の子のときにはなかったアイテムで、興味をひかれてそちらも注文しました。

– IRISつわり対策セットは、内服スプレーとボディローションですから、メディカルハーブティーとは全く違う形状・使い方ですよね。マタニティブレンドを愛用されてきた方としては、抵抗はありませんでしたか?

当時は必死でしたから、抵抗というほどのものはなかったと思います。それに1人目のつわりのとき、においにはさんざん悩まされたので、「私の場合、鼻と口が問題なんだ」と考えたんですよね。ですから、内服スプレーはぜひ試してみたいと思いました。マタニティブレンドがとてもよかったので、マリエンを信頼していたのも大きいですね。

– IRISつわり対策セットは、期待通りお役に立ったでしょうか?

内服スプレーは主にオフィスで使っていましたが、これには即効性を感じ手放せなくなりました。私の場合つわりのときは、話している最中に息を吸うのがつらく感じるんですね。気のせいかもしれないけど、唾液がねばついて自分の口臭を感じる気がする、とでもいうか。そんなとき内服スプレーを口内に吹きかけると、唾液のねばつきが軽減されて、自然に空気が鼻から抜けていく感じがしました。呼吸するのが楽になるので、話している合間に何度もスプレーして。同僚からは、「そこまでして話さなくていいよ」と笑われたりもしましたね。それと、マタニティブレンドもオフィスで飲んでいました。一気に1リットル作って、1日中それで水分補給していた感じです。

ボディローションは自宅で使っていました。「明日も大丈夫なように」と、お守り感覚で夜寝る前におなかに塗るのが日課でした。

3つのアイテムを同時に使っていたので、どれがどのように効いたのか、よくわからないところもありますが、これらのアイテムの相乗効果でかなり楽に過ごせたのではないか、と思います。

– お役に立ててよかったです。つわりはその後、どうなりましたか?

つわりの症状は1人目と同じで、体重もやはり4㎏落ちてしまったにもかかわらず、2人目のほうが断然楽に乗り切ることができました。つわりは安定期には治まって、産休に入る妊娠8ヶ月まで休むことなく働くことができました。

これには、いろいろな要因があると思います。実は1人目の出産後に転職して、今は外資系のインテリアテキスタイルメーカーで働いているんですね。今のオフィスで扱うのはインテリアファブリックですから、においに悩まされずにすみましたし、上司も同僚もいろいろと配慮してくれる恵まれた環境で、気持ち悪くてどうしようもないときはオフィスで横になるように勧めてくれることもありました。そしてもちろん、マリエンのアイテムを妊娠ごく初期から活用できたことは、大きな要因です。

 
2人目の妊娠中をエンジョイしていた頃のマタニティフォト。

 
お勤め先で扱っているインテリアファブリックは、素材や染料も地球環境に優しいものだけ、というこだわりが。

マリエンのアイテムは品質も使い心地もかなりいいと感じています

– マリエンのアイテムがお役に立ててよかったです。

藁にもすがる思いで注文しましたが、その期待に十分応えてくれたと思っています。そういえば、2人目の産後、マタニティブレンドが少量残っていたんですね。そちらは小分けにして、同僚の奥様にプレゼントしました。私より少し遅れて妊娠されて、やはりつわりがひどい、とのことだったので、すごく喜んでもらえました。

– 周囲の方に勧めてくださったんですね。マリエンのアイテムを信頼してくださっているからこそだと思うと、とてもうれしいです。

私はもともと無添加のアイテムや自然療法が好きなので、これまでもいろいろ試してきました。私はつわりになる以前から、においなどには敏感で、無添加であっても純度の低いアロマオイルなどを使うと、後頭部がクッと緊張するような独特の違和感を感じるんです。でも、マリエンのアイテムではそういった微妙な体調の変化は一切感じたことがありません。つわり中はより敏感になっていたので、その時期に心地よく使えたマリエンのアイテムなら、安心して周囲にもお勧めできます。

– 敏感な体質だと、アイテム選びにはどうしても慎重になりますよね。気に入っていただけてよかったです。

いろいろ見て試してきたからこそ思うのですが、無添加のアイテムって使い心地がいまいちということもよくあるんですね。例えば、日焼け止めクリームならやたらとべたついたり白浮きしたり、生理用ナプキンなら分厚すぎたり。その点、マリエンのものは使い心地もよいものが多くて、そこもいいと感じています。

 
最近のご愛用アイテムには、デオドラントブレンドや、サンケアクリームも。

<編集後記>
藤本さんは取材の翌月に、育休から復帰。「同じ忙しさなら元気な方がいい!」と、マリエンアイテムを使いながら、育児もお仕事も頑張っています。においの問題だけでなく、働く環境そのものが、ママになる心と体に与える影響は、大きいのだなぁとあらためて感じました。

【インタビューにご協力いただける方を募集】

「マリエン・ユーザーに聞く!」では、マリエン薬局のアイテムを毎日のセルフケアに役立てている方にインタビューし、サイト上で紹介をさせていただいています。

まだ日本ではあまり馴染みのないドイツの自然療法アイテムのため、「実際に使われた方の体験談がとても参考になった」というお声を、たくさんいただきます。

皆様がマリエンアイテムを活かしていらっしゃる様子を知ることは、スタッフの励みにもなっています。

アイテムを使用して「こんな良いことがあった」「自分の体験を他の方にも役立ててほしい」とご協力いただける方を随時募集中です。ぜひご応募ください。

インタビュー登録フォームはこちら