P_iStock_000018555248XSmalls-min元気で食欲旺盛な赤ちゃんは、よだれがいっぱい。出てきた唾液をうまく飲み込むことができない1歳半くらいまでの赤ちゃんは、スタイを1日に何枚も替えないと追いつかない!ということもよくあります。

このよだれ、自分の体から出ているものなのに、肌を刺激してお口の周りは真っ赤なよだれかぶれに。何か対策はないのでしょうか?

濡れる⇔乾燥するのくりかえしで赤ちゃんの肌のバリア機能がもっと弱く

そもそも、よだれかぶれの原因は何でしょうか?特に生後5~6カ月ごろ、赤ちゃんの離乳食がスタートするころから、各段に分泌量が増える唾液は、そのまま口から溢れよだれと呼ばれます。よだれは赤ちゃんのお口周りの肌についてしばらくすると乾きますが、この時に、肌に必要な水分も一緒に蒸発してしまいます。

何も対策をしないままでは、常に濡れては乾燥を繰り返すうちに、ただでさえ薄くて未熟な赤ちゃんの肌のバリア層はどんどん壊れてしまいます。

肌のバリア層が壊れているというのは、肌細胞の間が開いてしまい、細かくひび割れた状態。また、よだれに汚れや食べかすがこびりついて、そのひび割れた部分から肌に侵入すると刺激となり、肌の炎症が起こります。これが赤ちゃんの真っ赤なよだれかぶれの原因となります。

よだれかぶれの対策は、肌をガードするしかない!

赤ちゃんが自分で出しているよだれが原因となるよだれかぶれ。対策するには、まずよだれをこまめに拭いてあげることと、肌が乾燥しないように保護してあげることが大切です。よだれを拭く時は、乾いた布でこするとかえって肌を刺激し乾燥もすすんでしまうので、濡らしてしぼった柔らかいタオルなどで優しく押さえてふき取ると良いようです。

よだれを拭き取っただけで放置したら、また肌は乾いてしまいます。私たち大人でも食事して口を拭った後、放っておくと唇がどんどん乾いてひび割れてしまいます。念入りなお化粧直しをしない人でも、リップクリームは塗り直すことはあるでしょう。

それと同じ対策を、赤ちゃんにもしてあげましょう。汚れが付着したよだれを拭き取ったら保湿して保護します。水分はしぼったタオルからも与えられるので、その水分が逃げないように蓋をするオイル分を塗ってあげましょう。

また、赤ちゃんがよだれかぶれになる前に、予防として肌を清潔に保ち、あらかじめオイル分で保湿をしておくことも対策になります。

よだれかぶれの対策は、オイル分さえ塗れば十分なの?

保湿用のオイル分は、お口の近くなだけにどんなものを選べばよいのかが難しいところ。手や指を盛んになめたい盛りの赤ちゃんなので、お口周りについているオイル分をそのままなめてしまうことだってあります。一般的に肌の乾燥を防ぐにはワセリンが使われ、万が一なめても無害と言われていますが、鉱物由来のワセリンをお口周りに使うことに抵抗のあるママも多いでしょう。

さらによだれかぶれが悪化してしまった時の対策に病院で処方される薬は、弱いとはいえステロイドが配合されたものが多くあります。もちろん処方通りに使えば、なめても心配のない成分のはず。ただ、悪化したよだれかぶれは解消しても、必要以上に使い続けると肌に負担がかかってしまったり、副作用が心配ということもありますね。

31010_PremiumRescueCreme-3s-min

そこで安心して使えるのが、マリエン薬局の肌トラブルレスキュークリームです。天然成分100%というだけでなく、すべて赤ちゃんに使っても安心な医薬品レベルの原料を使用しており、長い歴史の中で証明された肌の万能ハーブのカレンデュラとカモミールは、効果を最大限に引き出す特別な方法で抽出したエッセンスを使用しています。

また保湿した水分を逃さないオイル成分には、高品質なエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを採用しています。

肌トラブルレスキュークリームは、肌を守り、修復していく力を持った成分だけを厳選して使用しています。また、すべて肌に優しい原料のみで作られているので、赤ちゃんのお口周りにも安心して塗れるというだけでなく、かぶれてしまった赤ちゃんのよだれかぶれ肌にも、刺激がほとんどなく、やさしく保湿して修復してくれます。

まさに肌トラブルレスキュークリームは赤ちゃんのよだれかぶれ対策にぴったり。さらに、使い続けることでお肌の基礎体力が上がり、よりトラブルに負けない肌に育てていくこともできます。もちろん、よだれかぶれ対策だけでなく、あらゆる肌トラブルに、赤ちゃんから大人まで家族みんなで使うことも可能です。

肌の弱い赤ちゃんのお肌は優しくいたわりたいもの。赤ちゃんのお口周りのよだれかぶれの予防・対策には、保湿・修復に優れた肌トラブルレスキュークリーム、1本備えておけば安心ですね。

ドイツ自然療法師(ハイルプラクティカ)からのおすすめ

マリエン薬局「肌トラブルレスキュークリーム」赤ちゃんのよだれかぶれ対策に使えるスキンケアクリームなら
肌トラブルレスキュークリーム

※1 日本ではドイツのメディカルハーブは、マリエン薬局のオンラインショップのみ、直接ドイツから入手いただくことができます。
※2 自然療法師(ハイルプラクティカ)は、ドイツ国家資格による医療従事者です。

●関連記事
肌荒れ、かゆみ。肌が乾燥するシーズンに、保湿から一歩進んだ対策、万全ですか?

今回の記事は、お役に立ちましたか?

マリエン薬局の妊娠・子育てママのためのブログでは日々、ドイツのセルフケア情報をお届けしています。「いいね!」や「ステキ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!