waiteing baby
出産まであと少し。かわいい赤ちゃんに出会うため、そして、産後に体を早く回復させるために、出産までに安心できるような万全の準備をしておきたいですね。

先輩ママが出産時に使って、安心できたおすすめアイテムは何か気になりませんか?

「これを準備しておいて良かった」先輩ママのおすすめアイテム

「1人目の時に知っておきたかった」
「これで助けられた」

先輩ママさんたちからたくさんのお声をいただきます。そんな先輩ママたちが、出産時に使って、安心できた5つのおすすめアイテムをご紹介しましょう。

【出産前】
妊娠トラブルレスキューオイル
SchwangerschftPflegeoel
出産の時、赤ちゃんの頭が出づらい時には、会陰切開することがあります。本来、お産の時にホルモンの働きでやわらかく伸びるもの。

うまく伸びれば、切ることも、裂けたりすることもないので、出産の前に、妊娠トラブルレスキューオイルで、マッサージをしておくと安心です。

会陰マッサージは妊娠34週目ごろから、週1回、短時間触れてみることから、徐々に開始。本格的には、37週以降、毎日行うことをおすすめします。

マタニティブレンド

産院に行くとき、陣痛の間隔が短くなってきたら、ストロー付きの水筒に、マタニティブレンドをたっぷりいれておきましょう。

出産時はのどが渇くので、陣痛の合間にはこまめに飲んで、水分補給します。配合されているハーブが不安や緊張を緩和し、出産時の子宮筋や産道の伸びをよくして、スムーズな出産をサポートします。

産後、なにかと疲れやすい体と心のケアにもよいので、残っていたら産後も飲んでください。

【出産前・出産後】
肌トラブルレスキュークリーム
PremiumRescueCreme
出産前に会陰マッサージをしていても、赤ちゃんがなかなか降りてこなかったり、逆に、赤ちゃんが早く降りてきて会陰が伸びるのが追いつかないことで、裂けてしまうこともあります。

裂傷には、肌の万能ハーブ、カモミールとカレンデュラが配合された肌トラブルレスキュークリームは、傷口を回復させる力がありますので、出産後にも活躍します。

肌トラブルレスキュークリームは、なめても安心なように、安全性を考えて選ばれた天然成分100%の成分ですので、授乳中の乳頭の亀裂、赤ちゃんのおむつかぶれ、湿疹など、いろいろな肌トラブルの改善に最適。産後ママのケア、赤ちゃんのケアにも使えるので、1本もっておくと今後も安心です。

【出産後】
授乳・母乳育児ブレンド
1170
授乳が始まったら、この授乳・母乳育児ブレンドを飲みはじめましょう。母乳の質をよくし、母乳不足・乳腺炎・母乳過多を予防・改善します。

リラックスをうながすハーブは、赤ちゃんにもお母さんのおっぱいからとり入れられ、夜もぐっすり。お腹の調子を整えるので、赤ちゃんの便秘解消にもおすすめです。

産後ケアブレンド
sangobrend
産後0~2ヶ月の飲用が特におすすめ。
産後ケアブレンドは、子宮を中心に、妊娠・出産で疲労した産後の女性器を回復させる、「レディーズマントル」をたっぷり配合。子宮の収縮時におこる、後陣痛の痛みもやわらげます。

産後は慣れない生活リズムと育児への緊張感がストレスになりやすく、ママはゆっくり休めません。神経の高ぶりを鎮め、良質の眠りをもたらすメリッサがリラックスを促し、こまぎれの睡眠時間でも、ぐっすり眠れるように助けます。

先輩ママが安心して使ってきたおすすめアイテムを、出産の準備品としてお役立てください。

●関連記事
会陰切開しないですむ!? しても傷の治りが早くなる!会陰マッサージのやり方公開

会陰切開の傷の回復を促すには、デリケートゾーンにも塗れる安心安全なクリームを。産後にできるケアは?

陣痛中はのどが渇く!必須の飲み物、安産を後押しする「力水」になるのはどんなもの?

妊娠37週からすべき安産準備ラストスパートって?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!